【テーブルDIY】ALLツーバイ材で無骨な男前テーブルを作ろう/図面あり

otokomae_title2
リビングのテーブルをカッコイイ無骨なテーブルにしたいなと思い、天板はウォルナット、脚を黒で塗装した男前テーブルを考えてみました。

もっと無骨にするには水道管や鉄脚を組んだ方がカッコイイんですが、今回は木工のみ、しかもALLツーバイ材だけで製作したテーブルをご紹介します。

材料

  • 2×4材:910mm…5本
  • 2×2材:910mm…3本
  • 1×2材:910mm…5本
  • コーススレッド:30mm、50mm
  • 下塗り用塗料:ガードラック(マホガニー)
  • 着色用塗料:ジェルカラーニス(ウォルナット、ブラック)

道具

  • 丸ノコ&丸ノコ定規
  • インパクトドライバー
  • 電動ドライバードリル&ドリルガイド
  • クランプ各種
  • アサリなしノコギリ
  • 差し金
  • シャーペン
  • ノミ
  • 金づち
  • サンドペーパー#400

DIYレシピ

脚部の加工

最初に脚の製作を行います。脚は2×2材と1×2材の組み合わせで2セット作ります。

IMG_3600

切り出す部材
2×2材 332mm…6本
1×2材 395mm…2本
319mm…2本
113mm…4本

丸ノコの刃は、切り出す部材の板厚が38mmなので40mmほどに調整します。

IMG_3601

脚部材6本のうち、4本にほぞ穴を掘ります。今回は一番力が掛かる脚の下側だけほぞ穴にします。

下端から50mmのところに墨線を引きます。

IMG_3607

まとめて墨線を引きとき、基準となる位置に板を置くと、均等に線を引くことができます。

先に引いた墨線から、38mm上にまた墨線を引きます。

20160728-02

横幅19mmの部材をほぞ穴に差し込むので、両端から9.5mmの所で墨線を引きます。裏側も同じように墨線を入れます。

20160728-01

ほぞ穴の位置は、「2×2材(幅38mm-19mm)÷2=9.5mm」という計算で算出しました。

ほぞ穴を開ける前に電動ドライバードリルとドリルガイド、クランプを使って下穴を開けます。

IMG_3611

下穴を開ける事で、ノミ作業が楽になります。ドリルガイドを使う事で、ある程度真っ直ぐ穴をあける事ができます。固定はしっかりと行いましょう!

10mmと5mmを使い、下穴をたくさん開けます。

IMG_3612

下穴加工が完了しました。

IMG_3613

次に、裏面と下穴を開けた表面の両方から、ノミでほぞ穴を開けます。周りの墨線から少しずつノミを入れ、穴を開けていきます。

IMG_3615

ほぞ穴加工が完了しました。

IMG_3617

≪DIYテクニック≫これぞ元祖!ノミでホゾ穴を開ける方法を詳しく解説
ホゾ穴加工は「木組の基本となる手法」です。DIYでおなじみのツーバイ材でホゾ穴加工を施す場合は、節(フシ)を避けながら穴を開ける位置決めるため、ある程度の図面や...

脚部の組み立て

脚の加工が完了したら、ジェルカラーニスのブラックで塗装します。

IMG_3618

1回目の塗装が完了しました。

IMG_3632

ほぞ穴に木工用ボンドを塗って、1×2材(395mm)を打ち込みます。このとき、ほぞ穴が割れないように慎重に打ち込みます。

IMG_3634

ほぞ穴より134mm上に、8mmドリルでダボ穴を2箇所掘ります。そして、1×2材319mmをコーススレッド50mmで留めます。

20160728-04

ほぞ穴加工は下のみなので、上部の1×2材319mmはコーススレッドで留めます。

20160728-03

1×2材の組み付けが完了しました。

IMG_3638

3本目の脚の組み付けを行います。3本目の脚(2×2材)にダボ穴を2箇所開けます。

IMG_3639

横に渡す1×2材113mmは、仮組みしながら行います。クランプで押さえて、差し金で垂直を確認しながらコーススレッド50mmで留めます。

20160728-05

3本脚の組み付けが完了しました。ダボ埋めと2回目の塗装は後で行います。

IMG_3648

天板の製作

天板は2×4材910mmの5本と、それらを固定するため裏側に1×2材を使って組み立てます。

IMG_3650

2×4材を表面を下にして5本並べます。1×2材を横に渡してコーススレッド50mmで留めます。

IMG_3651

3本脚を置いて、天板が800mmになる位置で1×2材で枠を組みます。

20160728-06

写真を撮り忘れました…。図面のようにさらに2本、1×2材を追加します。

20160728-08

テーブルを起こして、余分な部分を丸ノコと丸ノコ定規、平行定規を使いカットします。

20160728-07-2

カットが完了しました。

IMG_3655

天板をガードラックで下塗りします。

IMG_3657

脚のダボ埋め

8mm丸棒を10mm程度にカットしてダボを作ります。

IMG_3660

木工用ボンドを塗り、ダボ穴に打ち付けます。

IMG_3661

アサリなしノコギリで余分な部分をカットします。脚の全体をサンドペーパーで整え、2回目の塗装をして脚の出来上がりです。

IMG_3667

天板の塗装

天板の仕上げはサンドペーパー#400で整えた後、ジェルカラーニスのウォルナットで塗装します。

IMG_3662

部分的にムラを出して風合いをつけます。

IMG_3666

アレンジ

お好みで、自作ステンシルでマークを入れてもOKです。位置を決めてセロテープで固定。

IMG_3683

側面にも同じようにステンシルを固定。

IMG_3684

水性の黒をスポンジ刷毛に少量含ませます。たくさんつけるとにじむので、テッシュなどで拭きとってから塗ります。

IMG_3686

ステンシルの上から静かにポンポンと乗せていきます。

IMG_3687IMG_3689IMG_3690

乾燥する前に、ステンシルを取ります。

IMG_3691IMG_3692

≪ステンシルDIY≫自作シートの作り方や便利なスタンプをご紹介!
ステンシルは、DIYで家具や木箱を作った後の仕上げには欠かせない加工ですね。男前スタイルの演出や、普通の板にステンシルをするだけでもかっこいいディスプレイになり...

完成

男前テーブルが完成しました。

IMG_3706IMG_3713

製作を終えて

本格的なテーブル製作は行程も多く大変でしたが、男前な感じに仕上がりました。2×4材の天板は重量がありますが、脚を3本脚にしたので安定感もあります。

今回は脚を固定せずに分解できるようにしたので、使わない時はコンパクトに収納できます。多少反省点もありますが、初めての家具作成にしては満足の出来だと思います。

合わせて読みたいオススメ記事

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

関連記事

  1. ミニパーテーションの作り方サムネイル

    【キッチンDIY】窓ガラスシートを使ったミニパーテーションの作り方

  2. 1800×900大きなカフェ風ダイニングテーブルサムネイル

    【テーブルDIY】1800×900の大きなカフェ風ダイニングテーブルを…

  3. 【テーブルDIY】初心者向け★焼杉で簡単ディスプレイテーブルを作ろう!…

  4. シーグラス風ガラスビンサムネイル

    【夏DIY】シーグラス風にガラスビンをアレンジしよう!

  5. ≪100均DIY≫簡単塗るだけ★セリア黒板塗料で壁掛けキーフックを作ろ…

  6. すのこディスプレイDIY top

    【雑貨DIY】ベニア端材でスノコ風ディスプレイを作ろう。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP