【棚DIY】男前ラダーシェルフの作り方 ツーバイ材で作ろう/図面あり

【図面PDFダウンロード可能】今回は、ラダーで支える無骨な男前シェルフを作ります。

男前と言えば「鉄」ですが、鉄の加工はDIYでは難しいため、ラダーをつや消し黒で塗装し鉄っぽさを演出しました。さらに、棚板をウォルナット色で塗装し、鉄と木でメリハリを出しました。ステンシルを施せば、オリジナルの男前家具の完成です。

DIY上級テクの「ほぞ穴加工」も必見ですよ!

ラダーシェルフの材料

DIY ラダーシェルフ部材

  • 2×6材:910mm…4本
  • 2×3材:910mm…4本
  • 1×2材:910mm…4本
  • 水性塗料(つや消し黒)
  • 油性ジェルカラーニス(ウォルナット)
  • 水性塗料(白)

道具

  • 丸ノコ&丸ノコ定規
  • メジャー
  • 差し金
  • プロトラクター
  • ノミ
  • 金づち
  • 電動ドライバードリル&ドリルガイド
  • クランプ各種
  • 木工用ボンド
  • カンナ
  • サンドペーパー#240
  • 刷毛(小・中)
  • ローラーセット
  • ステンシルセット
  • マスキングテープ(細・太)

DIYレシピ

ラダー脚部材の切り出し

2×3材910mmから895mmを4本切り出します。(今回はスライド丸ノコを使っています。)

DIY ラダーシェルフ部材カット

次に、切り出した部材の両端を、プロトラクターを使い80度に墨付けを行い、切り落とします。

DIY ラダーシェルフ プロトラクター測定

【DIY基礎知識】木材の角度はこれでチェック!スコヤの種類と使い方をご紹介
スコヤは、正確な角度を測定するための道具です。スコヤにも様々な種類があり、直角を測る「スコヤ」、45度を測る「留型スコヤ」、分度器がついた「プロトラクター」、...

ほぞ穴の下処理

墨付け

ラダーの横棒(1×2材)で棚板を支えるので、このほぞ穴加工の精度が全てです。

DIY ラダーシェルフ1

脚となる2×3材に、38mmの長さのほぞ穴を、1本につき4ヶ所開けます。(計16ヶ所)

画像左下から38mm上に一つ、42mm上に一つ、276mm上に一つ、42mm上に一つほぞ穴を開けます。

DIY ラダーシェルフ ホゾ穴加工1

上記の脚に、1×2材をはめ込むための墨付けを行います。(1×2材:横幅19mm、縦38mm)

墨付けは表裏共につけることが大切なので、計32か所墨付けします。

計32ヶ所の墨付けを行うので、簡単な治具を作ると、横幅の墨付けを楽に、そして正確に行うことができます。

DIY ラダーシェルフ ほぞ穴加工2

 

墨付けが完了しました。

DIY ラダーシェルフ ホゾ穴加工3

▼ちょっとこの作業が意外と大変だったので、さらに簡単に墨付けができる治具を製作しました!

≪大工道具DIY≫平行定規を自作して大量墨付けを可能にしよう!
今回は墨付け用の平行定規を製作します。以前、ラダーシェルフを製作した際、ほぞ穴の墨付けを32ヶ所に行い、とても時間がかかりました。その大変な思いから「こんな治...

4本とも同じ位置にほぞ穴を開ける必要があるので、ほぞ穴の位置を並べて確認します。

DIY ラダーシェルフ ホゾ穴加工4

穴あけの下準備

ドリルで穴を開ける前に、墨線に合わせて軽くノミで切り込みを入れておきます。切り込みを入れる事で、ドリルが貫通してしまった時に裏側が割れるトラブルを防げます。

DIY ラダーシェルフ ほぞ穴加工5

穴あけを楽にする行うために、電動ドライバードリルとドリルガイドで下穴を開けます。

DIY ラダーシェルフ ホゾ穴加工6

今回は、ドリル径8mmで6ヶ所開けました。開けるときは、墨線にドリルが接触しないように注意しましょう。

DIY ラダーシェルフ ホゾ穴加工7

ラダー横棒と棚板の切り出し

1×2材の910mm(4本)から、356mmを4本切り出します。
棚板は2×4材910mm(4本)から900mmを2本、755mmを2本切り出します。

DIY ラダーシェルフ 横板加工1

全ての部材切り出しが完了しました。

DIY ラダーシェルフ 部材カット完了

ほぞ穴あけ

墨線に沿って、ノミと金づちでほぞ穴を掘ります。表面と裏側を交互に掘り、ズレが出ないように注意します。

DIY ラダーシェルフ ノミ加工1

縦側38mmは少しキツめに掘り、横側は19mmは寸法通りに掘ると、締まって緩みを防止することができます。

DIY ラダーシェルフ ノミ加工2

木工用ボンドを付けて、木を当てながら(当て木)金づちでゆっくり打ち込みます。たまに裏側を確認して、うまく入らない場合はノミを入れ調整します。

DIY ラダーシェルフ ラダー組立1

1セット完成しました。ここで差し金を使い、直角や歪みを確認します。さらにもう1セット同じように作ります。

DIY ラダーシェルフ ラダー組立2

木工用ボンドを乾燥させます。

DIY ラダーシェルフ ラダー完成

ほぞ穴に細かい隙間がある場合は、木工用ボンドや木パテ、との粉などで埋めておきましょう。

DIY ラダーシェルフ ホゾ穴処理1

 

木工用ボンドが乾燥したら、カンナで面を整え、サンドペーパー#240で全体を整えます。

DIY ラダーシェルフ カンナ

≪DIY必需品≫曲線切り&ホゾ穴加工も可能なジグソーの使い方
直線切りには丸ノコやスライド丸ノコが活躍しますが、曲面を切ることはできません。曲面を切りたい場合は『ジグソー』の登場です!ブレードと呼ばれる刃を交換する事で...

塗装

棚板の塗装

棚板は、油性ジェルカラーニスのウォルナットで塗装します。

DIY ラダーシェルフ 棚板塗装1

ラダー本体の塗装

ラダー本体をつや消し黒で塗装します。今回は『室内塗装用』の塗料を使いました。刷毛は細いタイプと50mmタイプ、そしてローラーがあると便利です。

DIY ラダーシェルフ 塗装1

ビニールシートに塗料が付かないように、木材で浮かせて塗装準備完了です。垂れる心配がある時はさらに新聞紙を敷きましょう。

DIY ラダーシェルフ 塗装2

まずは狭いところや、細いところから塗り始めます。

DIY ラダーシェルフ 塗装3

夏場はすぐに乾燥するので、水を少し多めにして塗料の粘りを調整します。

次にラダー内側全体を50mmの刷毛で塗ります。内側はこの時点で2?3回塗装して仕上げます。

DIY ラダーシェルフ 塗装4

DIY ラダーシェルフ 塗装5

この状態で1度、一時間ほど乾燥させます。

DIY ラダーシェルフ 塗装6

次にローラーを使って広い面を塗装します。

DIY ラダーシェルフ 塗装6

DIY ラダーシェルフ 塗装7

木以外の塗装は、ローラーのみで仕上げて大丈夫ですが、木の場合は塗面が『梨肌』のようになってしまうので、塗料を載せる役目だけにして50mm刷毛で整えます。

 

ラダーの塗装が完了しました。ここで二時間ほどしっかり乾燥させます。

DIY ラダーシェルフ 塗装乾燥

ステンシルの塗装

ステンシルは、ステンシルシートと自作のステンシル、そしてスタンプを使って装飾します。エアーブラシがあると、キレイに好きな色でステンシルが楽しめます。

DIY ラダーシェルフ ステンシル1

エアーブラシだとこの程度のマスキングで大丈夫です。

DIY ラダーシェルフ ステンシル2

DIY ラダーシェルフ ステンシル3

スタンプは、マスキングテープを目安にしてなるべく真っ直ぐに押します。

DIY ラダーシェルフ ステンシルスタンプ

完成

強度が心配でしたが、意外としっかりしています。つや消し黒が効いていますね。

DIY ラダーシェルフ 完成1

ステンシルもいい感じで仕上がりました。

DIY ラダーシェルフ 完成2

製作を終えて

今回は、ほぞ穴処理が大きな加工で、さらに精度を必要とする作品でした。墨付けと確認作業でかなりの時間を使いましたが、そのおかげで満足のいく仕上がりになりました。心配していた強度も問題ありません。移動の時は分解出来るのも良いかなと思います。ぜひお試し下さい。

ご紹介した商品

DIY情報サイト『tsukuroもっと』運営管理者
物作りが大好きな事からDIY情報サイト『tsukuroもっと』を2016年からスタート。
DIY歴 20年以上 佐賀県出身 山梨県在住

おすすめ記事

  1. DIYレシピ

    シングルトイレットペーパーホルダーDIYサムネイル
  2. DIYレシピ

    1800cafeダイニングテーブルDIYtop

最新記事

  1. DIYレシピ

    鍋敷き
  2. DIYレシピ

    スライド丸ノコ 改良版
  3. DIYレシピ

    アートクレイシルバー ペンダントトップ
  4. DIYレシピ

    ウッドデッキ製作工具2018
  5. Staff Blog

    マグネットボード

tsukuroもっと運営部

PAGE TOP