便利DIYTOOL

丸ノコ刃交換72P

丸ノコの切れ味が落ちたら、チップソーは即交換! 刃数の違いの特徴をご紹介!

丸ノコの刃は消耗品なので、切れ味が悪くなる前に交換します。 切れ味が悪くなった刃のまま使っていると真っ直ぐ切れないどころか、事故や怪我の原因にもなります。使用頻度にも寄りますが、んっっ!と思ったら交換する癖を付けましょう。 今回はウッドデッキ材でも硬いアマゾンジャラのカット中に曲がってしまう現象が起きたので交換しました。 motto腕が悪いからではないですよ〜。 特に硬い木材の場合は切れ味の良い刃を使ったほうが事故防止になりますね。 SK11 木工用チップソー 72P 今回交換する為に用意したのが、DIY ...

丸のこガイド エルアングルフィット

安定した丸ノコ直角カットにはエルアングル フィットがオススメ‼

丸ノコはDIYでも必須アイテムです。そして、丸ノコと一緒に使うのが丸ノコガイド定規です。 丸ノコガイド定規は加工する部材や角度に合せて沢山の種類があります。私はDIYを始めた当初から様々な角度でカット出来る丸ノコガイド定規『ジャスティーⅡ』を愛用していましたが、剛性面で不安定になる事も。 motto修行不足は承知の上ですが。。。 腕を道具でカバーです! 一番使う直角カットの安定性を高めたいなと言う事で『シンワ測定社製 エルアングル フィット』を購入しました。 という事で、今回は『直角カットに特化したエルア ...

dustcollector E-Value

コスパに優れたDIY用集塵機 E-Value乾湿両用掃除機をご紹介!

DIYをバリバリやっていると木屑処理問題が発生します。趣味の範囲とは言っても安定して木屑吸引してもらうには、家庭用掃除機と言う訳にも行かないですね。(奥様にも怒られますし。。) ただし、大手工具メーカーの集塵機は性能はいいけど高い。。趣味の範囲としての出費としては痛い。そこで、コストパフォーマンスに優れた趣味DIYに使える集塵機『E-Value 乾湿両用掃除機 EVC-100P』をご紹介します。 E-Value 乾湿両用掃除機 EVC-100Pの概要 価格:5,500円前後(Amazon調べ)趣味のレベル ...

墨壺の使い方

墨つぼの使い方をご紹介! 真っ直ぐな墨線を引く大工道具

大工道具で使いこなせるとカッコいいのが、墨つぼを使った墨線引きです。長く真っ直ぐな墨線を引く為には必須の道具です。ただし、慣れも必要なのが墨つぼです。 宮大工さんがペンっ!と弾くと真っ直ぐな線が引けている。 カッコいいですよね! 大工さんが使っている墨つぼは本格的で高価な道具ですが、ホームセンターでも手軽に買える墨つぼでも十分機能を発揮できます。 そんな墨つぼの使い方をご紹介します!ちゃんと使えると結構便利なDIY TOOLですよ! 墨つぼの詳細と名称 現代の墨つぼはたくさんの種類があります。糸を巻く機構 ...

センタードリルビット

蝶番取付ビス穴の中心に穴をあけたい! センタードリルビットをご紹介!

ドアや木箱の製作で一番厄介なのが、蝶番の取り付けですね。蝶番の取り付け位置を決めて、ビス穴の中心に下穴をあけたつもりがズレてたり。 そのまま、ビスを打つと。ズリっと最後にナナメに。。。。 蝶番のほとんどが、ビスの皿取り加工されているのが原因です。下穴が中心に無いとズレてしまいます。 でも、正確に下穴を開ける事ができたら。蝶番取り付けを多用したDIYの幅も広がります。 そんな便利グッズ『センタードリルビット』をご紹介します! センタードリルビット詳細 今回ご紹介するセンタードリルビットは『AFUNTA』社製 ...

拡大鏡

ヘッドルーペとハズキルーペをご紹介! 細かい加工や作業に便利なルーペ 

若いうちは裸眼で細かな作業も出来ますが、ある程度歳を重ねると大変。 ぼやけてるし、眼も疲れてきます。長い作業も厳しい。。 最後には、 細かすぎて見えな〜いっ!! なんて叫んでしまいます。笑 そんな時に活躍するのが、ヘッドルーペやハズキルーペ。 精密加工の強い味方 ヘッドルーペ 貴金属加工やリューターを使った切削作業で細かい作業はとても眼を酷使します。ヘッドルーペは、4種類のレンズを使いながら拡大して見たり、レンズが付いているツバ部分を跳ね上げて裸眼で確認したり出来ます。 両手が汚れていても、手の甲で跳ね上 ...

ステンシルスタンプ

ステンシルスタンプにはステイズオンがおすすめ!ステンシル文字の発色抜群!

手軽にステンシルを実現できる『ステンシルスタンプ』は大変便利ですね。 DIYした作品の最後の仕上げとしてステンシルを塗る時にはもう夕方。。。でも、ステンシルスタンプならスグにステンシルが出来て完成させる事が出来ます。 黒字ステンシルはビジネス用品の黒色スタンプでも良いですが、白色は発色が心配。 そんな時に便利なのが『ステイズオン』の白です。 ステイズオン詳細 ・速乾溶剤性、顔料系インク ・非吸収面、吸収面を問わず、ほとんどの素材に使える不透明タイプ セット内容:インク(インクボトル)とスタンプ台(スタンプ ...

ステンシルシートの切り方

ステンシルシートの上手な切り抜き方と便利道具をご紹介!

自作のステンシルはDIY作品のクオリティをアップさせてくれるので、とても人気があります。しかしネックなのは「切り抜き作業が難しい」という事。 今回は、そんなステンシルの切り抜きを上手に行うコツと、オススメの道具をご紹介します。 便利道具のご紹介 デザインナイフ 「ステンシルはカッターで切り抜く」という事はどなたでもご存知かと思いますが、しかぁし!! 普通のカッターじゃダメなんです。 ダメなのです。あぁ、ダメなんです。。。 ステンシル文字は曲線や角をキレイに作らなければいけません。 普通のカッターでは曲線は ...

インパクトドライバービット

インパクトドライバーをフル活用! インパクト用六角ビットをご紹介!

インパクトドライバー用の六角ビットには様々な種類があります。一番よく使うのが、コーススレッドを締め込むための「プラスドライバービット」や「ドリルビット」です。その他にも便利なビットアイテムがたくさんあります。 今回は、DIYを楽しむ際、あると便利な「六角ビットアイテム」をご紹介します。 おすすめインパクト用ビット プラスビット・マイナスビット プラスビットは、木工DIYでコーススレッドを締め付けるとき一番活躍するビットです。 通常「プラス2番」をメインで使いますが、小さいビスを締め付ける「プラス1番」も持 ...

2×4定規

SPFツーバイ材の墨付けに便利なツーバイフォー定規の使い方をご紹介!

2×4材はホームセンターで手軽に購入できるDIY材料です。 しかし、ツーバイ材はアメリカのインチ規格を元に製材された建築資材なので、センチメートルにすると「2×4材→38×89mm」です。 暗算が得意な方は問題ないですが、「2インチや3インチは何mm?」となった場合は、計算機を使わないと算出が難しいです。 そんなツーバイ材に一発で線引きできる「2×4定規」をご紹介します。 2×4定規とは? ツーバイ材は差し金を使う事で墨付けが可能ですが、一発で誰でも簡単に使えるのが「2×4定規」です。 素材は樹脂製で軽い ...

Copyright© DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと DIY Design Studio , 2019 All Rights Reserved.