ハイローテーブル

2種類の高さを楽しめる杉板天板ハイ・ローテーブルの作り方をご紹介!

脚部材の加工

脚材は2種類の横幅サイズを製作し、ボルトで繋ぎます。

メインの脚材を500mm 4本370mm338mmを2本づつ。

motto
338mmは内寸340mm幅に対して2mmの余裕をもたせたサイズです。

ハイローテーブル22

脚部材の上部(テーブル天板を支える面)は50度にしました。

ハイローテーブル23

薄い板なので、ノコギリのこぎりガイドでカット。

ハイローテーブル24

脚部材(500mm 4本)の一回目カットが完了。

ハイローテーブル25

天板を支える横角材45mm幅50度にカットした面では長さが違います。

見た目が良くないので、はみ出る部分もカットします。

ハイローテーブル26

脚部材上部の加工が完了です。

ハイローテーブル27

脚下の床に当たる部分は、45度カットにしました。

丸い形でも良いですね。

ハイローテーブル28

横角材と500mm脚角材の繋ぎ方は片欠き継ぎにします。

バランスを見て脚下から90mmにしました。

ハイローテーブル29

下から90mmの所に45mm×15mmの欠き加工を行います。

ハイローテーブル30

欠き加工は、両端をノコでカットし、ノミで取り除きます。

ハイローテーブル31

次にボルト穴をあけます。

脚角材500mmの半分250mmの中心点に。

motto
センターファインダーがあると中心出しが楽です!

ハイローテーブル32

ドリルガイド8mmドリルで4本共に穴あけ。

ハイローテーブル33

最後に面取りと表面を整えます。

脚部材の全ての加工が完了です。

ハイローテーブル34

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オススメ関連記事

© 2021 DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと by motto studio