リメイクシート

【DIY賃貸】100均リメイクシート120%活用術&注意事項を徹底解説!

既存のアイテムを簡単にリメイクできる100均のリメイクシート(カッティングシート)。手軽な上にいろんなデザインがあり、DIY創作意欲を掻き立ててくれます。しかし、実際に使用してみて「良いところ」「悪いところ」があることに気づきました。

今回は私自身が様々なリメイクDIYを行ってきた中で、良い点、そして気づいた点や注意すべき点をご紹介したいと思います。

【SPONSORED LINK】

リメイクシート(カッティングシート)とは?

リメイクシートとは、ダイソーやセリアなどの100円ショップで販売されているDIYグッズで、既存の物に貼るだけで簡単にイメージチェンジができるシール上のシートです。

賃貸DIYや家具のリメイクなどによく使用されています。
裏には目盛りや使用方法が英語で書かれていますが、自分でしっかり計測してから切ったほうが安心です。(とくに横幅が合っていないときがあります。)

カッティング(リメイク)シートの裏

ロール状になっているものは、作業をする前に反対側に巻いて丸みを取ってから使いましょう。

玄関収納リメイク カッティング(リメイク)シートの丸みを取る

デザインが豊富

リメイクシートはデザインが豊富で、お店ごとに様々な種類が販売されています。木目やレンガ、コンクリート、布、麻などいろいろあります。
ダイソーとセリアを例に挙げそれぞれを比べてみると、個人的にはダイソーの方がデザインの質が良いと思います。(デザインにもよりますが、セリアは画質が悪いように思います。)

サイズ展開

サイズもいろいろあり、用途によって使い分けができます。

広範囲にオススメ

広範囲をリメイクするのにオススメなのが、45×90cmのものです。(私はよくこのサイズを使用しています。ダイソー産)

カッティング(リメイク)シート45×90cmタイプ
PVCコーティング加工で強度があり、傷にも強く長持ちする80×30cmタイプです。(ダイソー産)

カッティング(リメイク)シート80×30cmタイプ

手触りはザラザラしていて、印刷特有のテカリが少ないように感じます。

カッティング(リメイク)シート80×30cmタイプの手触り

狭い範囲にオススメ

狭い範囲や細く長いものをリメイクしたい場合には、こちらのテープ状のものがオススメです。(セリア産:貼ってはがせるウォールラインステッカー)

カッティング(リメイク)シートテープタイプ

リメイクシート製作実例のご紹介

リメイクシートでいろんなDIYを楽しむことができます。一つずつご紹介していきます。

カウンター壁のプチリノベーション

こちらはダイソーとセリアの商品をコラボさせた作品です。下部をセリアのコンクリート柄、全面をダイソーの濃い木目柄でデザインしました。
真っ直ぐ貼るだけなので、比較的簡単に作業ができました。

プチリノベーションの完成

玄関収納のリメイク

暗い賃貸の玄関を明るくしたいと思い、セリアの白い木目柄で玄関収納をナチュラル系にリメイクしました。

玄関収納リメイク 完成2

扉を外して貼る方法と、扉を外さないで貼る方法の2種類をご紹介しています。

IKEAワゴンのリメイク

工具を収納するために購入したIKEAのRASKOGワゴンを、ブルックリン風にリメイクしました。ダイソーの濃い目の木目柄を使用しています。

IKEAワゴンリメイク 工具収納

鉄と木目のコラボがとっても気に入っています♪(別名「男前インテリア」ですね)

ダンボールリメイク

こちらはレシピがないのですが、ダンボールの箱が収納に使えそうだったので、セリアの木目柄でリメイクしました。

カッティング(リメイク)シートで段ボールを変身1

最初は簡単だろうと思い作業を始めましたが、ダンボールは角が丸くなっていて、表面がボコボコしているため、空気が入ったりシワが寄ったりと思った以上に苦戦しました!

カッティング(リメイク)シートで段ボールを変身2

シートでグルっと一巻きにするのではなく、側面と底面の計5面分のシートをそれぞれ切り出し、貼り付けたほうが上手くいくようです。(ちなみにヨガマット入れです。)

【SPONSORED LINK】

続きを読む
1 / 2