• DIY Days
  • tsukuroもっとスタッフ日記
アウディTT 8J プレッシャーリリーフバルブ交換!

【カーメンテナンス】アウディTT 8Jのプレッシャーリリーフバルブ交換!

愛車の整備は修理工場に依頼するのが良いですが、修理代も結構かかります。
外車の場合は特に割高ですね。

簡単な部品交換なら、自分で修理するのも1つの方法。今ではネットでも沢山の修理内容記事が掲載されています。
エラーコードを教えてくれる機器も沢山販売されているので、検討してみても良いかなと思います。

アウディTTのエンジン不具合を修理する!

エラーコード多発の愛車。。。

最近多発するメーターパネルにエンジン警告マーク。
修理工場に依頼するか悩んでいましたが、エラーコードが解るグッズを購入していた事を思い出しました。
『MAXWIN OBDマルチメーターiOBD2』と言う車両診断ツール。
車のOBD2規格のコネクターに接続して、Bluetoothでスマホアプリに表示するタイプです。

しかし、購入した当時のアプリは安定していなかったので『接続エラー』が多発。。

使えないやんっ!

と憤慨。
車のグローブボックスの奥の奥にしまってました。

久しぶりに接続してアプリを入れ直すと、結構安定して繋がる。
改善された様ですね。

と言う事で早速、トラブル診断スタートです。

アウディTT エラーコードP0171

エラーコードで出たのは『P0441』『P0171』。どちらかと言うと『P0171』リーンすぎる?と言うのが深刻そう。

ネットで調べるとプレッシャーリリーフバルブと言うのが問題の様です。

今はネットで『車名 型式 エラーコード』で検索すると色々出てきます。今回も部品番号まで掲載されていました。

純正じゃないけどスグレモノ!

部品番号はネットで検索できました。さて、どこに頼めば良いのかなぁ。
ダメ元でAmazonに部品番号を検索。

おっ!売ってる!
Amazon凄すぎます。

プレッシャーリリーフバルブ

と言う事で早速注文。
到着までに、ネットで詳しく部品交換の方法を調べて準備万端です!

【SPONSORED LINK】

プレッシャーリリーフバルブ交換作業開始!

それでは、早速プレッシャーリリーフバルブの交換作業を始めます。
どうやら、エンジンカバーの下側に問題のパーツがある様です。

アウディTT エンジンルーム

まずはエンジンカバーに繋がっているエアーダクトホースIN側を外します。
アウディはプラスドライバーではなくて、星型のトルクスレンチが必要です。

アウディTT エアーライン取り外し

ホースバンドはペンチで挟んで広げるタイプですが、大きさが合わない。
おっ!バークランプがあるではないか!
DIYやってて良かった!

アウディTT エアライン取り外し2

エンジンカバーのアウト側のホースとコネクターも外します。
これで、エンジンカバーが外せます。

アウディTT エアライン取り外し3

エンジンカバー外し方解らん!

さぁ、エンジンカバーを外します。
ネットで見ると、エンジンカバー自体を引き上げて外す様です。

アウディTT エンジンカバー取り外し1

ぐっっ!

あれっ?外れない?
ぐっっぐっっ!

一時中断。なんで外れないんだろう。ネットで再度、確認。
力づくなのね。。。

ぐっっぐっっ!バキバキ(嫌な音)

スポッ!外れましたー!

エンジンカバーの固定部品を見ると、ゴムパーツが。
う〜ん。アウディは不思議な固定方法ですね。

アウディTT エンジンカバー取り外し2

奥側のゴム固定部品。
ボルトとかで外す方法にならないんでしょうか。。。

アウディTT エンジンカバー取り外し3

エンジン側のゴム固定部品をエンジンカバー側の固定穴にはめる固定方法。
理由はわかりませんが、エンジンカバーを外す都度にヒヤヒヤものです。

アウディTT エンジンカバー取り外し4

1時間で終わる予定の作業でしたが、エンジンカバーを外す作業で1時間。予定外です。。
修理は推理だ。ウンウン。

【SPONSORED LINK】

プレッシャーリリーフバルブ交換

エンジンカバーを外すと、注文した部品に似ている部品を発見。これですね。
じっくり観察して取り外し方を確認。

アウディTT プレッシャーリリーフバルブ交換1

最初にホース2本を外して、トルクスレンチでビスを外せば取れる様です。

アウディTT プレッシャーリリーフバルブ交換2

無理をせず、様子を見ながら慎重に外します。

アウディTT プレッシャーリリーフバルブ交換3

取り外して見ると、オレンジ色のパッキンは問題ない様ですね。
頼んでいなかったので良かったです!

基本、部品交換とパッキン交換はセットですよ~

アウディTT プレッシャーリリーフバルブ交換4

新旧プレッシャーリリーフバルブを比べて見ると多少の違いがあります。
改善部品の様です。

アウディTT プレッシャーリリーフバルブ交換5

プレッシャーリリーフバルブ自体は外した順序の逆で難なく取り付け完了しました。
トルクスビスを締め付けすぎてナメない様に注意するくらいですね。

地獄のエンジンカバー取り付け

最後の難題が残っています。。。
外すのに苦労したエンジンカバーの取り付けです。位置を確認してぐっ!と押し付けます。

もちろん、はまりません。。。
ドイツ人〜なんとかしてくれー!

気持ちを強く持って。バンバンバンバンっ!

なんとかハマりました。手が痛い。。。
アウディTT プレッシャーリリーフバルブ交換6

最後に全体を綺麗に清掃して、プラスチック部品に艶出し材を塗って完了です。

整備を終えて

外車の整備は日本車と取り付け方法や調整方法が違い、独特なケースが多いです。工具も特殊な物を使います。ネットで整備作業の記事を探して前準備はしっかりとした方が良いです。今回の部品交換以降、エラーコードは出ていませんので、ビンゴ!の様ですね。

【SPONSORED LINK】

おすすめグッズ

愛車の不具合がエラーコードでわかる!私が所有しているタイプの最新バージョン。


こんな部品まで売っているAmazonすごい!