燻製ボックス

【木箱DIY】SPF材で作るミリタリー木箱風燻製ボックス(スモーカー)/図面あり

【図面PDFダウンロード可能】秋から冬にかけて、寒さが日に日に増していきます。屋外でDIYをするにも寒い季節ですが、そんな寒さを楽しみに変えたいなと思い、燻製ボックスを作りました。

普通の燻製ボックスだとつまらないので、飾っておくだけでもカッコイイミリタリー木箱風のデザインに仕上げました。

【SPONSORED LINK】

燻製ボックスの材料

燻製ボックス材料1

  • 1×4材:910mm…10本
  • 1×3材:910mm…4本
  • 1×2材:910mm…2本
  • コーススレッド:30mm
  • 塗装:ワトコオイル(ダークウォルナット)

燻製ボックスDIY 材料2

  • アーチ型留め金(セリア)…1個
  • アンティーク取手(セリア)…1個
  • 蝶番(セリア)…1個
  • ブリキプレート(セリア)…1個
  • ステンレストレー1個(200×240mmサイズ)
  • 網2枚(190×250mmサイズ)

燻製ボックスの道具

  • 丸ノコ&丸ノコ定規(orスライド丸ノコ)
  • トリマー&ビット16mm
  • クランプ
  • サンドペーパー#240
  • 差し金
  • メジャー
  • インパクトドライバー
  • ステンシルセット

DIYレシピ

材料の切り出し

最初に燻製ボックス本体を切り出します。(切り出しにスライド丸ノコを使いましたが、丸ノコ+丸ノコ定規でも大丈夫です。)

燻製ボックスDIY 木材カット1

1×4材から、横板412mmを9枚、底板と天板297mmを6枚、扉用450mmを3枚切り出しました。

燻製ボックスDIY 切り出し

トリマー加工(煙漏れ防止対策)

燻製の煙が漏れないようにするため、トリマーを使って上記で切り出した板同士を段付き加工して重ねていきます。(板の合わせ方は下記を参照してください。)

左右横板、天板、底板 重ね幅8mm…12枚
背板用 重ね幅4mm…3枚
扉用 箱完成後に本体横幅に合わせて調整
左右横板、天板、底板用の加工

トリマーはビット16mmを使います。1×4材の板厚19mmの半分、9.5mmにビット出幅を調整し、ビットからベース端までの距離を測ります。(ベース幅37mm)

燻製ボックスDIY トリマービット16mm

切削幅は8mmで欠き落とします。

燻製ボックスDIY トリマー 切削

トリマーを使う場合は、クランプでしっかりと固定しましょう。

燻製ボックス トリマー加工3

トリマー加工が完了しました。

燻製ボックス トリマー加工4

1×4材の3枚が1セットになります。中心の材は両端を段付き加工、両端の材は片側のみ段付き加工を施しました。

img_5142

この段付き加工で、材を重ねる事で燻製の煙が外に漏れづらくなります。

img_5143

背板用加工

背板用は重ね幅4mmで、ベース幅37mmと切削幅4mmを足して、フェンス幅41mmで固定します。

smokedbox10

扉以外の段付き加工が完了しました。

img_5145

網用レールの取り付け

本体の横板は、網を置くレール材で固定します。

1×2材を網用230mm4本と、燻製ウッドトレー台用210mm2本を切り出します。

img_5147

レール材の距離は、天板から上段までを120mm、上段から下段までを100mmとしました。(この距離は、燻製をする食材の大きさから割り出してください。)

固定にはコーススレッド30mmを使い、3ヶ所ずつ留めます。

smokedbox04

横板が完成しました。

img_5149

本体の組み立て

まずは底板を固定します。先ほどの横板を固定位置に置いて、燻製トレー台用のレール材を位置決めして固定します。

smokedbox5

横板を立てる時、後ろに支え用の板を固定すると安定します。

img_5151

底板と横板を、燻製用トレー用のレール材にビスで打ち付けます。

img_5153

コーススレッドは板の中心に一本ずつだけ打ちます。

img_5154

底板と横板の固定が完了したら、背板を取り付けます。3枚の内、両端を先に固定し、最後に中心の板を固定します。

img_5155

底板に横板、背板の固定が完了しました。網とトレーを乗せるとこんな感じです。

img_5156

さらに、左右の横板が歪まないようにクランプで押さえながら天板を固定します。

img_5157

帯板の取り付け

本体の上下に帯板を取り付けます。1×3材を251mmに4本カットします。

smokedbox6

本体の横側上下に取り付けます。1×4材の両端を押さえるように固定していきます。

img_5159

さらに背板用は、同じく1×3材を335mm2本切り出して取り付けます。

img_5160

img_5161

扉の製作

扉は1×4材を3枚と、1×2材を1枚で構成します。本体の横幅に合わせる為にトリマーで段付加工で調整します。最終的に2mmの段付きとしました。

img_5162

扉部分にも帯板(1×3材を335mm2枚)を取り付けますが、横板用の帯との間に隙間ができるので、1×3材を19mmにカットして追加で取り付けます。(計4個カット)

smokedbox07

クランプで扉用の板を締め付け、帯板を固定します。

img_5165

最後に、残った1×3材を使って、反り防止の斜め板を取り付けます。(長さは現物合わせでカットしてください。)

img_5166

固定具の取り付け

扉と横板の帯板の上下に、蝶番を取り付けます。

img_5167

扉のロックはアーチ型留め具を取り付けます。

img_5168

天板に取っ手を取り付けます。これで木箱の完成ですが、もう少し一手間を加えます。

img_5170

横置きしてもカッコ良くなるように、上下に1×4材を4本取り付けました。

smokedbox08

このままでも重量感があってカッコいい木箱に仕上がりました。更に塗装とステンシルでディテールアップです。

【SPONSORED LINK】

続きを読む
1 / 2