【DIY基礎知識】第3の腕!クランプの使い方と種類をご紹介

クランプタイトル

クランプはDIYにおいて、「木材を固定するための補助道具」です。一人で作業する場合は「第3の腕」として活躍します。 クランプを使うことで木材を安定的に固定し、安全かつスピーディーに作業を進めることができます。

クランプはDIYに無くてはならないアイテムです。種類や使い方、そしてオススメのクランプも合わせてご紹介します。

Cクランプ

Cクランプは、シンプルな構造でネジを締め込む事で物を保持する事ができます。サイズも様々で金属製はより強い保持力を持っています。

使い方1:木材同士の固定

木材同士を接着剤で圧着する時や、木材同士を強く合わせて固定し同時に丸ノコでカットする時なども安定した保持力を保ちます。

Cクランプの使い方1

使い方2:治具の固定

電動ドライバードリルなどのドリルガイドを使う場合も、しっかり固定しないと治具がズレてしまいます。そんな時は、治具を手で押さえるよりCクランプを使って固定する方が安定します。

Cクランプの使い方2

価格&必要な個数

価格帯 100円?1,500円前後(サイズによって価格が異なる)

Cクランプは大サイズを2個、中サイズを2個持っていると便利です。

本格的な箱物を作る際は、大サイズのCクランプをたくさん使う場合があります。

バークランプ

ピストルタイプのバークランプは、片手で固定できるとても便利なクランプです。木材を挟み、トリガーを握りながら挟んでいきます。

保持力はさほど強くはないですが、作業中に木材を固定したい場合に片手で締め付けられるので便利です。

バークランプ1

使い方1:木材を作業台に固定する

バークランプはハンドル部分を握ってスライドさせることで、様々な厚さのものを固定することができます。特に、作業台に木材を固定させるときに大活躍します。

バークランプの使い方2

木材を作業台に固定する事で、安定した状態でノコギリカットができたり、ヤスリがけやカンナかけができます。

また、片手で握って締めつけることができるので、もう片方の空いた手で木材をしっかり押さえることもできます。

使い方2:木材同士を押し広げる

バークランプは組み換えができます。使い方はまず、ネジを外して上部のパーツを取り外します。

バークランプの使い方3

次に、取り外したパーツを逆側に持っていき、木材に当たるオレンジの部分が外側を向くように組み立てます。

バークランプの使い方3

ハンドルを上から握り、木材同士の間にバークランプを当てて押し広げればOK。

バークランプの使い方4

価格&必要な個数

価格帯 500円前後?10,000円前後

バークランプは2個持っていると便利です。

Gクランプ

GクランプはCクランプと構造的には同じですが、ハンドルを絞りながら締めていくタイプです。

Gクランプの使い方1

使い方:一時固定用

プラスチックタイプは保持力が低いので、一時固定用とした使用した方が良いです。

Gクランプの使い方2

価格&必要な個数

価格帯 200円?1,500円前後(サイズによって価格が異なる)

Gクランプは2個持っていると便利です。

クイックリリースクランプ

クイックリリースクランプは、握って固定するタイプのクランプです。

クイックリリースクランプ1

ちょっと握力が必要ですが、ロック解除レバーでロックを解除します。

クイックリリースクランプ2

使い方

丸ノコガイドなど挟む位置のスペースが取れない時や、少しでも奥の方で固定したい場合に便利です。

クイックリリースクランプ3

価格&必要な個数

価格帯 1,200円前後(サイズによって価格が異なる)

クイックリリースクランプは2個持っていると便利です。

応用編

複数のクランプを使用することで、高度な作業も安全かつスピーディーにこなすことができます。

応用1:木材の穴開け

電動ドライバードリルを使い、木材をまとめて穴開けするときには、画像のように使用することもできます。

クランプの使い方5

(使用したクランプ)

  • 作業台と木材の固定:バークランプ(1個)
  • 木材同士の固定:Cクランプ(2個)

応用2:木材同士の接着

木材同士を木工用ボンドで接着する時、しっかりと圧着させることができます。

クランプの使い方6

また、木材の反りによる浮きも圧着することで、ある程度反りを防止することができます。

(使用したクランプ)

  • バークランプ(1個)
  • Cクランプ(2個)

まとめ

クランプは固定するモノの大きさ、長さ、固定方法などによって使用する種類が異なります。できれば、様々なサイズを揃えるといろんな場面で活躍します。

さらに、一人で作業することが多いDIYにおいては、助っ人が持っていてくれるのと同じぐらい心強い工具です。目的に合ったクランプを使用して、安全で確実な作業環境を作りましょう。

クランプ各種ご紹介

Cクランプは「木材同士の固定」「治具の固定」時に使用します。大サイズ2個、中サイズ2個を持っていると便利です。

バークランプは、作業中など片手で締め付けることができます。木材を作業台に固定し、ノコギリやカンナがけをする時に使用します。2個持っていると便利です。

GクランプはCクランプと構造的には同じですが、ハンドルを絞りながら締めていくタイプです。一時固定用として使用します。2個持っていると良いでしょう。

クイックリリースクランプは握って固定するクランプです。2個持っていると便利です。

合わせて読みたいオススメ記事

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

関連記事

  1. ブライワックスサムネイル

    ≪ワトコと比較検証≫アンティーク感を演出するブライワックスの塗り方と特…

  2. 壁の下地(柱)を見つける方法サムネイル

    《DIY基礎知識》棚を設置する時の壁の下地(柱)を見つける方法

  3. ≪自然素材DIY≫子供や木材に優しいワトコオイルの使い方

  4. 【タカラ塗料】コンガリーで面白DIY!こんがり焼けた食パン風を演出☆

  5. DIYカレッジ第7回 ビスと釘の種類・用途を学ぼうサムネイル

    【DIYカレッジ第7回】ビスと釘の種類・用途・適正な長さを学ぼう

  6. ディスクグラインダーの使い方サムネイル

    【電動工具】鉄やレンガを切断するディスクグラインダーの使い方?DIY基…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP