セリアビンテージ塗装

セリアのアクリル絵の具で簡単ヴィンテージ加工をご紹介!

一般的にアクリル絵の具と言うと「色を塗る」というイメージが強いですが、実は部分的なヴィンテージ加工(サビ加工)も出来ちゃう優れものなんです!

今回は100均セリアのアクリル絵の具、イエローオーカーとローアンバーを使って、簡単にヴィンテージ加工ができる小技をご紹介します。
布を使って塗布していくので、DIY初心者さんでも簡単にできますよ♪

材料

ヴィンテージ加工の材料

  • ブリキトレー(セリア)
  • アクリル絵の具:イエローオーカー、ローアンバー(セリア)
  • ミッチャクロン

道具

  • 新聞紙

ビンテージ加工

まずはしっかりティッシュでホコリを取り除きましょう。この一手間がとっても大切!

ホコリを拭き取りましょう

下地処理

ブリキのトレーにアクリル絵の具を塗布するため、下地処理として「ミッチャクロン」を吹き付けます。

ミッチャクロンを吹き付けます

通常、金属やプラスチックはそのまま着色すると塗料をはじいたり、色が上手く乗りません。
しかし、ミッチャクロンを使うことでどんな物でも着色ができるようになります。

しかし、このような下地処理剤は100均では販売されていません。
ですので、このミッチャクロンだけはホームセンターで購入することをオススメします。

イエローオーカーの塗布

ミッチャクロンが乾いたら、早速ヴィンテージ加工を行いたいと思います。

イエローオーカーとローアンバーを使います

まずは、アクリル絵の具をごく少量の水で溶きます。(ほんとに少量です。)
よく混ぜて馴染ませて下さい。

少量の水で溶きます

イエローオーカーを布に取り、新聞紙に数回バウンドさせ、余分な量を取ります。

新聞紙に数回バウンドさせます

まずは、全体に色付けするイメージでポンポンと塗布していきます。

全体にポンポン塗布します

中も同じようにポンポンしましょう。

中も同じように塗布します

全体の塗布が完了しました。

全体に色が付きました

さらに、凸凹したところや繋ぎ目の部分を強調させていきます。強調させたいところは模様の部分と…

模様部分を強調させます

取手の繋ぎ目の部分です。濃い目に色を乗せましょう。

繋ぎ目も強調させます

イエローオーカーの塗布が完了しました。

イエローオーカーの処理が完了

ローアンバーの塗布

次はローアンバーを使用して濃いサビを表現していきます。

ローアンバーを塗布します

同じように布に取り、新聞紙に数回バウンドさせます。

新聞紙にバウンドさせます

ローアンバーを乗せる場所は、フチと凸凹部分です。下からブワッとサビが発生しているイメージで、フチに濃い目に色を乗せていきます。

フチに塗布します

さらに、模様部分と取手の繋ぎ目に濃く色を乗せていきます。

模様部分を強調させます
繋ぎ目も濃い目に色を乗せます

完成

ヴィンテージ加工が完了しました!簡単でしたね♪

ヴィンテージ加工完了

ヴィンテージ加工をするだけで、雑貨もオシャレに飾れます。

雑貨を飾ってみました

まとめ

セリアのアクリル絵の具は、赤や青といった原色が販売されています。その中で、イエローオーカーとローアンバーだけは同じシリーズの中から同系色で販売されていました。

どうして似たような茶系が同じシリーズから出てるのかな?」そんな疑問から、「あ…もしかしたら、この2色で何かできるんじゃない?」とひらめき、今回のヴィンテージ加工に行き着きました。(サビ加工できます!という意図で販売されていたかどうかは不明ですが…(笑))

ミッチャクロンのような下地処理剤も100均で販売されればいいのに…。それだけがちょっと心残りです(^_^;)

工程もとっても簡単で、あっと今に作業が終了します。時間のない方でも、気軽に楽しめるDIYだと思います。ぜひお試しください♪

オススメ商品

ミッチャクロンはマルチに活躍する超優秀なアイテムです!一家に1本!(笑)