平行定規

【大工道具DIY】アガチス材で作る大量の墨付けに便利な平行定規

今回は墨付け用の平行定規を製作します。以前、ラダーシェルフを製作した際、ほぞ穴の墨付けを32ヶ所に行い、とても時間がかかりました。

ラダーシェルフDIY時の墨付けの様子

その大変な思いから「こんな治具があったらいいな」ということで、平行定規を製作することにしました。
専用の道具(ケビキなど)もありますが、鉛筆で引ける方があってるかなと思います。
今後の作品製作で活躍してくれると思います。

【SPONSORED LINK】

平行定規の材料

平行定規の材料アガチス材

  • アガチス材1:厚さ10mm×幅20mm×長さ600mm
  • アガチス材2:厚さ2mm×幅20mm×長さ600mm

平行定規の道具

  • 差し金
  • トリマー
  • クランプ
  • サンドペーパー#240
  • ノミ(調整の必要がある場合)
  • 胴突きノコギリ
  • 切り出しガイド
  • 木工用ボンド

DIYレシピ

採寸と墨線、トリマー加工

トリマーを使用して、幅20mm×深さ5mmの溝を2つ作っていきます。今回は小物DIYなので、小さい部材をクランプで押さえながらトリマー加工するのは至難の技です。

という事で、部材を切り出す前にトリマー加工を行います。まずは厚さ10mmの部材に墨線を引いていきます。(下記の画像を参考に墨付けしてください。)

部材を切り出す前にトリマー加工

トリマー加工は相欠き継ぎ(あいかきつぎ)で行うため、ビットの出幅を部材の厚さ10mmの半分5mmに合わせて切削します。

ビットの出幅調整

ビットからベースプレートの距離を測ると42mmでした。

ビットからベースプレートの距離を測る

ビットとベースプレートの距離42mmに合わせて、ベースプレートのガイドとなるフェンス(端材などの板)を固定します。

フェンスの固定

まずは両端から切削をしていき、両端が切削できたら中間を切削します。

トリマーで溝の切削

トリマー加工の2箇所が完了しました。

トリマー切削完了

【SPONSORED LINK】

部材の切り出し

胴突きノコギリで部材を切り出します。

ノコギリで部材の切り出し

今回は切り出しガイドを使用してみました。切り出しガイドは90度や45度の角度でガイドしてくれる道具です。(あくまでガイドなので慎重に行いましょう。)

切り出しガイドを使用

本体となる3個のパーツの切り出しが完了しました。

切り出し完了

組み立て

組み立ては木工用ボンドのみで固定していきます。

最初に相欠き加工した部品を仮組みして、直角になっているかを確認します。

部材の直角をチェック

もし直角になっていない場合は、ノミを使って幅を広げて調整しましょう。

相欠き加工同士を合わせて、T型の部品を作ります。再度、直角をチェックします。

直角をチェックする

次に20×20mmの部材を2個切り出します。

20×20mmの部材を2個切り出す

厚さ2mmのアガチス材から60mmを切り出します。

厚さ2mmのアガチス材から60mmを切り出す

切り出した20×20mm2個と2mm厚×60mm、そして残った本体パーツを木工用ボンドで固定します。

固定するときは平行になるように確認してから、クランプでキツめに固定します。

部材をクランプで固定

木工用ボンドが乾燥したら、サンドペーパー#240で細部を整え、組み立て完了です。(T字型を差し込むとこのような感じです↓)

組み立て完了

完成

使用する時は実測してから使う予定ですが、雰囲気で目盛りを入れてみました。

目盛りを入れてみる

最後にお約束の「焼印」を入れて完成です。

焼印を入れて完成

使用方法

可動部分を親指で固定しながら使います。(ネジで固定するのも良いですね。)
木材の端から、規定の長さを同時にたくさん&長く引く事ができます。

平行定規の使用方法

製作を終えて

測定工具は精度がとても大事です。今回のDIYでは、しっかり平行になっている事が一番のポイントでした。加工精度と組み立て精度の訓練としても良いDIYだなと思いました。

作品を製作する中で「あったらいいな」と思う便利治具やテンプレートは、とても大切なオンリーワン工具ですね。

【SPONSORED LINK】

おすすめグッズ