100均ボトルキャンドル

【100均キャンドル】超簡単!seria100均キャンドルでボトルキャンドルを作る!

DIYと言う程の製作記ではありませんが。。(笑)

セリアさんで販売していたボトルキャンドルを最近見かけません。キャンプでキャンドルの灯りはとても落ち着いて良い雰囲気になります。

(キャンドルランタンはカッコいいですが、コスト的に。。。)

色々探したのですが見つからないので、オール100均(セリア)を使ってボトルキャンドルにリメイクします。

リメイクレシピ

ボトルキャンドルの材料

  • ティーライトキャンドル12P(セリア)
  •  六角ボトル(セリア)

ボトルキャンドルの道具

  • ステンレスカップ(セリア)
  • 湯せん用鍋など(セリア)
  • ピンセット
  • ペンチ

材料の解説

キャンプで使うとなるとコンパクトさも重要です。

コンパクトなガラス瓶もセリアで探しました。耐熱ではないですが、ロウソクの火とアウトドア用とすると問題ないかなと思います。

※製作使用は自己責任にてお願いします。

motto
前回のキャンプで無理やり押し込んで使いましたが問題ありませんでした。

100均ボトルキャンドル01

湯せん開始!

キャンドルを湯煎して溶かします。

鍋に水を入れて沸騰させます。

motto
奥様に内緒で作業する場合は汚さない様にカバーしましょう。アルミホイルを敷くと楽ですね!

掃除は大変ですよ!

100均ボトルキャンドル02

キャンドルを投入してキャンドルを溶かす

これまたセリアで購入したシエラカップ(柄が取れたので)を浮かべてキャンドルを投入します。

ティーライトキャンドル12Pはカップが簡単に外れました。

以前買ったカラーキャンドルは割らなと取れませんでしたが。

今回購入したボトルには2個がベストな量です。

100均ボトルキャンドル03

徐々に溶けてきましたね。

火を掛けて沸騰させたままだと、カップにお湯が入るので注意です。

100均ボトルキャンドル04

時間を掛けてゆっくり溶かします。

100均ボトルキャンドル05

キャンドルの芯を取る

完全に溶けたら、そっと芯を引き上げます。

motto
たまに芯が抜けてしまいますがニコイチなので。

大丈夫!

100均ボトルキャンドル06

ボトルに芯を貼り付ける

熱いうちにボトルの底に貼り付けます。

100均ボトルキャンドル07

溶かしたロウソクをボトルに入れる

芯が固定できたら、溶けたロウソクを流し込みます。

100均ボトルキャンドル08

キャンドルの芯台が埋まるくらいで一旦ストップ。

固まるのを待ちます。

100均ボトルキャンドル09

芯が真っすぐで固定できたら、二度目を投入。

motto
保冷剤を敷いて急冷を期待しましたが。。微妙。。

100均ボトルキャンドル10

芯を1cmほど残して完了です。

ちょうど2個分のキャンドルで半分くらい。

100均ボトルキャンドル11

水平に保って固まるまで放置。

冷蔵庫だと早いですね。

ボトルキャンドルへのリメイク完了!

溶かして入れ替えるだけの簡単なリメイクですが。。

効果は絶大なんです。

100均ボトルキャンドル12

点灯してみました。

ボトルと反射して幻想的に!

100均ボトルキャンドル13

最後に、コンロの周りに落ちたロウを除去しましょう。

鍋とカップはボトルキャンドル製作用にした方が良いですね。

製作を終えて

ボトルキャンドルにすると多少の風でも消えません。アウトドアのキャンドルとしては最適でコストパフォーマンスは高いですね。

元々の燃焼時間3〜4時間ですが、2倍とは行かなくても5〜6時間は大丈夫かなと思います。

芯が持つかは次回のキャンプで試してみます!

キャンプで使うと幻想的に!

ティーライトキャンドルを無理やりボトルに入れただけでもいい感じでした!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

© 2020 DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと DIY Design Studio