シャビーなリビングテーブル

【家具DIY】SPF材を活用して作るシャビーなリビングローテーブル

SPF材を使ってシャビーなインテリアに合う組立式のローテーブルを製作しました。
最初に設定した大きさは高さ400mm、長さ800mm、奥行き400mmです。
後は製作しながらの都合で大きさを確定します。
ウマ形状の脚はフリーチェーンで高さを好みに微調整が可能です。
淡いターコイズのシャビーなローテーブルを作って見ませんか!

【SPONSORED LINK】

リビングテーブルの材料

  • SPF1×6材 910mm 3枚
  • SPF1×2材 910mm 3本
  • 杉材 10×40 900mm
  • 蝶番 380mm 2個
  • フリーチェーン
  • フックビス 4個

リビングテーブルの道具

  • スライド丸ノコ、丸ノコ、丸ノコガイド
  • 木工用ボンド
  • バークランプ、クイッククランプ
  • インパクトドライバー
  • 皿取り錐ビット
  • カンナ
  • サンドペーパー#100
  • ミルクペイント(スノーホワイト、インディアンターコイズ、アンティークメディウム)
  • 塗装道具(刷毛、塗料カップ、ウエス)

DIYレシピ

リビングテーブル天板の製作

リビングテーブルの天板はSPF1×6材 910mmを3枚と裏側の補強としてSPF1×2材、1×4端材を使って製作します。
購入時の部材選びは慎重に真っ直ぐな木材を選びましょう。

シャビーリビングテーブル 材料

天板の上面に使うのは、木材の面が綺麗な方を選びます。
バッテンなどの印を付けて間違えない様に!

シャビーリビングテーブル 木取り

テーブル天板部材の接着

SPF1×6材は910mmの長さを800mmにカットします。
裏側に補強を入れるので天板はダボ接合を行わず、そのまま木工用ボンドで接着します。

シャビーリビングテーブル 天板の製作1

天板の固定にはSPF1×2材で挟み込み、バークランプとクイックリリースクランプで締め付けます。
角材などで挟み込む事で天板の曲がりを抑え、平面の天板を作れます。

シャビーリビングテーブル 天板の製作2

テーブル天板裏の補強

木工用ボンドが乾いたら、天板裏面に補強用のSPF1×2材を枠を組む様に固定します。
更に裏面中央にSPF1×4端材で中央部分の曲がりや反り防止を入れます。

シャビーリビングテーブル 天板の製作4

テーブル天板の切り揃え

天板の接着が完了したら天板側面を揃える為に四方を丸ノコと丸ノコガイドでカットします。
今回は長辺方向は2mm程度、短辺は切り揃える感じでカットしました。

シャビーリビングテーブル 天板の製作5

4辺の切り揃えが完了しました。
この工程は横から見た時に綺麗に見えるので出来ればやったほうが良いですね。

シャビーリビングテーブル 天板の製作5

テーブル脚の製作

テーブル脚はSPF1×2材と杉材10mm厚 40mm幅を使います。
280mm×350mmのセットを2セット作り、蝶番で支えを繋いで2個作ります。
・SPF1×2材 350mm 6本
・SPF1×2材 240mm 2本
・杉材 10×40 280mm 2本

シャビーリビングテーブル 脚の製作1

SPF1×2材を350mmに6本カットして、両端に70度の角度でカットします。
スライド丸ノコでは目盛20に合わせて効率的にカット出来ます。

シャビーリビングテーブル 脚の製作2

スライド丸ノコも丸ノコも左方向にしか角度を調整出来ません。
平行四辺形にカットするときは、片方をカットしたら、部材を裏返してカットすると平行四辺形になります。

シャビーリビングテーブル 脚の製作3

テーブル脚の組立

SPF1×2材を240mmにカットして平行四辺形にカットした脚材を接着します。
平らに接着する為にウマなどで平面を出した所で接着します。

シャビーリビングテーブル 脚の製作4

SPF1×2材同士はコーススレッド45mm、杉材との固定には25mmを使いました。

シャビーリビングテーブル 脚の製作5

細い部材の固定には皿取り錐ビットで下穴を開けてからコーススレッドを打ちます。
そうする事で木材の割れを防ぎ、綺麗にビス打ちが出来ます。

シャビーリビングテーブル 脚の製作6

テーブル脚本体の組立が完了しました。

シャビーリビングテーブル 脚の製作7

カンナで240mm部材を削り、70度に合わせます。
丁寧に70度で面一になる様に。

シャビーリビングテーブル 脚の製作8

カンナでの処理が完了して70度の角度で揃いました。
ここで、サンドペーパー#100で全体を整えておきます。

シャビーリビングテーブル 脚の製作9

テーブル脚支えの取り付け

テーブル脚本体と支えを蝶番で連結します。
脚上部の240mm部材中心に38mm蝶番を取り付け。取り付けには蝶番付属ビスを使用しました。

シャビーリビングテーブル 脚の製作10

支えと蝶番を連結。曲がって付かない様に慎重に。

シャビーリビングテーブル 脚の製作11

テーブル脚の本体と支えにフックビスを取り付け、フリーチェーンを掛けれる様にします。

シャビーリビングテーブル 脚の製作12

テーブル脚が完成しました。
フリーチェーンの止める位置を変える事でテーブルの高さを好みの高さに調整出来ます。

シャビーリビングテーブル 脚の製作13

今回のリビングテーブルの製作ポイントは脚の製作を正確に行って天板を乗せた時にガタ付かない様にする事です。
各工程の組立では差し金やメジャーで寸法を確認しながら進めるとガタのない安定感があるテーブルに仕上げる事ができます。

【SPONSORED LINK】

リビングテーブルの塗装

リビングテーブルのベース塗装はミルクペイントの『スノーホワイト』に少量の『インディアンターコイズ』を調色して塗装しました。

シャビーリビングテーブル 塗装1

ベース塗装は裏面で色味を確認してから、表面を塗装します。
裏面から塗り始める事で色のイメージが合っているか確認できます。

シャビーリビングテーブル 塗装2

ベース塗装が完了しました。
ミルクペイントは気温20度の場合、30分程で乾燥します。
乾燥が早いのもミルクペイントの良い所ですね。

シャビーリビングテーブル 塗装3

乾燥が完了したら、サンドペーパー#100で表面のザラつきを取ります。
更に角などを強めに研磨して使用して塗装が削れた感じを表現します。

シャビーリビングテーブル 塗装4

テーブル脚も角を中心に塗装を削り、使用感を演出。

シャビーリビングテーブル 塗装5

アンテーク塗装

ミルクペイントの『アンティークメディウム』で全体を塗り、シャビー感を演出します。

シャビーリビングテーブル 塗装6

アンティークメディウムを水で3倍程度に薄めて、塗装します。
乾く前に拭き取るので、塗り広げすぎない様に。

シャビーリビングテーブル 塗装7

乾く前にネル生地(Tシャツの生地)で叩く様にして拭き取ります。

シャビーリビングテーブル 塗装8

800×420位の天板は一気に塗り、手早く叩きながら拭き取ります。
ムラを表現するので拭き取りすぎない様に。

シャビーリビングテーブル 塗装9

ちょっと拭き取りが甘いくらいでちょうど良い感じに仕上がります。

シャビーリビングテーブル 塗装10

全体的にムラが出て、色味も落ち着いた感じになりました。

シャビーリビングテーブル 塗装11

リビングテーブルの完成

リビングテーブルに似合うソファーと共に。

シャビーリビングテーブル 完成1

あータレてる。。。。
まぁ、味です。はい。

シャビーリビングテーブル 完成2

天板を外して、脚を折りたたむと収納できます。
持ち運びも便利なリビングテーブル。

シャビーリビングテーブル 完成3

柔らかめのインテリアに似合う淡いターコイズのリビングテーブル。

シャビーリビングテーブル 完成4

製作を終えて

海の家にも合いそうなリビングテーブルをイメージして製作しましたが、良い感じになったかなと思います。今回のテーブルの製作記は様々なテーブル製作の参考にもなってるかなと思います。フリーチェーンで高さ調整が出来るのもポイントに。爽やかな風を感じるリビングテーブルの製作記でした。

おすすめ商品

DIYを効率的に正確なカットにはスライド丸ノコが便利!


ミルクペイントのアンティーク感を演出するアンティークメディウムはDIYの必需品です。

DIY情報サイト『tsukuroもっと』運営管理者
物作りが大好きな事からDIY情報サイト『tsukuroもっと』を2016年からスタート。
DIY歴 20年以上 佐賀県出身 山梨県在住