【大工道具DIY】基本性能装備のトリマーテーブルを自作してみよう!

トリマーテーブルDIY

トリマーテーブルは、DIYにハマってくると欲しくなる大工道具です。しかし市販のテーブルは高価なのでとても手が出ません。

トリマーは治具を駆使すれば同等の仕上がりになりますが、DIY製作の効率化と正確さを考えてトリマーテーブルを自作する事にしました。今回は、大きさ600×350mmの脚なし基本作業タイプの作り方をご紹介します。

材料

  • シナベニア(9mm厚):600×450mm…2枚
  • ベニア合板(12mm厚):600×450mm…2枚
  • SPF2×2材:900mm…1本
  • ヒノキ棒:15×10×600mm…1本
  • コーススレッド(スリムタイプ):16mm、32mm
  • ステンレス直尺:2枚

※シナベニアとベニア合板は、曲がりや反りの無い部材を選んで下さい。

道具

  • 丸ノコ
  • トリマー
  • ジグソー
  • グラインダー
  • ドライバードリル
  • インパクトドライバー
  • 木工用ボアビット30mm
  • 5mmドリル 皿取錐(さらとりきり)
  • 差し金、メジャー
  • 接着剤:木工用ボンド、ボンドG17
  • クランプ各種
  • カンナ(細部の寸法微調整で使います。)
  • 金ヤスリ
  • ノミ各種
  • サンドペーパー#240
  • ロウソク

図面の作成

今回はテーブルの製作なので、寸法の精度が必要になります。図面上である程度使用する場面を考えながら検討します。

使っているCADソフトは、フリーソフトの「jw-cad」です。フリーソフトですが、高機能なCADソフトです。

CADで図面を作る

DIYレシピ

トリマーテーブル本体は、シナベニア9mm厚(上)とベニア合板12mm厚(下)を組合せて製作します。

トリマーテーブル製作部材

テーブル(上部)の製作

テーブル上部の製作

まずは、シナベニアの縦寸法を350mm幅にカットします。

シナベニアの縦寸法を350mm幅にカット

自作丸ノコガイドを使って真っ直ぐカットします。

自作丸ノコガイドを使って真っ直ぐカット

≪大工道具DIY≫簡単真っ直ぐ切断!丸ノコガイドを自作しよう!
丸ノコで真っ直ぐ切るために使用する便利道具「丸ノコガイド」。ベニアなど横幅や長さのあるものを真っ直ぐ切り出す時には、その長さに合った丸ノコガイドを用意する必...

トリマー取付位置は作業スペースを確保するため、シナベニアの中心から少し後ろにします。前から50mm下がった所の対角線上にトリマーを取り付けます。

対角線上にトリマー取付場所を作る

トリマービット用の穴は「木工用ボアビット30mm」を使い、一気に開けます。

木工用ボアビット30mm

木工用ボアビットは六角タイプなので、インパクトドライバーに装着して使います。

木工用ボアビットをインパクトドライバーに装着

真っ直ぐに掘り込んで行きます。結構、抵抗なくスムーズに掘れます。

真っ直ぐ掘り込む

30mmの穴が開きました。捨て板を下に敷く事を忘れずに!

捨て板を敷きましょう

【DIY必需品】インパクトドライバーの使い方&便利グッズをご紹介!
DIYにおいて、木材同士の接合にコーススレッド(目の粗い木ネジ)を使うことが主流になり、インパクトドライバーは欠かせないアイテムになりました。インパクトドライバ...

テーブル(下部)の製作

テーブル下部の製作

ベニア合板から350×250mmを2枚、100×70mmを1枚、100×130mmを1枚切り出します。

テーブル下部の部材

上記の画像を参考に、トリマーテーブル上部の部材(シナベニア9mm厚)に、ベニア合板300×250mmを木工用ボンドで接着しクランプで圧着します。

下部の部材接着

テーブル上部の部材に正確に重なるよう注意しましょう。

その他のベニア合板もクランプで圧着したら、コーススレッド16mmで固定していきます。

下部の部材をコーススレッドで固定

【DIY基礎知識】第3の腕!クランプの使い方と種類をご紹介
クランプはDIYにおいて、「木材を固定するために使う補助道具」です。一人で作業する場合は「第3の腕」として活躍します。 クランプを使うことで木材を安定的に固定し、...

テーブル裏の製作

トリマーテーブルはクランプで固定して使用します。そのためには立ち上がりが欲しいので、テーブルの裏に脚を付けます。

テーブル裏の製作

脚はSPF2×2材(900mm)を使用し、そこから600mmを1本、150mmを2本切り出します。

2×2材の切り出し

木工用ボンドで接着し、クランプで固定します。位置がズレないよう確実に圧着させます。

2×2材の接着

さらにテーブル自体の強度をアップさせるため、脚同士をベニア合板で固定していきます。

もう1枚のベニア合板(600×450mm)から、350×150mmを2枚切り出します。

ベニア合板の切り出し

それらを同じくボンドとクランプで圧着したら、コーススレッド32mmで固定します。

ベニア合板の固定

このとき、ビス頭が出ないように皿取錐(さらとりきり)を使って皿取り加工を行い、固定します。

ベニア合板の皿取り加工

※別作品の画像ですが、皿取り加工を行うと下記のような状態になります。

皿取り加工の例

トリマー取付部分の製作

トリマー取付部分の製作

トリマーのベースプレートを本体から外し、穴の位置に印を付けます。

ベースプレートの穴の位置に印付け

その印の部分に、5mmのドリルでビス用の穴を開けます。

5mmドリルでビス用の穴あけ

インパクトドライバーに皿取錐(さらとりきり)を取り付け、皿取り加工を行います。(こちらもビス頭が飛び出ないように処理を行います。)

皿取り加工

皿取り加工が完了しました。ビス頭がしっかり収まるか、ビスを入れて確認をしましょう。

ビス頭が出ていないか確認をする

トリマーテーブル本体の大まかな製作が完了しました。

トリマーテーブル本体の製作が完了

直尺の取り付け&レール加工

ガイド位置の目安となる直尺(ちょくしゃく)埋め込み用と、ガイドレール用の溝掘りを行います。

直尺&レールの加工

直尺の加工&墨付け

まず、直尺の長さを決めます。今回は300mmの直尺のうち250mmまでを使いたいと思います。

直尺の長さ決め

グラインダーを使って、250mmのラインで直尺をカットします。

直尺のカット

カットが完了しました。直尺のカット面をヤスリで整えます。

直尺切断面を整える

今回、左右2ヶ所に直尺を取り付けるため、寸法が同じになるよう直尺を置いて墨付けをします。

直尺の墨付け

レールの墨付け

次にレールの墨付けを行います。トリマーテーブルの両端から150mmの位置にレールラインを引きます。そのラインから15mm幅にラインを引き、レールの墨付けが完了です。

レールの墨付け

続いては、墨付けした部分をトリマーで溝掘りしていきます。トリマービットのビット出幅は直尺用は1mm、レールは10mmに調整します。

トリマービットの出幅調整

まずはレール部分から溝掘りを始めます。レール溝ラインから40mmの所に、トリマー用のガイドフェンスを設置します。

溝掘りは1回で行わず、2本の溝を1つに合体させて仕上げていきます。

レールの溝掘り1

曲がりのない製材(or端材)をガイドフェンスとして使用して下さい。

レールの左側の切削が完了しました。右側も同様にガイドフェンスを設置して溝掘りをします。

レールの溝掘り2

レールと同様に、直尺用も深さ1mmの溝を掘ります。トリマーを使用すると角が丸くなるので、ノミを使い直角に掘ります。

直尺の溝掘り

サンドペーパー#240で角を整え、レール溝と直尺用の溝加工が完了しました。

溝掘り完了

ボンドG17で直尺を貼り付けます。

直尺の貼り付け

トリマーガイドの製作

トリマーガイドの製作

トリマーガイド本体は、もう1枚のシナベニア(9mm厚)を長さ520mmで、幅100mm、90mm、110mmの3種類にカットして製作します。

トリマーガイドの部材

幅100mmと90mmは厚みを増すために使います。(12mm厚以上であれば1枚板でも大丈夫です。)

幅100mmと90mmを木工用ボンドで貼り付けます。

ボンドで貼り付ける

そして、クランプでしっかりと圧着します。乾燥したら、コーススレッド16mmで8ヶ所を固定します。

コーススレッドで固定

ガイドの支え材として、70×70mm(シナベニア合板9mm厚)を4枚用意します。
さらに、ガイドにトリマービット用の切り欠き40×40mmを墨付けます。

支え材と切り欠き

墨付けの角を5mmドリルで穴あけします。

5mmドリルで穴あけ

そして、ジグソーで墨線に沿ってカットしていきます。

ジグソーでカット

カットが完了したら、サンドペーパーやヤスリを使って切断面を整えます。

サンドペーパーで切断面を整える

≪DIY必需品≫曲線切り&ホゾ穴加工も可能なジグソーの使い方
直線切りには丸ノコやスライド丸ノコが活躍しますが、曲面を切ることはできません。曲面を切りたい場合は『ジグソー』の登場です!ブレードと呼ばれる刃を交換する事で...

幅110mmのシナベニア合板上に、垂直になるよう2枚重ねにした板と支え材を接着します。直角を確認しながら固定しましょう。

ガイドの組み立て

ガイド本体にレール用のヒノキ材(15×10×200mm…2本)を接着します。

レールの接着

ヒノキ材をレール溝に入れ、木工用ボンドを付けガイド本体を乗せて接着すると作業がしやすいです。

木工用ボンドが乾燥する前に、直角や寸法を確認し微調整します。

レール材の微調整

レール溝にロウソクを塗り、滑りを良くします。

レール溝にロウソクを擦り付ける

完成

トリマーテーブルが完成しました!結構工程が多かったですが、基本性能のみのシンプルなテーブルが出来上がりました。

トリマーテーブルの完成

ガイド本体の裏側ショットはこんな感じです↓

トリマーテーブルの裏ショット

動作テスト

完成したトリマーテーブルをテストします。作業台のウマにクランプでしっかり固定します。

動作テスト1:クランプで固定

トリマーのベースプレートを取り外し、トリマーテーブルにM4 15mm皿ビスで取り付けます。

動作テスト2:ベースプレートの取付

裏側から見るとこんな装着状態です。

ベースプレート装着状態

直尺の目盛りを目安にガイドの位置を調整します。念のため、差し金で直角と寸法を確認します。位置が決まったらクランプでガイドを固定します。

動作テスト3:ガイドの位置を調整

スイッチを入れて切削スタート!!

切削スタート

ストレスなくトリマー加工ができました。

トリマー加工の完了

ガイドの裏側は切削カスが…。(集塵機能を追加したいですね。)

切削カスがすごい

応用編

その他製材をストッパーとして固定すると、切削幅を固定することもできます。

応用1:ストッパー材で切削幅を固定

また、部材押さえを付ける事で部材の浮きを防止する事も出来ます。

応用2:部材押さえで浮き防止

製作を終えて

トリマーテーブルを製作するとき重要なのは、精度を可能な限り高めて、正確な寸法を大切にする事です。特に「直角と平行」に重点を置きましょう。微調整や確認を何度も行いながら行うため製作時間は掛かりますが、完成したトリマーテーブルは今後のDIYにおいて大活躍する道具になることは間違いありません。

今後はさらに機能を加えて、高機能トリマーテーブルの改造と改良もしていきたいと思います。次回もお楽しみに!

おすすめ商品

リョービ製のトリマーは、基本性能がしっかりしています。

15mm以上の穴加工に便利な5本セットです。

皿取錐(さらとりきり)は、下穴と皿取りやダボ穴加工ができる便利工具です。

トリマー記事一覧

合わせて読みたいオススメ記事

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

関連記事

  1. アンティーク風パンチングボード(有孔ボード)DIYサムネイル

    ≪インテリアDIY≫アンティーク風パンチングボードを作ろう♪

  2. 丸ノコガイドサムネイル

    ≪大工道具DIY≫簡単真っ直ぐ切断!丸ノコガイドを自作しよう!

  3. 【DIY初心者向入門】キーボード収納型パソコンモニター台を自作しよう!…

  4. ウッドサインボードDIYサムネイル

    【無料ダウンロード】100均DIY★ウッドサインボード(木製看板)の作…

  5. 【木箱DIY】セリア&ダイソーのガラスタイルで木箱をリメイクデコ♪

  6. 【木箱DIY】自然派素材(木箱)で鮮度を保つ!ツーバイ材で野菜ストッカ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP