【DIY必需品】インパクトドライバーの種類&使い方をご紹介!

impactdriver_title2
DIYにおいて、木材同士の接合にコーススレッド(目の粗い木ネジ)を使うことが主流になり、インパクトドライバーは欠かせないアイテムになりました。

インパクトドライバーは、回転軸に連続して衝撃を加えるハンマー機能が内蔵されたタイプで、60mm以上の長いコーススレッドも楽に締め込むことができます。

また、アダプターも各種揃っているので、ドリルとして使ったり、自動車のホイールボルトを締めたりもできる万能アイテムです。特に、ウッドデッキを作るときにはインパクトドライバー無しでは作ることができないぐらい必須アイテムです。

そんなDIYに欠かせない「インパクトドライバー」についてご紹介します。

価格帯

参考価格
バッテリー式(10.8v?14.4v) 14,000円前後

名称

インパクトドライバーは、特殊な操作機能があるわけではないですが、代表的な名称と機能を紹介します。

IMG_4507

<回転切り替えスイッチ>
締め込むときは、時計回りの回転ですが、ビスを抜くときは逆回転させます。

<トリガースイッチ>
トリガーを引く強さで、トルク量と回転数を調整します。

IMG_4509

<トルク切り替えダイアル>
トルク切り替えダイアル付きのインパクトドライバーは、小さいビスを打つときに、小さいトルクでビスを舐めないようにする事ができる便利機能です。

IMG_4510

<回転速度切り替えスイッチ>
回転数を2段階に設定できるので、ゆっくり打ちたいときに便利です。

注意点

コーススレッドが真っ直ぐ入り込むように注意することが大切です。そのためには、インパクトドライバーを真上もしくは正面に保ち、真っ直ぐに力を加えるようにします。

使い方

コーススレッドを打ち込み始めるときは、回転スピードを抑えて、ゆっくり様子を見ながら打ち込みます。コーススレッドが安定したらスピードを上げて締め込みます。

締め込むトルクが強すぎると、ネジ頭が必要以上に木材にめり込みます。最後の締め込みも様子を見ながら、木材の表面から少し入りこんだくらいに調整します。

IMG_4541

充電器式&バッテリー式

充電式

充電式タイプは、充電器と予備バッテリーが付属しているタイプが主流です。(下記はどちらも充電式です。)

impactdriver01

充電時間は20分?40分程度です。真夏などは、バッテリー本体が熱くなりすぎて直ぐに充電できない場合があります。時間をおいて冷やしてから充電しましょう。

IMG_4518

充電器は連続で充電させると発熱する場合があります。15分ほど時間を空けてから充電した方が良いです。

バッテリー式

バッテリー式は、容量により使える時間の長さが変わります。長い時間使える方が良いですが、容量が大きいバッテリーは高価です。使う平均時間を考慮して選びましょう。

ビットの種類

プラスビット

インパクトドライバーでメインに使うビットが『プラスビット』です。プラス2番が主に使うビットですが、小さいビスはプラス1番を使います。通常の長さとロングタイプを持っていると、無理なビス打ちを避けられます。

IMG_4514

コーススレッド各種サイズや通常のビスはプラス2番、蝶番や取手などに付属している小さめのビスはプラス1番のビットを使う場合が多いです。(100均の取手などもプラス1番用のビスです。)

IMG_4516

ドリル&アタッチメント

ドリルやアタッチメントなど、とても豊富にあります。(ビットの取り付け部分が六角になっているものは、ほとんど1つのソケットアダプターで取り付けが可能です。)

IMG_4515

詳しくは下記記事にて紹介中!

【DIY便利アイテム】オススメ!インパクトドライバー用六角ビットをご紹介
インパクトドライバー用の六角ビットには様々な種類があります。一番よく使うのが、コーススレッドを締め込むための「プラスドライバービット」や「ドリルビット」です...

まとめ

DIYで大活躍するインパクトドライバーは、ビス打ちを素早く行うことができ、作業効率も格段にアップします。さらに使い方のバリエーションを知ると、ビスを打つ用途以外でもたくさんの活躍シーンがあります。

DIYに無くてはならない便利なインパクトドライバーをもっと活躍させ、納得のいく作品を作りましょう。

▼インパクトドライバーと電動ドリルドライバーの違いって?▼

≪インパクトとの違いとは?≫電動ドライバードリルの使い方をご紹介!
DIYでインパクトドライバーと共に使う事が多いのが「電動ドライバードリル」です。電動ドライバードリルの特徴や購入する際のポイント、さらに一緒に使うと便利なアイテ...

ご紹介した商品

コーススレッド50mm以上を打つ場合はパワーが必要です。


トルク調整ダイヤルは小さいビスを打つ時に便利です。

合わせて読みたいオススメ記事

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

関連記事

  1. ≪自然素材DIY≫子供や木材に優しいワトコオイルの使い方

  2. 可動棚の簡単な取り付け方法サムネイル

    【棚DIY】可動棚の簡単な取り付け方法?下地探しから棚板設置まで?

  3. ≪DIY必需品≫曲線切り&ホゾ穴加工も可能なジグソーの使い方

  4. 【タカラ塗料】コンガリーで面白DIY!こんがり焼けた食パン風を演出☆

  5. リメイクシート検証サムネイル

    ≪DIY賃貸≫100均リメイクシート120%活用術&注意事項を徹底解説…

  6. ≪インパクトとの違いとは?≫電動ドライバードリルの使い方をご紹介!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP