【焼印DIY】真鍮ブロックを使って焼印を自作しよう!

焼印
オリジナルの家具を作ると『焼印』を押して、ステンシルとは違うテイストを楽しんでみたくなります。業者さんに焼印製作を頼むのも良いですが、そこはtsukuroもっと。真鍮ブロックをひたすら削って、オリジナルの焼印を作ります!

材料

焼印DIY 真鍮ブロック

  • 真鍮角柱:50×20mm(1,400円前後)
  • 五寸釘

※真鍮ブロックはAmazonで購入しました。

道具

  • グラインダー&金属切削用ディスク
  • 保護メガネ
  • マスク
  • ペンチ
  • ダイヤモンドやすり
  • 焼印デザインを印刷したコピー用紙
  • カッターナイフ
  • ステックのり
  • サンドペーパー#600
  • リューター(ダイヤモンドビット)
  • マイクロドリル:1.0mm、0.8mm
  • インパクトドライバー
  • 鉄用ドリル:5.2mm
  • 金づち
  • ガス管バーナー(焼印用)

DIYレシピ

真鍮ブロックのカット

真鍮ブロックは50×20mmと少し大きいので、グランンダーを使って半分にカットします。

焼印DIY 真鍮カット3

グラインダーの切削作業は、保護メガネやマスクをつけて作業しましょう。真鍮はとても熱くなるので、ペンチで固定しながら切削します。

焼印DIY 真鍮カット4

2分割が完了しました。

焼印DIY 真鍮カット5

型紙の貼り付け

今回は『tukuroもっと』のロゴを焼印にします。焼印にする場合は、印鑑を作るときと同じようにロゴを反転して印刷します。印刷したものをカットして、真鍮に置いてバランスを見ます。

焼印DIY デザイン

配置が決まったら、真鍮に下書き線を入れるため、ロゴの紙をのり付けします。

焼印DIY デザイン2

のりが乾いたら、カッターナイフでロゴの輪郭をケガキします。(カッターの線を元に、文字を浮き彫りにします。)

焼印DIY デザイン3

ケガキが完了しました。のり付けした紙を取り、のりを洗い落とします。そして、ケガキに合わせて油性ペンで文字を塗りつぶし、塗り彫り込む準備をします。

焼印DIY デザイン5

文字の浮き彫り

文字の浮き彫りにはミニリューターとビットセット、マイクロドリルを使います。

焼印DIY 切削1

最初にハイス鋼ビットで荒削りを行い、大きさの違うダイヤモンドビットを使い分けながら細部を彫り込みます。

焼印DIY 切削2

大まかに文字の輪郭が彫れたら、マイクロドリルで『O』の中など荒削りできなかった部分に穴を開けます。

焼印DIY 切削3

ドリルで開けた穴を手掛かりに、細いダイヤモンドビットで彫り込みます。

焼印DIY 切削4

広い切削面は、大きめのドリルで大まかに彫り込み、ビットで整えます。

焼印DIY 切削5

ここからは納得がいくまで、ひたすらビットを変えながら彫り込みます。

焼印DIY 切削6

文字の間はダイヤモンドカッター(溝掘り用ビット)で彫り込みます。周りの残す部分まで削らないように注意しながら進めます。

焼印DIY 切削7

深く彫り込む箇所は、ハイス鋼ビットの方が効率よく削れます。

焼印DIY 切削8

荒削りでこの量の削りカスです。

焼印DIY 切削9

さらに仕上げの彫り込みを行います。

彫り込みの途中で文字部分が傷ついた場合は、#600紙ヤスリで文字表面を整えます。

焼印DIY 切削10

文字の表面が整いました。文字の輪郭が見やすくなり、文字を整えやすくなりました。ここからさらに仕上げていきます。

焼印DIY 切削11

もっと深く彫り込んだ方が良さそうだったので、さらに文字を浮き立たせるため、2mmほど深く彫り込みました。

焼印DIY 切削12

文字の彫り込みが完了しました。ここまでに要した時間は約8時間。。。

焼印DIY 切削13

焼印に柄を付ける

焼印は、バーナーで印を熱してから刻印します。キレイに焼印を仕上げるためには柄があった方が便利です。(ペンチを使用すると、ペンチが劣化してしまいます。)

そこで五寸釘を焼印に取り付けて柄にすることにしました。

焼印DIY 製作1

五寸釘の先端はいらないので、グラインダーで適当な長さにカットします。

焼印DIY 製作2

焼印裏側に穴あけをします。中心に柄を取り付けるために、対角線から中心点(交点)を割り出します。

焼印DIY 製作3

今回はインパクトドライバーに鉄用ドリルビットを付けて穴を開けます。ドリルは五寸釘と同じ径5.2mmを使用しました。(キツめの5.0mmでも良いと思います。)

焼印DIY 製作4

穴あけはなるべく真っ直ぐになるように掘り、10mmの穴を開けました。

焼印DIY 製作5

ドリルがブレると、穴が広がってしまうので注意しましょう。

 

穴あけが完了しました。

焼印DIY 製作6

釘をしっかりと打ち込みます。打ち込む時は、文字が潰れないように焼印部分を手で持って、金づちで打ち込みます。

焼印DIY 製作7

焼印テスト

焼印が完成したのでテストします。

焼印を熱するときは、カセットコンロ用ボンベにバーナーを取り付けて使います。釘部分も熱くなるのでペンチで持ちながら熱します。

焼印DIY テスト1

バーナーの火力は強めにして、長めに熱します。十分に熱したかどうかの確認用に、木材を用意しテストします。(最初の加熱は5分以上かかります。)

焼印DIY テスト2

テスト焼印終了!なかなかキレイにできていますね。

焼印DIY テスト3

焼印のアップ。いいですね!!

焼印DIY テスト4

製作を終えて

焼印の彫り込みは、根気と目の限界の戦いでした。とにかく目が疲れます!

ビットが暴れて文字部分を傷付けたり、削りすぎたりと細いトラブルもありましたが、何とか上手く対応できました。これからの作品にはこの焼印を押していきたいと思います。

製作はとにかく大変でしたが、ステンシルと違ったテイストは大満足です。根気と目の限界に挑戦した甲斐はありましたね。

合わせて読みたいオススメ記事

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

関連記事

  1. 【アクセサリーDIY】プレゼントにも◎アートクレイシルバーでネックレス…

  2. セリアのアクリル絵の具でヴィンテージ加工サムネイル

    ≪100均DIY≫セリアのアクリル絵の具de簡単ヴィンテージ加工をマス…

  3. マニッシュ端材テーブルDIY top

    【家具DIY】マニッシュな端材リビングテーブルを作ろう。

  4. 【アクセサリーDIY】アートクレイシルバーで自宅で簡単にマサイリングを…

  5. 【家具DIY】アンティーク風木製ハンガースタンドの作り方/図面あり

  6. ポンポンマットDIYサムネイル

    【100均DIY】素足に心地よい♪サマーカラーの毛糸でポンポンマットを…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP