マサイリング

【アクセサリーhandmade】銀粘土(アートクレイシルバー)でマサイリング(指輪)を作ろう!

銀粘土(アートクレイシルバー)は、簡単にシルバー作品を自作する画期的な商品です。通常だと貴金属屋さんでしか作れない銀製品を、銀粘土(アートクレイシルバー)は粘土をこねる感覚で手軽に作れます。
銀粘土(アートクレイシルバー)は文房具屋さんでも取り扱っているところが多く、比較的手軽に入手可能です。
オリジナルのアクセサリーを作ってみたい方はぜひお試し下さい。

【SPONSORED LINK】

マサイリングの材料

  • アートクレイシルバー:20g

マサイリングの道具

IMG_3800
IMG_3802

  • アートクレイシルバーキット
  • サイズ棒&サイズスケール
  • クッキングシート
  • サンドペーパー#600
  • 焼成網&網カバー
  • スポンジやすり
  • いぶし液
  • 磨き棒
  • ピンセット
  • やすり棒
  • ワイヤーブラシ
  • カッティングマット
  • 1mm厚アクリルガイド
  • スパチュラ
  • シャーペン
  • カッター

IMG_3803

  • 拡大鏡

DIYレシピ

平打ちリングの製作

リングサイズの決定

サイズスケールで、指のサイズを測り、製作サイズを決めます。筆者の指のサイズが19号でしたので、+4号の23号で平打ちリングを作ります。

IMG_3805

【製作サイズの目安】

  • 1mmの厚さで作る場合…実際のサイズ+4号
  • 1mm以上の厚さで作る場合…実際のサイズ+5号
  • 5mm幅以内のリングの場合…実際のサイズ+3号

サイズ棒をサイズスケールに差し込んで、サイズラインを入れます。サイズ棒は円錐状になっているので、好みのサイズにマーキングする事ができます。

IMG_3806

アートクレイシルバーのサイズ確定

アートクレイシルバーを開封し、手早く空気を押し出すようにこねます。乾燥が早いので注意しましょう。

IMG_3811

棒状に伸ばしたアートクレイシルバーを、カッティングマットにクッキングシートを敷いて置きます。厚さのガイドとして1mm厚のアクリル板を横に置きます。

IMG_3812

もう一枚のアクリル板でプレスし、1mm厚に伸ばします。その後、カッターナイフで必要な幅にカットします。

IMG_3813

余ったアートクレイシルバーが、水で溶かしてクレイ同士を接合するためのクレイペーストを作っておきましょう。

カットしたアートクレイシルバーを、クッキングシートを巻いたサイズ棒(23号のライン)に巻きます。合わせ目は斜めにカットしておき、接合しやすくします。

IMG_3816

乾燥前のアートクレイシルバーは力を入れると潰れてしまいますので優しく持ちます。

合わせ目は、クレイペーストを付けて接合します。

IMG_3817

スパチュラを使い、しっかりと馴染ませながら接合させます。

IMG_3819

大まかな整形が終わったら、ドライヤーを使い15分ほど乾燥させます。

IMG_3831

平打ちリングの整形

シルバークレイが乾燥したら、サイズ棒から外しさらに整形していきます。凹みがある部分は、クレイペーストを盛り付け乾燥させます。

IMG_3833

サンドペーパー#600の上で円を描きながら整形します。まだ凹凸がある場合は、さらにクレイペーストで盛り付けます。この段階できれいに整形することを意識しましょう。

IMG_3834

平打ちリングの整形が完了しました。

IMG_3836

平打ちリングにする場合は、ここまでの整形で仕上がりの出来栄えが決まります。納得が行くまでしっかりと平面と角を出しましょう。

【SPONSORED LINK】

続きを読む
1 / 2