ミニドライバードリル

【DIY入門】初心者必見★安くて安心!プチプラ電動ドライバーのススメ

DIYに欠かせない電動ドリルドライバー(通称:電動ドライバー)。種類もいろいろ、価格もピンからキリまでありますが、DIY初心者方にはプチプラなミニ電動ドリルドライバーがオススメです!

ミニ電動ドライバーなら、板厚をさほど必要としない「小物」や「雑貨」、その他身近なDIYにとても重宝します。女性でも扱いやすい大きさで、カラーも女性向けの色合いもの物あるので、使うのが楽しくなること間違いなしです☆

【SPONSORED LINK】

ミニ電動ドリルドライバーのご紹介

3.6V充電式ミニ電動ドリルドライバー購入時

今回ご紹介するものは、カインズホームオリジナル商品の「3.6V充電式ミニドリル&ドライバー」です。価格は1,980円とお財布に優しい値段です。

必要なものはセットになっているので、これを買うだけですぐ使用することができます。

3.6V充電式ミニ電動ドリルドライバー単品

価格 1,980円
電圧 DC3.6V
充電時間 最大約5時間(空→フル充電)
用途 ネジなどの締め付け・緩め、木材やプラスチックなどの穴あけ

女性の小さな手でも握りやすい大きさで、軽いのが特徴です。

3.6V充電式ミニ電動ドリルドライバーの大きさ

インパクトドライバーとの違い

DIYでよく使用されるインパクトドライバーとの一番の違いは、「ネジ(ビス)を打ち込む強さ」です。板が厚いほど、ネジを打ち込む強さが必要となります。

インパクトドライバー

音で表現するとわかりやすいですが、ビスを打ち込む際、インパクトドライバーの場合は「ドルルルルッ!!」or「ギュイーン!!」という音がします。

反対にミニ電動ドライバーは「キュルルルルッ」という静かめな音です。

つまり、電動ドライバーは板が厚いもの(大規模DIY)には不向きで、板が薄い(約1?4cm)小物や雑貨、ツーバイ材を使用した簡単DIYに使用できます。自分のDIYレベルで使い分けるのが良いと思います。

電動ドライバーはツーバイ材にも使用できるので、女性が行うDIYレベルならほとんどカバーできると思います♪

各部の名称

電動ドライバーは、スイッチとなる引金を押すことでビットが回転し、ネジを締め付けたりすることができます。

本体

専門的な名前が出てきますが、今回は「ビット」という名前と、ビットの回転を操る「切替スイッチがある」ということだけ覚えればOKです☆

3.6V充電式ミニ電動ドリルドライバーの詳細

今回ご紹介する商品は、回転方向切替スイッチを左右どちらかに押し込み引金を引く(押す)と、ビットの回転の向きが変わります。

正回転 ネジを締め付ける”
逆回転 ネジを”緩める”

先端ビット

ビットとは、電動ドライバードリルの先端に取り付けるパーツのことを言います。下穴用ドリルとネジを打つドライバービットの2種類があります。

先端ビット

木工DIYの際、まずは下穴用ドリルで穴を開けてから、ドライバービットでネジを締め付けていきます。

ビス

ドライバービットの太さは1番2番がありますが、使用するネジには「何番のドライバーを使って下さい。」と記載がしてあるので、この表記をもとにドライバーの番号を選びます。

下穴用ドリルの太さは、使用するネジより細いものを使い、小さい穴を開けて下さい。

ネジはいろんな呼び方があります。「ビス」「コーススレッド」と呼ぶ場合もあります。

【SPONSORED LINK】

続きを読む
1 / 2