印鑑立てDIY

印鑑スタンドをDIY!SPF端材+アガチス材を使った印鑑スタンドの作り方をご紹介!

よく使う認印などをカッコよく立てられる印鑑スタンドが欲しいな思いました。ネットで検索すると作れそうな感じ。印鑑が入る穴を開けるドリルがあれば大丈夫だなと言う事で、早速ドリルを購入してDIYのスタートです。

【SPONSORED LINK】

印鑑スタンドの材料

  • SPF2×6材 50mm以上
  • アガチス材 薄板50mm×35mm以上
  • ビス デコレーション用
  • ブライワックス ラステックパイン

印鑑スタンドの道具

  • 電動ドリルガイド
  • 木工用ショートドリル 20mm・12mm
  • 丸ノコ・丸ノコガイド
  • インパクトドライバー
  • カンナ・カンナ台
  • 差し金・メジャー
  • 木工用ボンド
  • サンドペーパー #100・#240
  • 100均お名前スタンプ

DIYレシピ

それでは、印鑑スタンドの製作レシピを始めます!

印鑑スタンドの採寸

今回製作するサイズは認印サイズ19.5mm11.5mmの2本が立てられるスタンドです。SPF2×6材の端材を使って製作します。

印鑑スタンドDIY

幅は70mmくらいで後ろ気味に印鑑立てを配置する事にしました。

印鑑スタンドDIY

印鑑用穴の加工

印鑑立て用の穴は真っ直ぐ開けないと使いずらいです。そこでドリルガイドを使って2つの穴を開けます。
ドリルは20mm12mmのショートタイプ。

印鑑スタンドDIY

今回の穴あけは部材を貫通させるので、下に捨て板を敷きます。ドリルガイドが安定する様に同じサイズの木材を並べて、しっかり固定。ドリルの先端を中心点に当てて設置完了です。

印鑑スタンドDIY

後は一気にドリュリュ〜っと穴を開けます。

印鑑スタンドDIY

お〜。結構綺麗に穴あけ出来ました!

印鑑スタンドDIY

12mmの穴も同様に穴あけ完了です。

印鑑スタンドDIY

穴あけが完了したら、丸ノコ丸ノコガイドで必要サイズにカット。

小さい製作物の場合は、細い加工を先にしてから本体をカットする方が安全に作業できます。
加工時は部材が大きい方が固定が安定しますからね!

印鑑スタンドDIY

カンナでの整形

SPF材は角がR処理されて販売されています。今回の様に細かい製作物の場合、Rが大きすぎるのでカンナで面を削ります。
カンナ台で安定させた方が作業しやすいですね。

印鑑スタンドDIY

ただの四角いスタンドだと面白くないので、斜めの面を作ろうと思います。

印鑑スタンドDIY

墨線を確認しながら、カンナで慎重に削ります。

印鑑スタンドDIY

なるべく削る面の角度と平行な面で削っていくと、綺麗に面を作れます。

印鑑スタンドDIY

底板の接着

印鑑スタンドの本体加工が終わったので、底板を付けます。
アガチス材3mm厚の端材があったので活用。

印鑑スタンドDIY

木工用ボンドで接着し乾燥を待ちます。

印鑑スタンドDIY

印鑑スタンドの整形

木工用ボンドが乾燥したら、余分な部分をカットしてサンドペーパー#100で面を整えます。

印鑑スタンドDIY

最後にサンドペーパー#240で全ての面と角を整えます。角は指に引っかからない程度でシャープな感じに。

印鑑スタンドDIY

加工する中で斜め面の角度がもう少し欲しいなと言う事で再度、加工しました。

細かい製作物の場合、チョットした傷や隙間も結構気になります。塗装で誤魔化すのは難しいので、このタイミングで納得いくまでペーパー掛けして整えましょう。

【SPONSORED LINK】

印鑑スタンドの塗装

ブライワックスラスティックパインで塗装します。

印鑑スタンドDIY

ゴム手袋をして、ウエスで塗り込みます。

印鑑スタンドDIY

印鑑スタンドの完成

最後にビスを飾りで打ったり、スタンプで文字を入れて完成です。
斜め面にはメタルプレートやサイズが合うエンブレムを付けてもいいですね。

 

印鑑立てDIY 完成1

裏面には製作日スタンプ。

印鑑立てDIY 完成2

 

製作を終えて

久々に細かい製作物を作ると自身の加工技術の上達度が分かります。誤魔化しが効かないので良いトレーニングにもなります。DIYは特に電動工具頼りになりますが、手工具を使いこなす技術を磨く事も大切だなぁと思いました。

【SPONSORED LINK】

おすすめ商品

直角や任意の角度で穴を開ける便利なドリルガイド


DIYではショートタイプを使う機会が多そうですね。