ロッカーケース

【100均DIY】セリアで作る★木製ロッカー風小物収納を作ろう♪

セリアのDIYグッズを使用して、「木製のロッカー風小物収納」を製作しました。ベニア板(背板)を除いて、その他全てを100均アイテムで揃えた渾身の作品です!

普通の小物入れでは面白くないので、なんちゃってロッカー風のデザインにしてみました。アンティーク風にも男前インテリアにも合うデザインに仕上がりましたので、ぜひご覧ください♪

【SPONSORED LINK】

木製ロッカーの材料

lockercase01
▼セリアで購入した材料▼

  • 角材3本セット:約450×12×12mm(使用するのは内2本)
  • 木板:450×120mm…4枚
  • 木製仕切りケース:4個
  • 木製コーヒーマドラー:適宜
  • 超強力マグネット:2個
  • 蝶板(古色仕上げ):22mm…2個
  • 半円型ノブ(古色仕上げ):1個
  • デザインマグネット

▼ホームセンターで購入した材料▼ワトコ

  • ベニア板:450×170mm…2枚

▼その他材料▼

  • ワトコオイル(ウォルナット)
  • ターナーミルクペイント(インディアンターコイズ)
  • こびょう:13mm
  • ミニビス:16mm

木製ロッカーの道具

  • ノコギリ
  • 差し金
  • 電動ドライバー
  • 金づち
  • 木工用ボンド
  • 瞬間接着剤(セメダイン)
  • 刷毛
  • 塗料入れトレー
  • マスキングテープ

DIYレシピ

部材の切り出し

今回の小物収納は、セリアの木材や仕切り入れのサイズを基準にして作ります。セリアには450×120mmの木板が売られているので、その材をそのまま使用します。

lockercase28

背板と扉

ベニア板2枚から、450×170mmを1枚ずつ切り出します。(今回はホームセンターのカットサービスを利用しました。)

lockercase02

セリアにも合板が売っていますが、板厚が薄く釘やネジが打ち込めないと判断したので、厚みのあるベニア板だけをホームセンターで購入しました。

上面と底面

上面と底面の板は、木板から188×120mmを2枚切り出します。(現物合わせをしながら、しっかり測ります。)

lockercase03

本体の切り出しが完了しました。

lockercase04

仕切りケース受けの棒

仕切りケースを乗せるための棒を、角材3本セット(内2本)から切り出します。110mm×4本、100mm×2本を切り出します。

今回はマグネットを使って扉がしっかり閉まるようにしたいので、マグネットをくっつける部分の棒は若干短く切り出します。(マグネットの厚さ4mm×2個)

lockercase05

棚板

箱の上部に2つ棚を付けたいので、木板から110×170mmを2枚切り出しました。

lockercase06

ロッカー風の扉に加工

ロッカーと言えば、ナンバープレートと横に入ったスリットが特徴的です。それを参考にして、扉をロッカー風に加工します。

スリットは木製のコーヒーマドラーで演出します。ナンバープレートとノブを置いて、バランスを見ながら適正な位置にコーヒーマドラーを等間隔で置いていきます。場所が決まったら、マドラーを木工用ボンドで固定します。

lockercase07

塗装

部材を塗装していきます。今回は中をワトコオイル(ウォルナット)に、外をターナーミルクペイント(インディアンターコイズ)で着色します。

lockercase08

仕切りケースは、中の仕切りを外してしっかり塗りましょう。

lockercase09

塗装が完了しました。

lockercase10

続きを読む
1 / 2