スライド丸ノコDIY1

【大工道具DIY】コンパクトなスライド式丸ノコガイド台をDIY

DIYも道具が揃ってくるとスライド丸ノコが便利で多用してしまいます。
しかし、スライド丸ノコは高価な道具ですので購入には勇気がいりますね。
簡単なカットや細かいカットだとスライド式丸ノコ台があればほとんどまかなえます。
そこで、今回は移動にも便利なコンパクトスライド式丸ノコ台を自作します。

スライド式丸ノコ台の材料

  • ベニア合板 15mm厚 300×250
  • シナベニア合板 9mm厚 300×250
  • アルミ不均等アングル
  • クランプレバーボルト
  • ツメ付きTナット
  • SPF端材(1×2材、2×2材)
  • コーススレッド 25mm

スライド式丸ノコ台の道具

  • 丸ノコ・丸ノコガイド
  • グラインダー
  • 木工用ボンド
  • クランプ各種
  • インパクトドライバー
  • サンドペーパー#100
  • 両面テープ
  • ドリルガイド
  • ドリル(12mm、8mm、ボアビット35mm)

DIYレシピ

スライド式丸ノコ台の材料

メイン部材はベース用がベニア合板15mmと表面を綺麗にする為のシナベニア合板9mmです。
シナベニアは3mm~5mmでも大丈夫です。
アルミレールは事前にグラインダーで300mmにカットしています。

スライド式丸ノコガイド台DIY 材料

レール台はSPF1×2材と2×2材の端材を活用しました。
丸ノコのモーター部が乗る側をSPF2×2材にして安定感を出しました。

スライド式丸ノコガイド台DIY 材料2

今回はコンパクトな丸ノコ台なので部材の固定用治具を製作します。
クランプレバーと固定板で部材を固定する仕掛けです。

スライド式丸ノコガイド台DIY 固定具

こんな感じでクランプレバーを配置して、固定板で部材を抑えます。
安全にカットする為の治具です。

スライド式丸ノコガイド台DIY 固定具2

丸ノコ台ベースの組立

最初にスライド式丸ノコ台のベースとなるベニア合板15mmとシナベニア9mmを木工用ボンドで貼り合わせます。

スライド式丸ノコガイド台DIY ベース組立1

貼り合わせたら、クランプで圧着。
2時間ほど放置です。

スライド式丸ノコガイド台DIY ベース組立2

レールベースの組立

レールベースの組立はSPF1×2材を先に固定します。
1×2材側を基準とするので、ベースの端ラインに合わせて木工用ボンドで接着します。

スライド式丸ノコガイド台DIY レール台組立1

しっかり乾燥したら、両面テープを貼ってレールを載せます。

スライド式丸ノコガイド台DIY レール台組立2

レールも基準となるので、端面に合わせて仮止めします。

スライド式丸ノコガイド台DIY レール位置決め1

SPF2×2材とレールを置いて、丸ノコを載せ2×2材の固定位置を割り出します。

スライド式丸ノコガイド台DIY レール位置決め2

位置が確定したら木工用ボンドで接着。
しっかり乾燥したら、裏からコーススレッド25mmで2本づつ固定します。
(もう少し長いコーススレッドでも良いですが、レール固定時に当たらない様に注意です。)

スライド式丸ノコガイド台DIY レール台組立2

基準線の記入

レール台が固定出来た所で基準線をレールと平行になる様に線引きします。
直角や角度を割り出す際の基準線です。

スライド式丸ノコガイド台DIY 基準線

今回は基準線を一本で行いましたが、マス目や45度、よく使う角度の基準線を書いても良いと思います。
凝った加工を考えるとトリマーで半円の穴を開けてスイングするレバーガイドを付けても便利ですね。
今回はスタンダードな製作として使っていく中でグレードアップも検討です。

部材抑えボルト穴加工

クランプレバーボルトの穴を加工します。
位置を割り出す時に、丸ノコのモーターハウジングに当たらない位置を確認します。
今回はベース角から20mmと25mmの位置に開けることにしました。

スライド式丸ノコガイド台DIY 部材抑え1

クランプレーバーボルトはM8なので、8mmのドリルで穴を開けます。
ドリルガイドがあれば真っ直ぐに穴を開ける事ができます。

スライド式丸ノコガイド台DIY 部材抑え2

裏側にボアビットでツメ付きTナットを埋め込む為の穴を開けます。
(穴を開ける順番を気を付けた方が良いです。後ほど。。)

スライド式丸ノコガイド台DIY 部材抑え3

所有しているボアビットが35mmでしたので大きな穴になりました。
25mm程度のボアビットがあれば丁度良いですね。

スライド式丸ノコガイド台DIY 部材抑え4

ここで修正。。
ツメ付きTナットの太さは12mm。開け直しです。
貫通してる穴はセンターがない状態なのでズレやすいです。
(反省。。)

<今回の穴を開ける順番の正解は>
①ボアビットで3mm程度の深さを掘る。
②12mmドリルでセンターにTナット分の穴を開ける。
③8mmドリルでセンターに合わせて面まで貫通させる。

でした。日々勉強です。

スライド式丸ノコガイド台DIY 部材抑え5

そんなこんなで苦労した穴あけ加工ですが、完了したのでツメ付きTナットを打込みます。

スライド式丸ノコガイド台DIY 部材抑え6

なんとかクランプレバーを取り付ける事ができました。
固定板はベニア板などを使ってクランプレバーと同じ位置に8mmの穴を開けて製作します。
作業に合わせて作り貯めていくと色んな加工に使える治具セットができますね。

スライド式丸ノコガイド台DIY 部材抑え7

スライドレールの組立

スライドレールは仮止めの時と同じ様に両面テープで仮固定してから取り付けます。
スライド式丸ノコ台の精度はこの作業で全て決まります。
丸ノコを載せて正確に位置を確認してから固定します。

スライド式丸ノコガイド台DIY レール組立1

最初にコーススレッドの太さ鉄用ドリル3.5mmで下穴を開けます。
レールに穴が開く程度で大丈夫です。

スライド式丸ノコガイド台DIY レール組立2

次にコーススレッドのビス頭がレールから飛び出ない様に皿取り加工を行います。
6.5mmの鉄用ドリルが丁度良かったので、皿取り分だけ掘ります。

スライド式丸ノコガイド台DIY レール組立3

皿取り加工が終わったら、コーススレッド35mmで固定していきます。
もし、ビス頭が出る様なら鉄用ヤスリなどで削り、スムーズに丸ノコが滑る様にします。

スライド式丸ノコ台の完成

全ての工程が完了しスライド式丸ノコ台が完成しました。
かなりコンパクトですね。丸ノコとほぼ同じ大きさの様な。。。

実際に使ってみるとレールがある為、安定しています。
移動先作業用としてもこのコンパクトさが重宝します。

スライド式丸ノコガイド台DIY 完成1

ベーシックな固定板はこんな感じ。
クランプレバーがしっかり固定してくれるのでズレませんでした。

スライド式丸ノコガイド台DIY 完成2

レールと丸ノコベースのガタが全く無いので、レール前後から切り出してもズレません。

スライド式丸ノコガイド台DIY 完成3

シンプルでコンパクトなスライド式丸ノコ台。
シンプルですが大活躍の予感です。

スライド式丸ノコガイド台DIY 完成4

製作を終えて

スライド式丸ノコ台は今後の移動DIYで大活躍するかなと思います。
ちょっとだけカットしたい時や小さな部材をカットする時にはスライド丸ノコでは切れないし、丸ノコでは危険。
そんな時にはスライド式丸ノコ台が便利です。部材抑え治具を様々作れば色んなカットに対応できますね。
今回はコンパクトタイプですが、大きなスライド台を製作すれば、スライド丸ノコが無くてもDIYは効率的になります!

改良版の記事

使っていく中で不具合や改良の必要が出てきます。
そこでバージョンUPして見ました。改良版の記事はこちら ↓

 

おすすめ商品

レバー式のボルトはアイディア次第で大活躍。


スライド丸ノコは本格的にDIYを楽しむ際に効率的に作業できます。しかし、高価で場所も取ります。。。

DIY情報サイト『tsukuroもっと』運営管理者
物作りが大好きな事からDIY情報サイト『tsukuroもっと』を2016年からスタート。
DIY歴 20年以上 佐賀県出身 山梨県在住

おすすめ記事

  1. DIYレシピ

    シングルトイレットペーパーホルダーDIYサムネイル
  2. DIYレシピ

    1800cafeダイニングテーブルDIYtop

最新記事

  1. DIYレシピ

    鍋敷き
  2. DIYレシピ

    スライド丸ノコ 改良版
  3. DIYレシピ

    アートクレイシルバー ペンダントトップ
  4. DIYレシピ

    ウッドデッキ製作工具2018
  5. Staff Blog

    マグネットボード

tsukuroもっと運営部

PAGE TOP