LEDビンテージスタンドライト

【LED照明DIY】ビンテージ感あふれるLEDライトスタンドの作り方をご紹介。

LED電球も求めやすい金額になってDIYの素材としても活躍していますね。
今回はフィラメントLED電球を使ってヴィンテージ感があるLEDライトスタンドの作り方をご紹介します。

【SPONSORED LINK】

LEDライトスタンドの材料

  • アガチス材 100×600 5mm厚
  • LEDフィラメント電球 E17
  • 磁器レセプタクル
  • スナップスイッチ
  • スナップキャップ(コンセント)
  • コード600mm (100V対応)
  • 六角ボルト M6 40mm 3本
  • M6ナット 9個

LEDライトスタンドの道具

  • ノコギリ ノコギリガイド
  • プロトラクター
  • バークランプ
  • 電動ドリル ボアドリル25mm、6mm、10mm
  • 木工用ボンド
  • サンドペーパー #100、#240
  • ブライワックス(ジャコビアン)
  • ミッチャクロン、つや消し黒スプレー
  • ニッパー、カッター
  • 半田ごて
  • プラスドライバー

DIYレシピ

ライトスタンド材料

今回のラントスタンドの材料は電球がE17タイプで揃えています。
スイッチやコードは100Vに対応している物を選びましょう。

LEDビンテージスタンドライト 道具

ライトスタンドベースの切り出し

ライトスタンドのベースはアガチス材100×600 5mm厚を使います。
ナットや電球、スイッチを置いて寸法を検討します。
プロトラクター60度に設定して二等辺三角形にしました。
LEDライトスタンド 採寸

ノコギリガイドを使うと正確にまっすぐカットできます。
直角に繋げた木材にマグネットシートを貼り付けると出来上がり。
とても便利なので作っておきましょう!

LEDビンテージスタンドライト 本体ベース製作2

バークランプノコギリガイドを固定。
マグネットシートにノコ刃を付けた状態で切って行きます。
マグネットシートのお陰で曲がらず綺麗に切れます。

LEDビンテージスタンドライト 本体ベース製作3

ライトベース用に4枚切り出しました。
ベースは上下で2枚ずつ使います。

LEDビンテージスタンドライト 本体ベース製作4

ボルト穴あけ

最初にベース上下を固定するボルト用の穴をあけます。
位置は全体の配置バランスを見ながら。

LEDビンテージスタンドライト 本体ベース製作5

ベース4枚を一気に穴あけします。
ベースをクランプでシッカリ固定。
電動ドリルに6mmドリルを使用。

LEDビンテージスタンドライト 本体ベース製作6

穴あけは真っ直ぐ開ける様に注意して。

LEDビンテージスタンドライト 本体ベース製作7

スナップスイッチ用穴あけ

スイッチ用の穴はベース上部の二枚を重ねて穴あけします。
10mmドリルを使用。

実際には11~12mmドリルが良かったみたいです。
後で調整しました。

LEDビンテージスタンドライト 本体ベース製作8

ソケット穴あけ

ソケット用の穴は25mmボアビットを使います。
その後、ソケットを合わせながら微調整します。

LEDビンテージスタンドライト 本体ベース製作9

なるべく真っ直ぐに。

LEDビンテージスタンドライト 本体ベース製作10

スナップスイッチ枠穴あけ

スナップスイッチ固定には5mm厚までと言う感じです。
ベースは2枚合わせ10mmにするので、上部の2枚目にスナップスイッチ本体枠をケガいて穴あけをします。

LEDビンテージスタンドライト 本体ベース製作11

スイッチ枠四隅をドリルで穴あけしてカッターや糸鋸などで整形します。

LEDビンテージスタンドライト 本体ベース製作12

ライトスタンドベースの接着と整形

ライトスタンドベースの穴あけ加工が完了したので、木工用ボンドで2枚づつ接着します。

LEDビンテージスタンドライト 本体ベース製作13

ベース上材と下材は接着しない様に。
ボルトを通して締め付け、クランプで圧着します。
ここでボルトを通しておけば、後でボルトが通らないと言うトラブルが防げます。

LEDビンテージスタンドライト 本体ベース製作14

木工用ボンドが乾燥したら、サンドペーパー#100で3面を整形します。
その後、ボルトを外して上下共に#240で角を整えます。

LEDビンテージスタンドライト 本体ベース製作15

ライトスタンドベースの製作、加工は穴位置の正確さがキモです。
穴が間違っていると見栄えが全然変わるので何度も確認しながら正確に。

【SPONSORED LINK】

ライトスタンドベースの塗装

ライトスタンドベースはビンテージ感を演出するブライワックス(ジャコビアン)を使います。

LEDビンテージスタンドライト 本体ベース塗装

つや消し黒塗装

ボルト、ナット、スナップスイッチのON/OFFプレートと固定ナットはつや消し黒で塗装します。
食器洗洗剤で油分を落として、ミッチャクロンを薄くスプレー。
乾燥後、つや消し黒を塗装。
厚塗りにならない様に注意して。

LEDビンテージスタンドライト つや消し黒塗装

ライトスタンド配線

※ここからの作業は自己責任です!
家庭用100V電源対応用のコードコンセント側500mm、スイッチ側用50mm用意します。
小学校で学んだ理科を思い出しましょう。
交流なのでプラスマイナス極はありませんが、配線が全て輪になる様に繋いで行きます。
(銅線を固定するプラスネジはシッカリと固定します。)

LEDビンテージスタンドライト 配線作業1

ベース上にボルトを固定します。
ソケットを置いて仮組みして、コードの長さや位置関係をチェック。

LEDビンテージスタンドライト 配線作業2

スナップスイッチを取り付けます。
スイッチのON/OFF方向を間違えない様に。

LEDビンテージスタンドライト 配線作業3

コード長さを無理な配線にならない様にカットします。
銅線は長めに剥いてシッカリとスイッチ接点に固定します。

LEDビンテージスタンドライト 配線作業4

スイッチと銅線部分をハンダで固定します。
余分な銅線はカット。
ショートしていないかシッカリ確認。

LEDビンテージスタンドライト 配線作業5

ライトスタンドベースを合わせます。
六角ボルト&ナットでベース上下の幅を調整して締めます。

LEDビンテージスタンドライト 組み立て

最後にコンセントとコードを接続します。
銅線の固定はシッカリと。

LEDビンテージスタンドライト 配線作業コンセント

LEDライトスタンドの完成

完成しましたー!
ビンテージ感出ていますかね〜。
LED電球のプラスチック部分は白色だったので、アイアンペイントで塗装しました。

LEDビンテージスタンドライト 完成1

DIYの作品が増えてきたので、今回のLEDスタンドもマッチしています♪

LEDビンテージスタンドライト 完成2

iphoneで撮影するとフィラメントが真っ白に。。。
実際にはフィラメントの形が分かるくらいです。

LEDビンテージスタンドライト 完成3

製作を終えて

LED電球も様々なタイプが出てきてDIYとしても使いやすくなりました。特にビンテージ感を演出するフィラメントタイプはエジソン型球などもあり照明DIYの幅が広がりますね。ただし、100V家庭用電源を使う場合は電気の知識をシッカリ確認してからにしましょう。(配線は自己責任です。)

おすすめ商品

フィラメントタイプの趣きがある電球




配線作業には必須の道具

DIY情報サイト『tsukuroもっと』運営管理者
物作りが大好きな事からDIY情報サイト『tsukuroもっと』を2016年からスタート。
DIY歴 20年以上 佐賀県出身 山梨県在住