センターファインダーDIY

木材の中心線を引く治具 センターファインダーの作り方をご紹介!

木材の墨付けで一番面倒なのが、「中心線出し」かなと思います。(motto的に。)

1〜2個程度であれば問題ないですが、大量に墨付けが必要になるケース。例えばダボ穴墨付けや、ほぞ穴墨付けなど。

こだわった家具製作ではダボ穴墨付けだけで疲れてしまいます。。

そこで、中心線を手軽に出せる「センターファインダー」を製作しました。

今回は狭い幅と広い幅の2種類引けるタイプです。

DIYレシピ

センターファインダーの材料

  • 20×25角材 130mm
  • 8mm丸棒 200mm程度
  • 鬼目ナット M4 10mm
  • ローレットビスM4

センターファインダー製作の道具

  • ミニ差し金
  • 穴あけ治具orドリルガイド
  • インパクトドライバー
  • ポンチ・下穴ドリル
  • 5.8mm、7.5mm、8.0mmドリル
  • 木工用ボンド
  • 金ノコ、アサリなしノコ
  • かんな・サンドペーパー等
  • ブライワックス

センターファインダー材料について

センターファインダー用の角材は、使わいたい場面によって長さが変わります。

今回はSPF2×4材の縦横に対して中心線が出せる長さにしました。

8mm丸棒用の穴をあけても強度が保てる太さ、厚さがあれば問題ないです。

センターファインダーDIY01

センターファインダーの墨付け

角材にガイド棒鉛筆ホルダー用の穴位置を墨付けます。

最初に裏表に中心線を引きます。

motto
このセンターファイダーが完成すれば、次回から中心線出しから開放です!

センターファインダーDIY02

実際にSPF2×4材の縦横幅に角材をおいてイメージします。

motto
センターファインダーは斜めに締めれれば中心が出ます。しかし、斜めが浅いと精度に不安も。

センターファインダーDIY03

広い幅用のガイド棒穴は角材両端から12mmとしました。

正確に測るポイント

端から正確に長さを測るときには、角材端に木材を置いて物差しを当てて測ると正確に測れます!

センターファインダーDIY04

狭い幅用は両端から35mmの位置に。

センターファインダーDIY05

鉛筆ホルダー用はもちろん角材の中心に。

センターファインダーDIY06

ドリルガイドを使う場合は、片面のみの墨付けでも大丈夫ですが、フリーハンド穴あけの場合は両面に墨付けします。

ガイド棒用の穴あけ

フリーハンドでの穴あけ手順で解説します。

下穴ドリルがズレない様にポンチで印を打ちます。(両面ともに)

センターファインダーDIY07

簡単ドリル治具を添えて、下穴ドリルを半分の深さまであけます。

センターファインダーDIY08

8mmドリルを使い、ガイド棒用の穴をあけます。

この穴あけも両面半分づつです。

センターファインダーDIY09

両面から穴をあけたら、貫通させます。

センターファインダーDIY10

鉛筆用の穴あけ

鉛筆ホルダー用の穴は7.5mmにしました。

motto
これは鉛筆の太さに合わせて下さい。

あけ方はガイド棒用と同じ手順です。

センターファインダーDIY11

鉛筆留めボルトの取付け

鉛筆をとめる用のナット穴をあけます。

鉛筆ホルダー穴中心にあけたいので、角材の中心点に印します。

センターファインダーDIY12

鬼目ナットM4下穴径(5.7~6.0)に対して5.8mmドリルをチョイス。

鉛筆ホルダー穴まで貫通させます。

センターファインダーDIY13

六角レンチで鬼目ナットM4をねじ込みます。

センターファインダーDIY14

はみ出たナットは、金ノコでカットします。

センターファインダーDIY15

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オススメ関連記事

© 2021 DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと by motto studio