Camp motto

camp motto top2020

キャンプはDIYと同じ様に家族の絆を深めたり、自分を見つめ直す大切な時間を提供してくれます。そんなキャンプの素晴らしさをお伝えできればと思います。

キャンプの朝食は即席ミネストローネ

【キャンプ朝食】朝はサッサッと野菜いっぱい即席ミネストローネ

キャンプ場での朝は、のんびり過ごしたいですね。朝食はちょっと面倒なのでサッサッと調理できるほうが嬉しいです。 夏場でも高原だと肌寒い事もあります。そんな時に簡単で温かい野菜スープ『ミネストローネ』は最適だと思います。 下準備も簡単なので、キャンプ朝食の定番料理に最適です。 ソロキャンプ料理レシピ ミネストローネの材料(タップリ1人分) じゃがいも 1個 にんじん ¼個 玉ねぎ ½個 ナス ½個 ベーコン 適量 にんにく 1片 トマトジュース 1缶 コンソメキューブ 1個 コショウ 適量 オリーブオイル 適 ...

モッツァレラチーズinハンバーグ

【肉料理】つなぎ要らずのモッツァレラチーズin焚き火ハンバーグ

ソロキャンプでの肉料理は、ステーキやBBQになりがちです。どうしてもワンパターンになりやすいキャンプ肉料理をひと手間加えて、焚き火ハンバーグにしてみるのは如何でしょうか。 遠火でジックリと焼いて、本格ソースで食べられる『とろけるモッツァレラチーズin焚き火ハンバーグ』の作り方をご紹介します。 ソロキャンプ料理レシピ モッツァレラチーズinハンバーグの材料(タップリ1人分) 牛豚合挽き肉 150g 玉ねぎ ½〜¼個 オリーブオイル 小さじ2 ナツメグ 適量 ガーリックパウダー 適量 粗挽き胡椒 適量 塩 適 ...

【スウェーデントーチ】倒木を活用してスウェーデントーチを製作!

キャンプの焚き火台は各社から販売されていますが、見た目も派手で火力も十分あるスウェーデントーチは格別の存在感があります。 スウェーデントーチは北欧の『かがり火』などを発祥として調理や灯りとして活用されています。スウェーデントーチは、それ自体が五徳でもあり安定した調理環境が出来ます。 DIYレシピ スウェーデントーチの材料 倒木丸太(出来れば広葉樹) スウェーデントーチ製作の道具 チェーンソー 着火剤(100均) 100均バーナーライター スウェーデントーチに適した木材 薪として使用する木材は大きく分けて針 ...

カマドB5型

【ソロキャンプ初心者焚き火台】ソロキャンプを始める時に揃えたい焚き火台 CAMPAIN STAG B5

キャンプ用の焚き火台は数多くあるので、何を買ったら良いか分からない。。 キャンプの楽しみ方によって焚き火台も変わります。始めたばかりだと、どの様なキャンプにするかは決まっていません。そして、キャンプを続けるか、今回限りかも。。 まだ、キャンプライフを始めてみようかな〜。と言うキャンプ初心者にオススメの焚き火台をご紹介します。 カマドはキャンプからBBQまで対応 家族のバーベキューには小さいかなと思われるかもしれません。でもこの『カマド』は小さくてもバンバン焼けて焼き待ちになる事はありません。 更に持ち運び ...

DDタープ 方眼紙で確認する

【DDタープ 張り方】方眼紙で理解するDDタープの張り方 アディロンダック&ビートフライ

タープの張り方は様々な種類があり、どれが自分スタイルにあっているか難しいなぁと思います。 そこで、デイキャンプやテント併用キャンプとタープ泊と大きく2つの楽しみ方に合う基本的なタープの張り方に付いて解説します。 基本だけ押さえておくと突然キャンプ場や野営地に行って『どうだったっけ。。』なんて言うこともありません。 トラブルもキャンプの醍醐味の一つではありますが、出来ればキャンプベース作りはスムーズに済ませたいですね。 今回は現地での張り方ではなく、『方眼紙を使って基本的な張り方をシッカリと理解する』を目 ...

ザックパッキング

野営ソロのキャンプ道具とザックパッキング(サイバトロン)のご紹介!

キャンプの楽しみ方はマナーを守れば、人それぞれです。 キャンプ場で仲間とワイワイしたり、ソロキャンプで1人の時間を楽しんだり。コレが絶対と言う事はありません。 キャンプ道具でも登山派やミリタリー仕様で揃えて無骨なキャンプ。更に最低限の道具でサバイバルを目的としたキャンプ。 そんな多種多様なキャンプの楽しみ方の中で2020年Camp motto的な野営道具をご紹介します。 野営ソロで必要な道具とは 様々なキャンプの楽しみ方はありますが、最低限揃えておいた方が良い道具をご紹介します。 野営で徒歩移動の場合は担 ...

直火の方法

【キャンプ基礎知識】野営地での焚火・直火の手順と注意点をご紹介!

キャンプの焚き火は醍醐味の一つです。火を見ているだけで心が落ち着いたり、時を忘れる事が出来ます。 キャンプ場では焚き火台を使う事が多いですが、野営では直火で焚き火が楽しめます。 直火の場合は、焚き火台と違って注意すべき事も沢山あります。そこで、直火での釜戸の作り方と注意点をご紹介します。 直火釜戸の作り方と手順 屋外で火を扱う上での鉄則 屋外で火を炊く場合に注意すべきは、火事です。最低限の注意すべき点を守りましょう。 火の鉄則 風が強い日は火を焚かない。 火を付ける前に枯れ葉など燃えやすい物を退ける。 消 ...

野営の鉄則

【キャンプ基礎知識】山キャンプで守るべき鉄則とキャンパーの心得をご紹介!

キャンプ場のキャンプに慣れてくると大自然での野営を楽しみたくなります。 空前のキャンプブームでキャンプ場は人でいっぱい。せっかくアウトドアを楽しみたくても、風景が変わっただけで人がごった返していたらゲンナリです。 作られた自然ではなく、本当の自然の中で一人の時間を楽しみたい。本当にキャンプが好きな人は、そんな気持ちになるのも当然です。 自然いっぱいの魅力的な野営ですが、野営には守るべき鉄則とキャンパー心得があります。 野営で守るべき鉄則 土地の所有者は誰か確認する 森林は国有地の様に感じますが、意外と一般 ...

ソロキャンプローテーブルDIY

ソロキャンプ用分割式OSBローテーブルの作り方をご紹介!

前回、試作した「Solo Camp Low Table Prototype No.1」を元に本番仕様を製作しました。前回は100均木材を使い試作しましたが、今回はOSB合板9mm厚を使います。 このローテーブルのコンセプトは コンパクトに収納できる。ザックに入るサイズ。 簡単に組み立て、分解が出来る。 丈夫で軽いテーブル です。 木材でテーブルを作る場合、限界はありますがロールトップテーブルよりもコンパクトになり、収納もしやすいです。 現状では、一番いいサイズと強度かなと思います。 DIYレシピ ソロキャ ...

100均OSBボードでサブテーブル製作

100均OSBボードでキャンピングサブテーブルを簡単DIY!

キャンプでキャンプ飯を楽しもうとするとクッカーや調味料、まな板など使う物が増えます。そうすると大きなテーブルが欲しくなりますが、荷物が増える問題が発生します。 販売されているテーブルもコンパクトなタイプがありますが、100均木材を使うと簡単に製作が可能です。 そこで、100均OSBボードで簡単にメインでも使えるサブテーブルをDIYします! DIYレシピ 100均キャンピングサブテーブルの材料 100均OSBボードA4 2枚 100均蝶番 1個 太さ3mm程度の紐 500mm程度 コードストッパー(S) 1 ...

ソロキャンプローテーブル試作1号

ザックに入るソロキャンプ用ローテーブルを100均木材で作る (試作1号)

ソロキャンプでは、荷物はなるべく少なくしたい。軽くしたい。 でも、機能性は高めたい。そんな矛盾のバランスを取る場面が沢山あります。 例えば、テーブルは作業面積を広げると大きな荷物になります。なるべくコンパクトに収納できて広く使える軽いローテーブル。 金属製なら可能でも木製だと難しい。 今回はそんな相反する要望を叶えるソロキャンプ用木製ローテーブルを試作しながら考えてみようと思います。 DIYレシピ ソロキャンプローテーブル試作1号の材料 100均木材焼き目付き 450mm×150mm 4枚 ソロキャンプロ ...

ランタンハンガーをDIY! タープポール取付用の作り方をご紹介!

キャンプでランタンの灯りは、雰囲気が出て良いですね。 地面やテーブルに置いても良いですが、ランタンスタンドに掛けて高さを上げても画になります。 ただし、ソロキャンプだと荷物は減らしたい。 そこで、タープポールに取り付けて使うランタンハンガーをDIYしました。 製作自体はとても簡単ですが、効果は抜群です。是非参考にしてみてください。 DIYレシピ ランタンハンガーの材料 OSB合板 幅50mm×長さ300mm程度 ランタンハンガー製作の道具 インパクトドライバー ドリル 20mm、12mm、9mm のこぎり ...

野営地借りる

野営地として山を借りる時の事前準備・進め方と注意点をご紹介!

Camp mottoのベース野営地として山を借りる事が出来ました。 キャンプ場は昨今のキャンプブームで満杯状態。更に利便性向上でアウトドアを楽しむには揃い過ぎかなと思うキャンプ場もあります。(手軽に楽しめるのは良い事です。) 男の無骨な野営キャンプを楽しむには整備されていない山が一番です。親族で山を持っているとそのまま借りれますが、親族に居ない場合は他人様所有の山を借りる事になります。 そこで、山を借りる事が出来た経験から注意すべき点と借りるまでの手順をご紹介します。 他人様所有の山を借りるまで 林業を営 ...

ベルト留めをハンドメイド

ザックの余ったベルトをまとめる革バンドを製作! 簡単ハンドメイド

レザークラフトの手始めとして、簡単な物は無いかぁと思っていたら。 キャンプ用のザックのベルトが余っていて『びろーん』とかっこ悪い。ウェッブドミネーターと言うイカツイ名前の専用グッズで留めていましたが、見た目がスッキリしません。 そこで、レザークラフトと言うには程遠いですが、ベルトバンドを製作しました。 ハンドメイドレシピ ウェッブドミネーターと言うザックの余ったベルトを留める専用グッズ。 う〜ん。悪くは無いのですが。 ザックベルトバンドの材料 革生地 手芸店で端切れ革セットを購入 バネホック 中サイズと言 ...

ステンレスロウ付け

ロウ付けでステンレス丸棒を接合する方法! ステンレス製五徳をDIY!

ロウ付けは、1番手軽に出来る金属接合方法です。 金属同士を強固に接合するのは、ガスもしくはアーク溶接機で接合部材を溶かして一体化させる方が良いです。しかし溶接する部材によって溶接機を用意する必要があります。 ロウ付けは最小の道具で金属接合が出来て、ある程度の強度を保持できます。 今回は、ステンレス丸棒のロウ付けをご紹介します。 ステンレス丸棒をロウ付けする ロウ付けの道具 銀ロウ棒、銀ロウ用フラックス パワーガスバーナー(パワートーチ) 延焼防止作業台(セラミック、溶岩レンガ) ディスクグラインダー ワイ ...

オイルランタンのご紹介

【定番オイルランタン】キャンプのメイン照明はFEUER HANDオイルランタンで決まり!

キャンプの明かり確保はLEDランタンもあります。明るさで言えばLEDランタンの方が上です。 でも。オイルランタンの炎のゆらぎと明るさは心を癒やしてくれる雰囲気があります。 キャンプは、効率よりも贅沢な時間を不便さと共に楽しむものだと思います。 オイルランタンはそんな時間を楽しませてくれるキャンプの必須アイテムだと思います。 そこで、オイルランタンのメジャーブランド『FEUER HAND』のオイルランタンをご紹介します。 オイルランタン FEUER HAND 276 のご紹介 約20時間以上明かりを灯してく ...

ワークマンウェア

冬キャンプウェアはワークマンで決まり!超人気のワークマンウェアをご紹介!

ワークマンは、言わずと知れた職人の専門店です。今では、御存知の通りサイクル用やアウトドア用としても人気があります。 DIY作業用として以前から使っていましたが、自転車を趣味とした頃から『ワークマンいいね!』と愛用していました。 今では、アウトドアウェアとして大人気です。 そこで、アウトドアウェアとしても使える代表的なウェアをご紹介します。 DIYやキャンプにワークマンウェア Field Coreシリーズ 薪火用として人気の綿アノラックパーカー 火の粉にも強い綿製のアノラックパーカーはSNSから人気が出て今 ...

炭火ハンバーグ練習

【キャンプ飯】メスティンとスキレットで炭火ハンバーグ定食を食す!

キャンプに向けて、キャンプ飯の練習をしました。 今回はスキレットで炭火ハンバーグを焼き、メスティンでご飯を炊きます。加熱調理は自作した焚火台です。自宅なので薪は使えないので炭を使います。 実際のキャンプでは、自宅で下ごしらえしておいて焼くだけにしておく方が楽です。でも下ごしらえからの手順に慣れておくとスムーズに出来るかなと思います。 そこで、効率的に進める手順も考えながら練習です。 キャンプ飯 練習編 炭火ハンバーグを作る 炭火ハンバーグとご飯の材料 ハンバーグ(2個分) 牛豚合挽き肉 400g 玉ねぎ  ...

ファイヤースターターの使い方

キャンプの火起し ファイヤースターターの使い方と麻火口の作り方をご紹介!

薪に火を付ける方法はライターが手軽ですが、ファイヤースターターで火起こし出来るとカッコいいですよね。 キャンプでは、火起こしを如何に原始的な方法で付けるか、がコダワリだったりします。これはレジャーと趣味の違いですね。 最終ゴールは火打ち石ですが、ファイヤースターターでスマートに火起こし出来ると上級者の仲間入りです。 そこで、ファイヤースターターの使い方をご紹介します。 ファイヤースターターとは ファイヤースターターは、マグネシウムを削って火花をお越し、火を付ける原始的な火の付け方です。 マグネシウムは発火 ...

メスティンのメンテナンスと使い方

飯盒炊飯はメスティンがあれば大丈夫! シーズニングとご飯の炊き方をご紹介!

キャンプの炊飯用調理器具といえば、メスティンですね。炊飯以外にも様々な使い方を紹介されているので、私もメスティンにしました。 炊飯だけでなく、フライパンや蒸し器などにも使えます。更に移動時は収納としても使えるキャンプをやるなら絶対揃えておきたいアイテムです。 そこで、万能アイテム『メスティン』のメンテナンスや使い方をご紹介します。 メスティンのご紹介 メスティンとは、元々が兵式飯盒として開発され様々な形があります。英語ではMesstin( 炊飯+缶の意味 )です。 アルミ製なので熱伝導に優れ、熱がメスティ ...

Kinco Glovesの紹介

Kincoグローブは焚き火も作業でも万能革手袋!キャンプに最適グローブをご紹介!

キャンプやDIYなど、手の怪我は付き物です。 キャンプでは、特に薪を割ったり熱い鍋を持ったりするので、ササクレが刺さったり火傷したり。それもキャンプの醍醐味と言われれば、それまでですが。 出来れば、手の怪我は避けたいですよね。その時に使うのが革製のグローブです。 アウトドアブランドの革グローブは、結構高価です。グローブ以外にもテントやクッカーを用意しないとイケないので、あんまり高価なものを揃えるのは厳しいですね。 Kinco Glovesは安価でシッカリした作りなので、コスパ最高な革グローブです。 そこで ...

© 2020 DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと DIY Design Studio