≪インパクトとの違いとは?≫電動ドライバードリルの使い方をご紹介!

driverdrill
DIYでインパクトドライバーと共に使う事が多いのが「電動ドライバードリル」です。電動ドライバードリルの特徴や購入する際のポイント、さらに一緒に使うと便利なアイテムをご紹介します。

特徴

最初に、電動ドリルドライバーとインパクトドライバーの違いはご存知ですか?

電ドリ&インパクト2

2つの大きな違いは下記の通りです。

電動ドライバードリル 回転のみでドリルやビスを回す
インパクトドライバー 回転運動+衝撃を与えて、トルクのある回転でビスを強く締め付ける

電動ドライバードリルもインパクトドライバーも同じ用途として使えます。大きく分けて、電動ドライバードリルは『穴開け用』、インパクトドライバーは『ビス留め用』として使い分けます。特に5mm以上の穴を開ける場合は、電動ドライバードリルを使うようにしています。

 

▼インパクトドライバーを詳しくご紹介▼

【DIY必需品】インパクトドライバーの使い方&便利グッズをご紹介!
DIYにおいて、木材同士の接合にコーススレッド(目の粗い木ネジ)を使うことが主流になり、インパクトドライバーは欠かせないアイテムになりました。インパクトドライバ...

購入する際のポイント

コンセント式orバッテリー式

電動ドライバードリルを購入するとき、最初に電源が「コンセント式orバッテリー式」かを選びましょう。

コンセント式 室内向き。コンセントが必要なので使える場所が限られる。(比較的安価:5,000円)
バッテリー式 室内、屋外もOK。場所を選ばず使える。(高価:8,000円?10,000円)

無段変速タイプ

電動ドライバードリルは「無段変速タイプ」が便利です。

電動ドライバードリルは、トリガーと呼ばれるスイッチ部分を押しながら使用します。無段変速タイプを使うと、トリガーの押し具合で、ドリルのスピードをゆっくりにしたり、早く回転させたりできます。

電動ドライバードリル 名称

つまり、無段変速タイプは「様子を見ながらドリルを回転させられるので、失敗が少ない」のです。

正逆転切り替えスイッチとは、ドリルを抜く際、回転を逆に切り替えて引き抜くためのスイッチです。(ほぼ標準機能)

 

10mmドリル径がオススメ

上記でも述べましたが、電動ドライバードリルはDIY(木工)の穴開け作業のとき大活躍します。その際、DIYでどのような穴開けをするかによって、使用できるドリル径が変わってきます。

電動ドライバードリル ドリルチャック

キーレスチャックと呼ばれる場所にドリル径が記載されています。DIYであれば写真のように10mmのものを選ぶと良いでしょう。

キーレスチャックとは、ドリルの先端に付いている工具を固定する部分のことです。

 

便利アイテム

ドリルストッパー

開けたい穴の深さは、ドリルストッパーで設定することができます。

電動ドライバードリル ストッパー

開けたい穴の深さにドリルストッパーを調整します。調整が終わったらドリルを材に垂直に当て、穴をあけます。すると、ドリルストッパーが材に当たったところが希望通りの穴の深さになります。

電動ドライバードリル ストッパーの使い方

ただし、ドリルストッパーはあくまで目安として使用した方がいいです。ドリルとドリルストッパーには距離があるため、正確な深さに穴をあけることが難しいです。なので、ドリル自体にビニールテープを刃の希望する深さの所で巻いて使った方が失敗が少ないです。

電動ドリル ストッパーイメージ

 

ドリルガイド

ドリルで正確に垂直な穴を開けることはとても難しい技術です。そのような場合、重宝するのがドリルガイドです。

ドリルガイドの説明

ガイド対応径は、4mm、5mm、6mm、8mm、10mm、12mmです。

ドリルガイド本体を、穴を開けたい位置の中心に固定し、ドリル径にあった金属のガイドを入れます。

ドリルガイド 準備

ガイドをクランプ2個留めにすると安定して穴を開けれます。ドリルを差し込み、ゆっくり回して穴を開けましょう。(だから無段変速タイプが便利なのです!)

ドリルガイド 穴開け

ほぞ穴の穴開けも曲がらず掘ることができるので便利です。

ドリルガイド 穴開け2

うまく穴を開けるコツは、ガイドに頼るのではなく「支えてもらう」感じです。何度かやっていくうちにコツがつかめます。

≪DIYテクニック≫これぞ元祖!ノミでホゾ穴を開ける方法を詳しく解説
ホゾ穴加工は「木組の基本となる手法」です。DIYでおなじみのツーバイ材でホゾ穴加工を施す場合は、節(フシ)を避けながら穴を開ける位置決めるため、ある程度の図面や...

スポンジアタッチメント

DIY以外でも電動ドライバードリルは大活躍します。スポンジアタッチメントを使うと、車のボディ磨きもできます!(無段変速タイプ)

電動ドライバードリル スポンジアタッチメント

キーレスチャックにマジックテープがついたスポンジアタッチメントをつけます。

電動ドライバードリル バフがけ

車磨きの場合、スポンジは「粗め・中目・鏡面磨き用」の3つを使用します。あとは、コンパウンドをつけてウィーンと磨きます。

電動ドライバードリル バフがけ2

専用のダブルアクションに引けを取らない仕上がりになります。

▼アクセサリーを磨くのにもオススメです▼

≪アクセサリーDIY≫アートクレイシルバーで自宅で簡単にマサイリングを作ろう!
アートクレイシルバーは、簡単にシルバー作品を自作する画期的な商品です。通常だと貴金属屋さんでしか作れない銀製品を、アートクレイシルバーは粘土をこねる感覚で手...

まとめ

電動ドライバードリルは、アタッチメント次第でたくさんの使い方ができます。車磨きでは、長時間の使用になるので、コンセント式の方が安定しています。皆さんもぜひ電動ドライバードリルを活用してDIYライフを楽しんでください!

合わせて読みたいオススメ記事

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

関連記事

  1. 【DIY保存版】塩ビパイプの種類・使い方・接続パーツの組み合せ方を詳し…

  2. 【セリアvsダイソー】DIY徹底比較検証!100均黒板塗料を塗り比べて…

  3. インパクトドライバー用六角ビットサムネイル

    【DIY便利アイテム】オススメ!インパクトドライバー用六角ビットをご紹…

  4. ディスクグラインダーの使い方サムネイル

    【電動工具】鉄やレンガを切断するディスクグラインダーの使い方?DIY基…

  5. ブロック積みの基礎知識サムネイル

    【DIY基礎知識】ブロック積みの基本

  6. 壁紙ペイントDIYサムネイル

    【ペイントDIY】壁紙を水性塗料でペイントしてみよう!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP