2100カウンター

【棚DIY】ダボ接合で2100mmの長いカウンターシェルフを作ろう!

キッチンの後ろ側にカウンターが欲しいなと思い、レンガ調の壁紙に木目が映えるカウンターを作ることにしました。

通常のカウンターは板厚が36mm以上の硬い木を使用しますが、とても高価でなかなか手が出せません。ということで、SPFワンバイ材と頑丈な棚受けを使って雰囲気の良いカウンターシェルフをDIYしたいと思います。少し長めの棚を作りたいなという時に、参考にできるレシピだと思います。

【SPONSORED LINK】

カウンターシェルフの材料

  • SPF1×10材:2100mm…2枚
  • ひのきコーナ材:900mm…3本
  • 6mmダボ
  • 木工パテ
  • 三角棚受け…4個
  • コーススレッド:65mm

カウンターシェルフの道具

  • 丸ノコ
  • インパクトドライバー
  • ドリルアタッチメント(ドリル6mm)
  • 6mmダボマーカー
  • クランプ各種
  • メジャー
  • 差し金
  • マスキングテープ
  • サンドペーパー#100、#240
  • 木工用ボンド
  • カンナ
  • ブライワックス(ジャコビアン)

DIYレシピ

カウンター部材の角処理

SPF材は角がR加工されています。そのまま残しても良いですが、今回は一枚板風に仕上げるため、最初にR加工されている部分を1〜2mm程丸ノコで落とし、直角面を作ります。

2100カウンターDIY R加工の切り落とし

丸ノコは、SPF材の板厚から2〜5mm刃が出る状態に調整します。

2100カウンターDIY 丸ノコ刃の出幅調整

購入時のSPF1×10材は、板幅が234mmでした。(ホームセンター、販売店により多少誤差があります。)

2100カウンターDIY SPF購入時の板幅

角を直角にすることによって、幅が231mmになりました。

2100カウンターDIY R加工処理SPF材のR加工処理

カウンター板のダボ接合

R加工処理が完了したSPF1×10材2枚を、ダボ接合で1枚板に加工します。

2100カウンターDIY ダボ接合1

2100mmもの長い板となるとダボは6ヶ所欲しいところですが、ダボマーカーは4個セットなので、板の両端10mm端から900mmの位置にダボを打ちます。

2100カウンターDIY ダボ接合2

SPF材の板厚19mmの半分9.5mmに印を墨付けます。

2100カウンターDIY ダボ接合3

ダボの墨付け位置に、6mmドリルで深さ15mmの穴を開けます。

2100カウンターDIY ダボ接合4

墨付け印にドリルの先を確実に当ててから、真っ直ぐになるように注意しながらダボ穴を開けていきます。

2100カウンターDIY ダボ接合5

片側のダボ穴開けが完了しました。この穴にダボマーカーをセットして、もう一枚の板にダボ穴位置を写します。

2100カウンターDIY ダボ接合6

ダボ穴に6mmダボマーカーをセットし、もう一枚のSPF板を合わせて押し付けます。

2100カウンターDIY ダボ接合7

すると、もう一枚の板にダボ穴位置が写せます。しかし、板に曲りや反りがある場合は、板厚の半分の位置にマーキングされません。そのときは、差し金で9.5mmの位置を墨付け直してから、6mmドリルでダボ穴を開けます。

2100カウンターDIY ダボ接合8

ダボ穴に木工用ボンドを入れてダボを打ち込みます。

2100カウンターDIY ダボ接合9

板の部分にも木工用ボンドを付けます。

反対側のダボ穴にも木工用ボンドを入れます。ダボは木工用ボンドの水分で膨らみ、強固に接合できる仕組みです。

2100カウンターDIY ダボ接合11

板同士を貼り合わせたら、900mmのレバークランプで3ヶ所締め付けます。この時に板同士のズレを修正し、必要に応じてクランプなどを使って押さえつけましょう。(ここでの修正が、その後の段差修正を楽にします。)

2100カウンターDIY ダボ接合 クランプ止め

クランプはDIYにおいて、「木材を固定するために使う補助道具」です。一人で作業する場合は「第3の腕」として活躍します。 クランプを使うことで木材を安定的に固定し、...

木工用ボンドが乾いたら、クランプを外し接合状況を確認しましょう。

2100カウンターDIY ダボ接合完了

木材同士の接合方法はたくさんありますが、今回は「ダボ」を使った方法をご紹介します。板を何枚か合わせてテーブルの天板にする時など、ダボを使って接合すると強度が...

【SPONSORED LINK】

続きを読む
1 / 2