ハイローテーブル

2種類の高さを楽しめる杉板天板ハイ・ローテーブルの作り方をご紹介!

使い方や使う場面でテーブルを複数揃えるのは大変。

今の時代はミニマリストまでもいかなくても物は少なくスッキリ暮らすのがトレンドかなと思います。

そこで、リビングでもキャンプでも使えるハイとローで使えるテーブルを製作しました。脚と天板も分解できるので使わない時は収納も可能です。

DIYレシピ

ハイ・ローテーブル製作の材料

  • シナベニア合板 5.5mm厚、400×600以上 1枚
  • 杉板 15mm厚、幅88mm 910mm 6枚程度
  • 角材 15mm厚、幅45mm 910mm 8本程度
  • 角材 10mm角程度 400mm 2本(ストッパー材)
  • 8mm丸棒 300mm程度
  • M8ボルト 40mm 2本
  • M8蝶ナット 2個

ハイ・ローテーブル製作の道具

  • コンベックス、スコヤ各種・センターファインダー
  • 丸ノコ・丸ノコガイド
  • スライド丸のこ(丸ノコ可)
  • カンナ
  • サンドペーパー #100、#400もしくは#600程度
  • 重しとなる木材等
  • クランプ各種
  • インパクトドライバー
  • 下穴ドリル・8mmドリル
  • 木ビス25mm
  • ノミ・金槌
  • ノコギリ・アサリなしノコギリ・自作ノコギリ治具
  • ドリルガイド
  • ワトコオイル(ダークウォルナット)

ハイ・ローテーブル部材の解説

天板に使用した杉板は柔らかい木材ですが、軽く木目もキレイなので天板にするととても雰囲気が良いですね。

天板用の板ではなく、建築資材用を使う事でコストも抑えられます。

脚用の角材も建築資材の下地材を使う事でコストダウン。

ハイローテーブル01

天板ベースの製作

今回のテーブルは天板サイズを400mm×600mmHi高さ400mmほど、Low時150mm前後に設定しました。

持ち運びにも楽で、リビングPC用としてもキャンプ用としても十分な大きさだと思います。

天板のベースとなるシナベニア合板5.5mm厚を400×600に。

ハイローテーブル02

450mm×910mmシナベニア合板から丸ノコ丸ノコガイドを使ってカットします。

ハイローテーブル03

天板用杉板部材の製作

天板用の杉板は長さ190mmをメインに残りの端材から半分程度1/4程度の長さを切出します。

ハイローテーブル04

建築用資材は幅も均一ではないので、予備分も切りました。

  • 190mm 12枚
  • 1/2 6枚
  • 1/4 4枚

ハイローテーブル05

実際に並べてイメージを掴みます。

ハイローテーブル06

行ごとにグループ分け。

すると幅の違いが。。。

組み合わせを変えて、なるべく行の幅を揃えます。

motto
家具用資材と違って、建築資材(下地用)は個体差があります。価格はとても安いので致し方なしです。

ハイローテーブル07

ある程度幅を揃えた後で、行ごとクランプで固定しカンナで幅を揃えます。

ハイローテーブル08

更に木裏・木表の反りを誤魔化す?為に角を面取りしました。

motto
雰囲気も良くなるし、段差もごまかせる!

ハイローテーブル09

天板ベースに杉板を貼る

杉板をシナベニアに貼る前にガイド線を引きます。

ガイド線を引くのは1行目2行目のセンターラインです。

motto
1行目と4行目はベース板からはみ出ます。同じ幅で乗る様に調整すると綺麗ですね。

ハイローテーブル10

ガイド線に合わせて、木工用ボンドで接着して行きます。

motto
後々剥がれない様にタップリとボンドを付けます。

ハイローテーブル11

2行目まで張り終えたら、3〜4行目は1、2行目に合わせて並べます。

ハイローテーブル12

全て貼り終えたら、重しを乗せて一晩乾かします。

motto
無理に反りを抑え込むと、いずれ浮いてきます。ある程度の圧着で接着できればOK!

ハイローテーブル13

杉板天板のサイズカットと仕上げ

完全に木工用ボンドが乾いたら、シナベニアベース板からはみ出た部分をカットします。

ハイローテーブル14

天板の周囲も面取りして角を取ります。

表面の荒れもサンドペーパーである程度処理。

多少の粗さは残して「味」にします。

ハイローテーブル15

天板枠の製作と組付け

天板枠は脚部材と同じ角材にしました。

600mm400mmを短い面として、両端45度にカット。

motto
角枠を45度で合わせる加工が難しい場合は突き合わせでも良いです。

ハイローテーブル16

枠を合わせてみて微調整します。

motto
スライドマルノコを使っても、45度カットラインが真っ直ぐにならない場合があります。

微調整は現物合わせ必要です。

ハイローテーブル17

枠材も面取りして、1辺づつ接着します。

motto
テーブル天板を製作する時などしか使いませんが、900mmレバークランプがあると便利です。

ハイローテーブル18

今回はビス頭を見せない処理をします。

最初に8mmドリル10mm程度の穴をあけて、下穴ドリルそしてビスで固定します。

ハイローテーブル19

8mm丸棒から15mm程度ダボを量産!

ハイローテーブル20

ボンドを付けて、ビス穴に打ち込みます。

ボンドが乾くまで放置。

ハイローテーブル21

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オススメ関連記事

© 2021 DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと by motto studio