木箱木材の選びかた

【木箱DIY】木箱に最適なDIY木材の選び方をご紹介。

まず、DIYをやってみよう!と思った時にトライしてみたいのが人気DIY『木箱製作』ですね。
ディスプレイや収納と大活躍するのでとても便利です。

イザ、ホームセンターに行ってみると種類がいっぱいあって
『どれを使えばいいのか。。』
そこで、大まかな木材の選び方をご紹介します。
使用目的や収納する物の重量そして大きさによって木材の選び方を知っておくと失敗がなく製作できます。

【SPONSORED LINK】

木箱の大きさ別の最適木材

絶対の正解の木材と言うものはありませんが、大枠こんな感じ位で知っておくと買い物に困りません。
実際の木箱の木材も大きさや収納する物で材質や板厚が選択されています。
木箱の場合は特に板厚が重要です。

木の種類はホワイトウッドやSPF材、MDFやOSB材など様々です。
どんな雰囲気、木目を見せたいかで選択しても大丈夫です。

大きさ30cm以上の木箱に最適な木材

木箱の大きさで30cmを超えると重量物の収納目的が多いと思います。
木材の固定にはコーススレッド(木ネジ)を使いますので、板厚も必要になります。

そこで、大体のホームセンターで販売してる『SPF材やホワイトウッド材』がオススメです。
安価なSPF1×4材、1×2材は特に木箱製作に向いたサイズです。

SPF1×2材 板厚19mm×板幅38mm
SPF1×4材 板厚19mm×板幅89mm

多少の寸法個体差はありますが、基本的に規格化されたサイズです。
製作のサイズを計画しやすいですね。
コーススレッド(木ネジ)の固定にも十分な板厚です。
コーススレッド(木ネジ)のサイズはスリムタイプの32mm〜35mmくらいが最適です。

木箱木材の選びかた SPF

SPF1×4材(端材含む)を活用した製作例


 

30cm以下の木箱に最適な木材

木箱でも30cm以下だとインテリアやディスプレイ用など重量物を入れない、
強度をそれほど必要としないケースが多いと思います。
その場合は見た目のサイズとしても板厚10mm位がいいサイズ感かなと思います。

小さいサイズの木箱製作でオススメな木材は100均木材ですね。
何と言っても30cm以下の木箱製作用にバッチリのサイズ感。

強度的な問題がなければ、木工用ボンド固定でも十分使用に耐える事ができるサイズです。

木箱木材の選びかた 100均

100均木材を使った木箱製作例

 

【SPONSORED LINK】

ベニア合板での木箱製作

ベニア合板も木箱製作では活躍します。ただし、側面が無垢材と違って板を貼り合わせた事が分かります。
どちらかと言うと工具収納用木箱大工道具治具の製作に適しています。

木材の表面に綺麗な木目を貼り合わせた『シナベニア合板』は小さめの木箱の製作に向いています。

・工具収納用木箱 ベニア合板 板厚8〜12mm
・小箱 シナベニア合板 板厚5mm前後

木箱木材の選びかた ベニア

ベニア合板を使った木箱製作例

 

まとめ

木箱の製作はミリタリー木箱風やワイン箱、りんご箱風など様々な表現方法があって飽きないDIYジャンルだなと思います。ステンシルや塗装で全く違う雰囲気になるのも魅力ですね。慣れてくるとデザインなどにも凝ってくるのでドンドン雰囲気も上がっていきます。今回の記事を参考にまずは木箱製作にトライして見ましょう!

おすすめ商品

木箱製作後の仕上げデコレーションに。


アンティーク木箱の表現に。

DIY情報サイト『tsukuroもっと』運営管理者
物作りが大好きな事からDIY情報サイト『tsukuroもっと』を2016年からスタート。
DIY歴 20年以上 佐賀県出身 山梨県在住