【大工道具DIY】組み立て式作業台(ウマ)の作り方/図面あり

workbench
【図面PDFダウンロード可能】DIYを楽しむためには不可欠なのが「作業台」です。今回は組み立て式で様々な使い方ができる作業台を作りました。天板を外してウマに長い木材を乗せれば、効率よく作業ができます。

使っていく中で「もっとこうしたい。」「こうしたら便利だ。」という思いも出てきたので、アレンジ方法も載せています。DIYをもっと効率的に楽しみたい方は、ぜひチャレンジしてみてください。

作業台の材料

IMG_3056

  • 2×4材:910mm…10本(ウマ上部2本、脚部8本)
  • 1×4材:910mm…8本(天板6本、脚補強用2本)
  • 1×2材:910mm…7本(天板裏枠)
  • コーススレッド:75mm、50mm、30mm

DIY道具

  • 丸ノコ&丸ノコ定規&平行ガイド
  • 差し金
  • メジャー
  • ノコギリ
  • 電動ドライバードリル
  • インパクトドライバー
  • ノミ
  • 金づち

DIYレシピ

ウマ上部の作成

2×4材(10本)の中から、脚部に使う曲がりや反りが少ないものを8本選別します。

IMG_3058

木材は角を上に向けた状態で、斜め下に見ると曲がりや反りを確認することができます。

≪DIY木材選びのコツ≫フシや曲がりの簡単見極め方法をご紹介!
DIYにおいて、木材選びの見極めはとても重要です。ホームセンターの場合、気軽に買える分ほとんど自分で木材を見極めなければなりません。今回は、木材の反りや曲がりを...

脚部用8本以外の2本を、ウマ上部の材料とします。

20160710-01

2×4材910mm(2本)から、455mmを4本切り出します。

IMG_3068

今回はこれを2本1セットにして、T型に組み合わせていきます。

IMG_3069

T型にした木材がしっかり固定されるように、溝を掘り組み立てることにします。まずは、丸ノコ刃の出幅を10mmに調整します。

IMG_3081

455mmにカットした材料のうち2本に、中央に38mm幅の墨線を引きます。

20160710-02

木材の中心に墨線を引き、そこから両端19mmを測れば38mm幅の線が引けます。

平行ガイドを使い、墨線の内側を溝掘りします。

IMG_3083

両端の墨線ラインの溝掘りが完了しました。

IMG_3084

さらに内側に細かく2?3mm間隔で溝を掘ります。

IMG_3085

金づちで余分な部分を叩き、取り除きます。

IMG_3086

ノミを使い溝の面を整えます。

IMG_3088

溝掘りが完了しました。この処理をあと1本行います。

IMG_3089

T型に組み合わせ固定させます。ウマ上部にビス頭が出ないように、電動ドライバードリル(刃:8mm)で下穴を開けます。

IMG_3092

今回の下穴は、ドリルガイドを使い約5mmの下穴を開けました。

IMG_3093

下穴は1セット3箇所に開けました。

IMG_3094

さらに中心に3mmの下穴を開けます。

IMG_3095

コーススレッド75mmを打ち込みます。家具だとビス穴が見えない方が良いですが、今回の作品は大工道具なのでこのままで大丈夫です。

IMG_3096

同じように2セット作成し、ウマ上部は完了です。

IMG_3102

ウマ脚部の作成

ウマ上部と接合する部分の加工を行います。

20160710-03

脚用2×4材(8本)を加工します。ウマ上部との接合面になる部分に、プロトラクターで角度15度(縦89mm、横24mm)の斜め線を引きます。

IMG_3165

【DIY基礎知識】木材の角度はこれでチェック!スコヤの種類と使い方をご紹介
スコヤは、正確な角度を測定するための道具です。スコヤにも様々な種類があり、直角を測る「スコヤ」、45度を測る「留型スコヤ」、分度器がついた「プロトラクター」、...

ノコギリを使いカットします。

IMG_3166

このままの状態では、ウマ上部と脚の接合部分に隙間ができてしまうので、ウマ上部の角に当たる部分を加工します。

IMG_3167

差し金を画像のように当てれば、ウマ上部に対して垂直な線を引くことができます。

IMG_3168

≪DIYにこれ1本≫正しい差し金の使い方&様々な墨付け方法をご紹介!
古来より大工道具の常備品として愛用されていた差し金は直角を見るだけの道具と思われがちですが、等分や45度などの墨付けが可能で使い方を知ると、とても便利な道具で...

ノコギリを使い8本全てカットします。

IMG_3170

脚の下部を加工します。脚の寸法は図面上773.9mmなので、四捨五入して774mmにラインを引きます。(8本全て)

丸ノコを15度の角度に調整し、丸ノコ定規を使いカットします。

IMG_3171

脚の上部(15度)と下部を同じ角度でカットすると、地面と平行になります。

ウマ上部と脚の加工が完了しました。

IMG_3172

ウマの組み立て

ウマ上部と脚を画像のように置いて、曲がらないように固定します。コーススレッド50mm(3本)で脚を固定していきます。

IMG_3173

さらに、左右の脚を1×4材(455mm)を横に渡してコーススレッド30mmで固定しました。これでウマが完成しました。

20160710-04

天板の作成

天板は1×4材910mm(8本)のうち、フシが少なく曲がりや反りが少ないものを6本を選びます。

IMG_3062

天板は丸ノコとノコギリでまとめてカットするので、長さ900mmの位置に1×4材を2本渡し、コーススレッド30mmで固定していきます。

IMG_3176

画像を撮り忘れました…。。。図のように、1×4材からはみ出た部分を丸ノコで切断します。

20160710-05

防腐剤塗料の塗装

今回は屋外用という事もあり、防腐剤入りのガードラックのマホガニーで塗装しました。ウッドデッキなどに使う油性塗料です。

IMG_3008

塗装後、さらにワンポイントとしてセリアのプレートを付けました。

IMG_3181

作業台の完成

作業台が完成しました。

IMG_3180

天板を外せば、長い木材も容易に扱えるようになり、作業効率がアップしました。

IMG_3271

改良

さらに使っていく中で、もっとこうしたい!という改善点が見られたので改良を加えました。

?ウマ上部が天板からズレないように枠を組みました。

20160710-06IMG_3395

DIY作業中はどうしてもツールがごちゃごちゃしてしまうのが気がかりでした。なので…

20160710-07

?余った端材で、中段棚を置けるようにして道具も整理しながら作業ができるようにしました。

IMG_3516 2

製作を終えて

作業台は、DIYの作業効率を上げるためには不可欠な道具だと思います。今回は組み立て式なので、天板を外し長い材料の加工、さらに収納もコンパクトにできます。ほとんどのDIYで活躍する作業台、ぜひお試し下さい。

合わせて読みたいオススメ記事

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

関連記事

  1. 天空に浮いたウッドデッキ製作(製作編2)サムネイル

    【ガーデンDIY】第4回:天空に浮いたウッドデッキを作ろう(製作編2)…

  2. 【木箱DIY】自然派素材(木箱)で鮮度を保つ!ツーバイ材で野菜ストッカ…

  3. フェイクエアプランツDIY

    【100均DIY】壁掛けフェイクエアプランツを作ろう♪

  4. マニッシュ端材テーブルDIY top

    【家具DIY】マニッシュな端材リビングテーブルを作ろう。

  5. クラフトテープリメイクサムネイル

    ≪大工道具DIY≫ワインボトルのカットに便利!クラフトテープをオシャレ…

  6. ヒンメリの作り方サムネイル

    【100均DIY】簡単ストローでできるヒンメリの作り方(3種類ご紹介)…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP