【100均DIY】簡単グルグル!ジュート(麻ひも)と紙パックでボヘミアン小物収納を作ろう♪

ジュートと紙パックで作るボヘミアン小物収納

先日セリアを散歩していたら「ジュートベジ」という可愛い麻ひもを見つけました。野菜カラーで夏にピッタリ!…ということで、これで何か作れないかな?と考えた私。

編むのは好きだけど、時間かかるし…。誰でも簡単に作れる何か…。

そうだ!紙パックにグルグル巻きつけて可愛い収納を作ろうと思いつきました。お子様の夏休みの工作なんかにも良いと思います(^^)

材料

材料

  • 紙パック
  • 水性塗料(白)
  • ジュートベジ(セリア)
  • フェイクレザー(セリア)
  • プレートシール(セリア)

道具

  • 刷毛
  • 木工用ボンド
  • スポンジ刷毛
  • ハサミ
  • セロハンテープ

ジュートとは

ジュートとは、ツナソの茎からとった繊維で、簡単に言えば「麻ひも」です。

セリア ジュートベジ

セリアの毛糸コーナーに置いてありました。単色の他、上記のようなカラフルな物まで販売されていました。可愛いですよね♪

DIYレシピ

紙パックの下準備

紙パックをよく洗い、ハサミで好みの高さに切り出します。私は10cm程の高さに切り出しました。

紙パックの下準備1

地のデザインが見えなくなるようにあらかじめ白を塗っておきます。一度塗りでOKです。

紙パックの下準備2

ジュートを巻きつける

塗料が乾いたら、ジュートを巻きつけていきます。まず、木工用ボンドを線を引くように置き、スポンジ刷毛で2cm幅くらいにのばします。

ジュートを巻きつける1

ジュートを1本ずつ底から巻きつけていきます。

ジュートを巻きつける2

ボンドを塗布し巻きつけて…を繰り返して、隙間なくジュートを巻いていきましょう。

ジュートを巻きつける3

全部巻き終えるとこんな感じです。

ジュートを巻きつける4

紙パック上部の処理

ジュートを巻きつけたままだと、パックとジュートの境目がはっきり出てしまうので、フェイクレザーで隠していきます。

まず、フェイクレザーを2cm幅に切り出します。

紙パック上部の処理1

パック上部にボンドを塗布し…

紙パック上部の処理2

フェイクレザーをグルっと巻きつけ、長すぎた部分をカットします。

紙パック上部の処理3

角に切り込みを入れて…

紙パック上部の処理4

内側に折り込み、セロハンテープで固定します。(ここでもボンドを使おうと思ったんですが、ボンドが効かなかったのでテープで対応しました。)

紙パック上部の処理5

もっと見栄え良くしたい場合は、両面テープを使用しても良いと思います。

完成

プレートシールを貼り付けたら、可愛い小物収納の出来上がりです!お疲れ様でした♪

完成1

色合いと素材を考えると、ボヘミアンチックなデザインですね(゚∀゚)木の風合いと良く合います☆

完成2

製作を終えて

毛糸やジュートは「編む」という手法以外にもいろいろ簡単に楽しめる方法がいくつかあります。今回はその中で最も簡単な「グルグル巻き」を行いました。単色も可愛いですが、ジュートベジのようにいろんな色が入った物を使うと、作品のクオリティもアップします。

100均には毛糸やジュート以外にも、Tシャツ素材やふわモコなど様々な糸が売られています。季節や手触りを意識して、好みの糸を使ってみると面白いと思います。お子様でも簡単に作れるので、夏休みの工作なんかにいかがでしょうか?(*^^*)

合わせて読みたいオススメ記事

100均DIY担当のツクモです♪女性ならではの視点で、誰もが楽しい!と思えるようなDIY情報を日々考え発信中!
【好きな事】100均DIY、クラフトDIY、WEBデザイン、栄養管理、ギター
【好きな言葉】良質なコンテンツと良質なタンパク質

tsukuroもっとStudio Blog

PAGE TOP