【左官道具DIY】トホホ(汗)左官コテを自作してみた!

トホホ左官コテDIY

左官コテは作業に合わせて様々な種類があります。でも、たまにしか使わないコテを買うのは躊躇しますよね。

そこで今回は入隅、出隅の角を整えるコテを作ります。たまたまアルミ板があったのでこれを有効活用します!

材料

左官コテDIY 材料

  • アルミ棒 :7mm
  • アルミ板(0.8mm厚): 45×150mm
  • 穴あき丸棒:30×200mm

道具

  • 金ノコ
  • ノコギリ
  • 電動ドリルドライバー
  • ドリルガイド
  • ヤスリいろいろ
  • パワートーチ
  • アルミ硬ロウ棒
  • アルミ硬ロウ用フラックス

DIYレシピ

部材のカット

コテ先と握り手を繋ぐ支柱をアルミ棒で作ります。金ノコで100mmサイズを2本カット。

左官コテDIY アルミ棒切断

アルミ板0.8mm厚も金ノコで半分にカット。

左官コテDIY アルミ板切断

丸棒もノコギリで半分にカット!丸棒は角材で挟んで切ると安定するんですよ。

左官コテDIY 丸棒切断

さー全ての部材はこれだけ。簡単DIYですね。

左官コテDIY 部材完成

コテ取手の加工

握り手にアルミ棒を挟んで。こんな感じかなぁ。

左官コテDIY 丸棒穴あけ1

と言う事で、端から30mmの所にアルミ棒を挿す穴を開けます。

左官コテDIY 丸棒穴あけ2

電動ドリルとドリルガイドで6mmの穴を開けます。

左官コテDIY 丸棒穴あけ3

ドリルガイドを使うと簡単に真っ直ぐな穴が開きますよ。

左官コテDIY 丸棒穴あけ4

さらに7mmドリルで穴を広げれば出来上がり。順調、順調。

左官コテDIY 丸棒穴あけ5

アルミ棒曲げ

7mmのアルミ棒を直角に曲げます。30mmの所がちょうどいいですね?♪

左官コテDIY 丸棒曲げ1

ちょっと太いので力が要ります。スパナを挟んで「えいっ!」と。

左官コテDIY 丸棒曲げ

アルミ棒の曲げも順調に完成!

左官コテDIY 丸棒曲げ3

アルミ板曲げ

アルミ板は物差しとテーブルに挟んで曲げます。(直角の硬い場所であればOKです。)

左官コテDIY アルミ板曲げ1

一気にグィッと!

左官コテDIY アルミ板曲げ2

差し金で直角を確認して完成。

左官コテDIY アルミ板曲げ3

出隅用のコテは取付時に安定するよう、アルミ棒にV字の溝を付けます。ヤスリを駆使して慎重に。

左官コテDIY アルミ棒加工1

こんな感じです。これで安定しますね。

左官コテDIY

アルミロウ付け

さて!今回のメインイベント!久しぶりのロウ付けです。

今回は気合が入ってますよ!

業務用のパワートーチ買っちゃいました!

パワー十分です!業務用ですもんっ!

左官コテDIY ロウ付け1

アルミのロウ付けはアルミ用のフラックスアルミ硬ロウを使います。

高温での作業なので、レンガを作業台にしてアルミ棒はクリップで固定します。固定できたら接合部にフラックスを垂らします。

左官コテDIY ロウ付け

さーいよいよ…

パワートーチの出番ですよっ!

左官コテDIY ロウ付け

ブォーっ!

ス…スゴイ!さすがパワートーチや!

左官コテDIY ロウ付け

フラックスが固まってきたので準備完了。硬ロウを差し込んで溶かします。

早いー!パワートーチ最高!

左官コテDIY ロウ付け

んっ?おっ?

あー!あぁ…あぁ、涙。。。

左官コテDIY ロウ付け

溶けた。。。。なんでやっ?

今度こそっ!ブォーっ!

左官コテDIY ロウ付け

アーーーーーー。

いやだぁぁぁぁぁぁぁぁー。

左官コテDIY ロウ付け

冷静さを取り戻して考えてみる( -_- )

パワートーチ、強すぎた。

そしてアルミ板が薄すぎた。

炎と板厚のバランスが悪かったのね。。。

 

仕方がないので、使える部分までグラインダーでカット。泣きながら…(_ _。)

左官コテDIY トホホ修正

だいぶ…小さくなりました。

左官コテDIY トホホ修正

ボコボコになってしまったコテ先をリューターで整形。

こんなに小さくて使えるんだろうか。。。

左官コテDIY トホホ修正

なんとか整形が完了して、紙やすりで面を整えます。

左官コテDIY トホホ修正

コテの組み立て

コテ先が完成(完成?)完成したので。

左官コテDIY 組み立て

丸棒の穴に差し込んで完成です。はい、完成です。

左官コテDIY 組み立て

出隅用コテです。

左官コテDIY 完成

左官コテDIY 完成

入隅用コテです。

左官コテDIY 完成

たぶん使える。うん、きっと使える。大丈夫、大丈夫…。。。

左官コテDIY 完成

製作を終えて

簡単な製作と思っていましたが、ロウ付けは奥が深いです。(薄板のロウ付けは難しいです。)

ロウ付けは徹底的に勉強して克服しようと思います。ロウ付けができると製作の幅が広がりますもん!頑張ります!

実際使ってみましたよ↓

【お助け出張DIY】最終回:外水道をリメイクしたい!ハイモル初挑戦と完成!の巻
外水道リメイクも最終作業です。難関はたくさんありましたが、この上塗りで全てが決まります。ある程度想像はできているんですが、実際の作業は手探りしながらですね。...

ロウ付けに関する基礎知識もご紹介↓

【DIY基礎知識】金属をロウ付けして接合する方法
金属同士を接合する方法は大きく分けて溶接、ロウ付け、ハンダ付けの3種類です。溶接は高強度ですが、高価な設備や危険なガスを用いて作業しますのでDIY向きではありま...

おすすめ?グッズ

パワー半端ないです。さすが業務用。

基本から学びましょう。学びます。はい。

合わせて読みたいオススメ記事

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

tsukuroもっとStudio Blog

PAGE TOP