センターファインダーDIY

木材の中心線を引く治具 センターファインダーの作り方をご紹介!

ガイド棒の製作と取付け

8mm丸棒からガイド用の棒を切出します。

ガイド棒の長さは50mm 2本35mm 2本です。

センターファインダーDIY16

ガイド棒を木工用ボンドで接着します。

50mmに切出したガイド棒は外側、35mmを内側に。

センターファインダーDIY17

ボンドが乾く前に、直角を確認。

motto
接着する前に仮組みして確認したほうが良いです!

ガイド棒の長さは、外側が35mm内側が15mmになる様に調整します。

センターファインダーDIY18

はみ出た丸棒はアサリなしノコギリでカット。

センターファインダーDIY19

仕上げはカンナで綺麗に。

ココはコダワリ具合で!

センターファインダーDIY20

滑りを良くする処理

最後にブライワックスを塗布します。

ブライワックスを塗布する理由は、美観よりも滑りを良くする為です。

センターファインダーDIY21

センターファインダーの完成

鉛筆ホルダーに鉛筆を差し込んで、M4ローレットビス(もしくは六角ボルトなど)で固定します。

これで、センターファインダーの完成です!

センターファインダーDIY22

鉛筆は、広い時と狭い時で長さを変えます。

センターファインダーDIY23

細い部材の墨付け(SPF2×4 38mm)

SPF2×4材の横幅(38mm)の時は、内側のガイド棒(15mm)を使います。

鉛筆の長さは5mm位です。

センターファインダーDIY24

広い幅の墨付け(SPF2×4 89mm)

SPF2×4の広い方(89mm)の時は外側(35mm)のガイド棒を使います。

鉛筆は18mm位の長さに。

センターファインダーDIY25

今まで、二手間掛かった中心線出しが一瞬です。(笑)

センターファインダーDIY26

デザイン的には。。。

もう少し改良したいですね。実用的ですが。

センターファインダーDIY27

製作を終えて

治具製作の時の製作精度は重要ですが、出来てしまうと墨付け作業が驚くほど楽になります。

墨付け作業に使っていた時間が、加工時間に使えるのでよりコダワッた作品製作に当てる事が出来ます。材料費も端材活用すれば「0円!」です。

加工技術の練習にもなりますし、作業も楽になる。治具製作は2度も3度もメリットありますよ!

おすすめグッズ

正確な穴あけにはドリルガイドが便利!

SK11(エスケー11)
¥4,433 (2021/05/07 02:30:19時点 Amazon調べ-詳細)

木材にボルトを取り付ける鬼目ナット

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オススメ関連記事

© 2021 DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと by motto Studio