キャンプシェルフDIY

キャンプシェルフをDIY! SPF材を活用したキャンプシェルフの作り方をご紹介!

キャンプやバーベキューの時にキッチンスペースで活躍するキャンプシェルフを作りました。
持ち運びする事を考えると耐久性と軽さとのバランスが必要ですね。
SPF1×2材は軽くていいのですが、耐久性に不安もあるので製作しながら検討します。

【SPONSORED LINK】

キャンプシェルフの材料

  • SPF1×4材 910mm 6枚(棚板は杉材等を推奨)
  • SPF1×2材 910mm 7本
  • ブライワックス(ジャコビアン)
  • ブロンズ金属プレート
  • コーススレッド 30mm、16mm

キャンプシェルフの道具

  • 丸ノコ スライド丸ノコガイド
  • メジャー 差し金
  • ノミ
  • 木工用ボンド
  • クランプ各種
  • サンドペーパー#100
  • インパクトドライバー

DIYレシピ

キャンプシェルフ脚の製作

今回、使用するのはキャンプシェルフの脚にSPF1×2材 910mm7本と棚板用にSPF1×4材 910mm6枚です。

キャンプシェルフDIY 材料

キャンプシェルフ脚の部材カット

製作するキャンプシェルフのサイズは安定感も考えて奥行き288mm、高さ850mm位としました。
スライド丸ノコ丸ノコガイドを使用して切り出します。

キャンプシェルフDIY ラダー製作1

キャンプシェルフの脚に使用するSPF1×2材4本 900mm、残りの部材から288mmを8本切り出します。
288mmの内訳は棚を入れる幅250mm+(SPF1×2材幅の19mm+19mm)です。

キャンプシェルフDIY ラダー製作2

キャンプシェルフ脚の墨線

脚の安定度を増す為に脚の下は角度80度でカットします。
プロトラクターを使うと正確に角度を出せます。

キャンプシェルフDIY ラダー製作3

棚板が入る部分をプロトラクターで墨線引いて、その両端に19mm×38mmの墨線を引きます。

キャンプシェルフDIY ラダー製作4

1本墨線が引けたら、脚4本を揃えて一気に墨線を引きます。
2段目は450mm下に同様の墨線を引きました。

キャンプシェルフDIY ラダー製作5

丸ノコを使って片欠き加工を行います。
丸ノコの刃の出量を19mmで設定します。端材で確認しながら微調整。

キャンプシェルフDIY ラダー製作6

キャンプシェルフ脚の片欠き加工

スライド丸ノコを使って墨線の中を何度も丸ノコで彫って行きます。
刃の出量を調整しているので、墨線のみを気にしながらカットして行きます。

キャンプシェルフDIY ラダー製作7

一本あたり4ヶ所の片欠き加工が完了。
同様の加工を後、3本行います。

キャンプシェルフDIY ラダー製作8

最後にスライド丸ノコガイドを80度にセットして脚下をカットして行きます。

キャンプシェルフDIY ラダー製作9

4本とも片欠き加工が完了!

 

キャンプシェルフDIY ラダー製作10

片欠き加工の最後はノミで整えます。

キャンプシェルフDIY ラダー製作11

キャンプシェルフ脚の組立

木工用ボンドを使って片欠き加工した溝に288mmにカットしたSPF1×2材を接着して行きます。

キャンプシェルフDIY ラダー組立1

脚の製作が完了しました。

キャンプシェルフDIY ラダー組立3

ある程度の耐久性を持たせるには、SPF2×3材や25mm×35mm位の角材がベストかなと思います。
今回は軽さを重視して見ましたが、ちょっと心配。
後で補強策を考えます。

【SPONSORED LINK】

キャンプシェルフ棚板の製作

今回は棚板をSPF1×4材で作る事に。
板の繋げ方はダボ接合波釘接合など色々ありますが、簡単に木工用ボンドのみで製作。

キャンプシェルフDIY 棚板1

接着が完了したら、角材で歪みを抑え、900mmのバークランプで板同士を圧着。

キャンプシェルフDIY 棚板2

木工用ボンドが乾燥したら、丸ノコガイドで幅250mm、長さ900mmにカット。
棚板2枚を製作です。

キャンプシェルフDIY 棚板3

ブライワックス塗装

野外で使うキャンプシャルフですが、常時野外に置く訳では無いのでアンティーク感を演出するブライワックスジャコビアンで仕上げます。
サンドペーパーで表面を整えて、塗装です。

キャンプシェルフDIY 塗装

アンティーク感溢れるキャンプシェルフに仕上がりました。

はたして、キャンプ用品にアンティーク感が必要だったのか。。。
今になって疑問。

まっ!いいか!

キャンプシェルフDIY 塗装2

キャンプシェルフ脚の補強

軽さを求めた脚ですが、やっぱり心配になってきたので、ビスと金属プレートで補強しようと思います。
臨機応変もDIYの醍醐味!(汗)

キャンプシェルフ補強1

板を支える部材はスリムビス30mmで。
これは最初からやっておこうと言う工程ですよね。。
ビス買うの忘れてただけでして。。
『やっぱり木工用ボンドだけではね〜。』

キャンプシェルフ補強2

一番負担がかかる場所かなとブロンズ色の金属プレートで補強。
もう少し長いプレートでも良かったなぁ。。。

キャンプシェルフ補強3

キャンプシャルフの完成

キャンプ場では無いけれど。。。
お庭でキャンプ気分を演出。

キャンプシェルフDIY 完成1

キャンプ行きたいなぁ。。

キャンプシェルフDIY 完成2

製作を終えて

キャンプで使用するには耐久性と軽さが必要です。今回、SPF1×2材を脚に使用して軽さを求めましたが、耐久性でちょっと不安が残ります。不安がある箇所に金属プレートで補強する事で大丈夫かなと思います。棚板はSPF材だと少し重いかなと思いますので桐材や杉材の方が良いかなという感想ですね。

【SPONSORED LINK】

おすすめ商品