クランプの基礎知識

DIYで大活躍するクランプの使い方と種類をご紹介!

Gクランプ

GクランプはCクランプと構造的には同じですが、ハンドルを絞りながら締めていくタイプです。

Gクランプの使い方1

Gクランプの使い方:一時固定用

プラスチックタイプは保持力が低いので、一時固定用とした使用した方が良いです。

Gクランプの使い方2

Gクランプの価格&必要な個数

価格帯 200円〜1,500円前後(サイズによって価格が異なる)

Gクランプは2個持っていると便利です。

クイックリリースクランプ

クイックリリースクランプは、握って固定するタイプのクランプです。

クイックリリースクランプ1

ちょっと握力が必要ですが、ロック解除レバーでロックを解除します。

クイックリリースクランプ2

スポンサーリンク

クイックリリースクランプの使い方

丸ノコガイドなど挟む位置のスペースが取れない時や、少しでも奥の方で固定したい場合に便利です。

クイックリリースクランプ3

クックリリースクランプの価格&必要な個数

価格帯 1,200円前後(サイズによって価格が異なる)

クイックリリースクランプは2個持っていると便利です。

クランプの使い方 応用編

複数のクランプを使用することで、高度な作業も安全かつスピーディーにこなすことができます。

応用1:木材の穴開け

電動ドライバードリルを使い、木材をまとめて穴開けするときには、画像のように使用することもできます。

クランプの使い方5

(使用したクランプ)

  • 作業台と木材の固定:バークランプ(1個)
  • 木材同士の固定:Cクランプ(2個)

応用2:木材同士の接着

木材同士を木工用ボンドで接着する時、しっかりと圧着させることができます。

クランプの使い方6

また、木材の反りによる浮きも圧着することで、ある程度反りを防止することができます。

(使用したクランプ)

  • バークランプ(1個)
  • Cクランプ(2個)

まとめ

クランプは固定するモノの大きさ、長さ、固定方法などによって使用する種類が異なります。

できれば、様々なサイズを揃えるといろんな場面で活躍します。

さらに、一人で作業することが多いDIYにおいては、助っ人が持っていてくれるのと同じぐらい心強い工具です。

目的に合ったクランプを使用して、安全で確実な作業環境を作りましょう。

よりおしゃれに、暮らしを良くするDIYキットRoom Makit for玄関 壁収納

クランプ各種ご紹介

バークランプは、作業中など片手で締め付けることができます。木材を作業台に固定し、ノコギリやカンナがけをする時に使用します。2個持っていると便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEW POST

Copyright© DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと DIY Design Studio , 2019 All Rights Reserved.