【お庭の手入れも大事なDIY!】植栽の刈込みでお庭スッキリ!

こんにちはmottoです。

今日はDIYしたお庭のお手入れ依頼されていたウッドデッキ塗装メンテをして行きます。

草越ゆる夏。手入れをしないと伸び放題、育ち放題の庭の植栽たち。その代表がボサボサのロケットコニファーです。

購入当初は50cmくらいで植えたロケットコニファーも今や3m…。これ以上伸びない様にしないと電線に接触してしまいます。ロケットコニファーの刈込みには脚立がないと手入れが出来ません。

ロケットコニファーの刈込み

コニファーの刈込み1

コニファーの刈込みには刈込みハサミを使います。大体のイメージをして大胆にカット!

コニファーの刈込み2

半分刈込み完了!こんな感じで如何でしょう?

ある程度刈り込んだら、離れた所でバランスを確認。チョッと庭師の気分?

コニファーの刈込み3

コニファーはバッサリ刈り込んでも大丈夫。木は刈り込む事で新たな新芽が出てきます。葉の密度も上がるのでスカスカの葉に成らない様に日頃の刈込みは必要です。

コニファーの刈込み4

ほら〜スッキリ〜!

コニファーの刈込み5

まぁ、若干の歪さはご愛嬌、ご愛嬌。

プロの庭師ではありませんから。お手入れする事が大切なんです。

 

チョッとココでDIYなお庭をご紹介。

南国風をイメージしたお庭は、ほとんどDIYで仕上げました。ウッドデッキにウッドフェンス、植栽、芝生、白い壁。

お気に入りの庭です。

DIYな庭1

お庭のアイドル。ソテツさん

千葉からこの庭に来て3年目かな。ちゃんと育ってくれています。毎年越冬は心配しますが、もう大丈夫。たくさん小さな芽が出ていて株分けしたいけど、怖いので勉強中。

ソテツ1

今年も元気な新芽が出ました!

最初は『ナンジャコリャ!気持ち悪っ』と思っていた新芽も最近は可愛くてたまりません。

 

エイリアンの子供みたいやのぅ〜。頑張れ〜。

ソテツの新芽

イペ製ウッドデッキの塗装メンテナンス

夕方、気温が下がった所で『出張tsukuroもっと』でお世話になったイペ製ウッドデッキのメンテナンスに出掛けました。

パッと見は白華が進んで、大丈夫かなぁ〜と言う感じですが流石イペは違います。狂いもなくしっかりしています。

油性木部塗装用の『プラスウッド』で塗装をかけます。

ウッドデッキ塗装メンテ1

イペは密度が高いので染み込みも少ないですね。とても塗りやすいです。

ウッドデッキ塗装メンテ

ジャーン。塗装メンテ完了です!

このサイズだと30分で終わります。レッドシダーではもっと研磨や削りなどの下地処理に時間が掛かるので楽チンメンテナンスです。

ウッドデッキ塗装メンテ3

普段はDIY作品の製作に勤しんでいますが、たまにこんな時間の使い方も楽しいですね。せっかく製作した庭や作品もメンテナンスして長く愛用していく事も大切ですね。

では、また。

合わせて読みたいオススメ記事

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

tsukuroもっとStudio Blog

PAGE TOP