キャンピングカッテイングボードDIY

キャンプ用木製ミニカッテイングボードの作り方をご紹介!

キャンプ用のカッティングボードは軽さとコンパクトさが重要ですね。

100均でも丁度よい大きさのカッティングボードを売っています。

でも、あまり形が好みではないので作ろうと思います。一枚板のまな板で心配なのは反り・曲がりですね。

そこで、反り防止をメイン作業にしたキャンプ用のカッティングボードの作り方をご紹介します。

DIYレシピ

キャンプ用ミニカッティングボードの材料

  • 木板材 板厚15mm
  • 檜角材 6mm×10mm角 長さ600mm

キャンプ用ミニカッティングボード製作の道具

  • トリマー・マスキングテープ
  • クランプ
  • 木工用ボンド
  • カンナ
  • サンドペーパー#240
  • インパクトドライバー、9mmドリル
  • 自作焼印・バーナー
  • ごま油(乾性油が良いです。)

カッティングボードの材料解説

カッティングボードの木材はヒノキやヒノキなどが最適ですが、キャンプ用となると軽さが重要かなと思います。

極論で言うと切れれば、木材質は何でも良いと思います。ある程度、硬い木であれば問題なしです。

キャンプ用なので、大きさは300mm×150mm位を想定しています。

今回はホームセンターで見つけた15mm厚の板に反り止め用に6mm×10mm角材を使います。

キャンピングカッテイングボードDIY 材料

カッテイングボードの反り防止加工

カッティングボードの裏面に角材を埋め込んで反り防止にします。

溝加工は、トリマーを使います。

角材を6mm幅にした理由は、トリマーの6mmビットを持っていたから。です!

反り防止用溝の間隔は、等間隔でもいいですしデザインしても面白いかなと思います。

キャンピングカッテイングボードDIY 製作1

トリマーの溝加工は、幅6mm、深さ10mmに加工します。

ビットに負担を掛けない様に、2回に分けて深さ5mmづつ掘っていきます。

トリマー加工は、ガイドとなるフェンスを正確に固定してスライドさせればOK。

トリマーの使い方はこちら

キャンピングカッテイングボードDIY 製作3

トリマーの割れ防止

トリマーで溝を掘る時のポイントとして、マスキングテープをスタート側や終わり側に貼ると割れ防止になります。

キャンピングカッテイングボードDIY 製作4

溝加工が完了しました。

この溝に角材を接着して反り止めにします。

反り防止加工

大きなテーブル天板では、アリミゾ加工と言う△型の溝を掘ります。

今回はキャンプ用のコンパクトサイズなので溝のみです。

キャンピングカッテイングボードDIY 製作5

角材を150mmで4本用意。

キャンピングカッテイングボードDIY 製作6

6mm幅角材で販売されていますが、個体差があります。

一度、はめ込んでみてキツさを調整します。

キツイ場合はカンナやサンドペーパーで角材の幅を微調整。

キャンピングカッテイングボードDIY 製作7

キツさの調整が完了したら、木工用ボンドを付けて接着。

キャンピングカッテイングボードDIY 製作8

2時間ほど乾燥させたら、カンナで面を整えます。

カッティングボードの角は、広めに面取りしたデザインにしました。

キャンピングカッテイングボードDIY 製作9

パラコード用穴あけ

キャンプでは、枝に引っ掛けたり出来た方が整理できるかなと思います。

9mmドリルでパラコード用(キャンプで使われる丈夫なヒモ)の穴を加工しました。

キャンピングカッテイングボードDIY 製作10

サンドペーパーで全体を整えたら、加工は完了です。

キャンピングカッテイングボードDIY 製作11

自作焼印を打つ

このままだと、絵的に面白くないなと思いまして。

以前に製作した焼印を押そうと思います!

初期の旧ロゴですが、雰囲気良いかなと思います。

キャンピングカッテイングボードDIY 製作12

バーナーで5分ぐらい加熱。

何度か端材で試し押しをして、適温になるまで加熱します。

キャンピングカッテイングボードDIY 製作13

如何でしょう。いい感じですね!

キャンピングカッテイングボードDIY 製作14

カッティングボードにオイル処理

最後に防水加工としてオイルを塗布します。

木部オイルは乾性油が良いです。

乾性油とは

乾性油とは、乾くとサラサラした手触りになる油です。乾かない油を使うと雑菌繁殖の原因にもなります。

乾性油は亜麻仁油くるみ油が良いです。

キャンピングカッテイングボードDIY 製作15

キャンプ用カッティングボードの完成

1日乾燥させて、余分な油を拭き取って完成です。

簡単な加工で製作しましたが、そのシンプルさがいい感じかなと思います。

オピネルナイフと共に。

キャンピングカッテイングボードDIY 完成

製作を終えて

キャンプ用品を続々製作して揃えています。

カッテイングボードは一番簡単な製作ですが、シンプルでもひと手間掛けると雰囲気が良くなります。

今回は焼印や面取り、反り防止加工の手間感が良いですね。

アウトドア用品とフィッシング用品の専門店【アウトドア&スポーツ ナチュラム 】

オススメグッズ

溝加工や面取り加工に使いこなすと、とても便利な道具です。

リョービ(Ryobi)
¥9,907 (2019/12/12 09:44:07時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEW POST

Copyright© DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと DIY Design Studio , 2019 All Rights Reserved.