100均DIYから本格家具DIY、工具の使い方やテクニックまでDIYレシピとDIY情報を配信中!

DIYレシピ情報サイト |  tsukuroもっと DIY Design Studio

現在、サイト全体のサービス向上リニューアル作業中です! 作業進捗65%!

スライド卓上丸ノコテーブル

卓上スライド丸ノコ作業に最適な作業テーブルの作り方をご紹介!

更新日:

今まで青空DIYスタジオだったのですが、DIYガレージ(DIY工房)を製作したので室内用の卓上スライド丸ノコを主に使うテーブルを製作しました。テーブルのサイズは卓上スライド丸ノコの作業サイズにより変わります。

現在所有している卓上スライド丸ノコはコンパプトタイプでは無いので、奥行きも700mm必要です。DIY工房も限られたスペースの中で作業となる事と、屋外でも使う予定なのでテーブルに固定しない移動できるタイプにしました。

卓上スライド丸ノコテーブルの材料

  • ホワイトウッド 150×30 1800 6本
  • シナベニア 9mm厚 600×910 2枚
  • コーススレッド 65mm、45mm、30mm
  • 端材(棚製作等)

卓上スライド丸ノコテーブル製作の道具

  • 卓上スライド丸ノコ・丸ノコ
  • インパクトドライバー
  • 水平器
  • 丸ノコガイド

卓上スライド丸ノコの製作

卓上スラード丸ノコサイズ
・高さ 640mm 作業高さ710mm(卓上スライド丸ノコ高さ70mm)
・幅 1700mm
・奥行き 700mm
(所有している卓上スライド丸ノコによります。)

テーブル骨組みの製作

今回のテーブル構造は、奥をDIYガレージの柱を活用して手前はテーブルに柱を設置する方法にしました。

卓上スライド丸ノコ+長尺木材の重さに耐えるシッカリとした骨組みが必要です。

卓上スライド丸ノコテーブルDIY テーブル骨組み製作1

作業高さは好みの高さに設定して良いと思います。

ただし、卓上スライド丸ノコの高さは考慮して高さを設定する必要があります。

卓上スライド丸ノコテーブルDIY テーブル骨組み製作2

DIY工房の柱の間隔を基準に木材をカットしていきます。

卓上スライド丸ノコテーブルDIY テーブル骨組み製作3

山型のフレームを製作して骨組みにします。

卓上スライド丸ノコテーブルDIY テーブル骨組み製作4

山型フレームの上には直接、天板(ベニア合板)を取り付けるので段差ができない様に固定していきます。固定には65mmの皿取り錐で下穴を開けて、コーススレッド65mmを2箇所づつ固定していきます。

卓上スライド丸ノコテーブルDIY テーブル骨組み製作5

山型フレームの完成です。今回は同じ様に、コ型フレーム1セット製作。

卓上スライド丸ノコテーブルDIY テーブル骨組み製作6

取り付け柱に設定した高さに印を付けて、水平器で確認しながら固定していきます。
(テーブル高さ ー ベニア合板9mm = フレーム取り付け高さ)

卓上スライド丸ノコテーブルDIY テーブル骨組み製作7

コ型フレームも山型フレームとコ型フレームの水平、傾きを確認しながら固定していきます。

卓上スライド丸ノコテーブルDIY テーブル骨組み製作8

2つのフレームが固定できたら、前面のフレーム用木材(今回は1700mm)を取り付けます。

ポイント

フレームと前面木材に段差が出来ない様に、接合部をクランプで挟んで固定します。

卓上スライド丸ノコテーブルDIY テーブル骨組み製作9

フレームの固定は全ての基準となるので、測定しながら正確に。

卓上スライド丸ノコ作業位置の確認

基本フレームが出来たのでフレーム前面に柱を追加して固定。

ここで、卓上スライド丸ノコを置いてみて位置を確認します。重量が掛かる場所にフレーム補強を考えます。

卓上スライド丸ノコテーブルDIY テーブル 位置の確認

卓上スライド丸ノコから以前製作したトリマーテーブルも作業できる様にフレーム補強の組み方を考えます。更にベニア合板の接合部も木材を追加してビスが打てる様に。

卓上スライド丸ノコテーブルDIY 位置の確認2

トリマーテーブルでも長尺木材を加工するかなと思います。そこで、卓上スライド丸ノコとトリマーテーブルの作業位置は同じにしました。

トリマーテーブル作業時は右側の奥にスライド丸ノコを置くと仮定。その位置にも補強を追加。

卓上スライド丸ノコテーブルDIY テーブル骨組み製作10

トリマーテーブルを使う場合はトリマー本体が当たる為、天板のベニアを一部外せる様にする必要があります。分割する天板位置にもフレーム補強を追加します。

作業天板の製作

ベニア合板を必要なサイズで丸ノコと丸ノコガイドを使いカット。

卓上スライド丸ノコテーブルDIY 天板の製作1

天板の取り付けが完了しました。

ベニア合板の固定には下穴を開けてから、コーススレッド30mmで固定。

卓上スライド丸ノコテーブルDIY テーブル天板の製作2

トリマーテーブル使用時の設定

トリマー使用時には、ベニア天板の一部を外してトリマーテーブルを置きます。

卓上スライド丸ノコテーブルDIY トリマー用の機能1

天板の一部を外しているので、下から取り付けたトリマー本体も当たりません。

卓上スライド丸ノコテーブルDIY テーブルトリマー設置イメージ

卓上スライド丸ノコの『切削木屑飛散問題』がありますね。スライド丸ノコは周囲に木屑を撒き散らす厄介な一面も。

木屑が拡散しない様に、板を立てようと思います。

卓上スライド丸ノコテーブルDIY テーブル完成1

卓上スライド丸ノコテーブルの完成

様々なDIYerの卓上スライド丸ノコテーブルでは、木屑飛散防止の為に箱型の集塵機能を製作されています。45度カットも多用する為、固定しない方法を選択しました。主にどの様な木工作業を行うか、作業スペースとの関係はどうかで作業テーブルの作り方は変わりますね。

と言う事で、位置を変えれる様に木屑飛散防止用として、板を二枚設置。当面はコレで様子をみます。

卓上スライド丸ノコテーブルDIY テーブル完成2

製作を終えて

卓上スライド丸ノコのサイズや機能によってテーブルサイズは変わります。更にどの長さの木材をメインで切るのかによって、移動式か固定式かテーブル形式も変わります。ある程度は現物あわせも必要かと思いますね。

後は集塵機能を追加すれば、本当の意味で完成です

おすすめグッズ

室内作業用にはコンパクトな卓上スライド丸ノコが場所を選ばず便利!


切れる板幅が大きいタイプはウッドデッキ製作でも重宝します!

テーブル製作にも水平器は大活躍!

NEW POST

Copyright© DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと DIY Design Studio , 2019 All Rights Reserved.