【木工テクニック】100均木材を相欠き継ぎで長さを足す方法

DIYでも大活躍の100均木材ですが、長さが450mmまでです。
製作する作品によってはもう少し長さが欲しいって事があります。

そこで、100均木材を相欠き継ぎで希望の長さに加工する方法をご紹介します。

【SPONSORED LINK】

相欠き継ぎ加工テクニック

相欠き継ぎとは、木材と木材を繋ぐ加工方法で、一番使うテクニックです。
通常は同種の部材同士を厚さ半分づつ欠いて合わせる技法です。

採寸と墨書き作業

前回製作したキャンピングテーブルです。
テーブルの大きさとフレームの長さが合わなくて後50mm程伸ばしたいなぁと思いました。
(記事下に製作記事リンクがあります。ぜひ!)

100均木材相欠き継ぎ1

そこで、今回の相欠き継ぎ加工を行う事にしました。
継ぐ木材も同じ100均木材です。継ぐ木材の長さは必要な長さ+重なり部分の長さです。

100均木材相欠き継ぎ2

重なり部分の長さは、その部材に掛かる荷重によっても変わります。
重ねる幅の目安は『木材の太さ』まで。
今回は加工済みの部材に継ぐ事と、それほど荷重が掛からないので15mm重ねます。

100均木材相欠き継ぎ3

スライド丸ノコ台を使った欠き加工

通常、相欠き継ぎ加工は木材の太さ1/2づつ欠いて重ねます。
欠き加工はノミノコギリを使う方法や丸ノコ、トリマーなどの電動工具を使う方法があります。

スライド丸ノコ台があると欠き加工にも便利です。
通常のDIYでも大活躍するので製作をオススメします!

スライド丸ノコ台で欠き加工を行う前に丸ノコの刃の出量調整を行います。
テストピース(使わない同じ部材)を使って微調整します。

100均木材相欠き継ぎ4

丸ノコ刃はロックする事で固定しているので、微調整は慣れが必要ですね。
今回は部材太さ10mmなので5mm欠きます。

100均木材相欠き継ぎ5

刃の調整が出来たら、欠き加工を始めます。
部材の欠き境界線(墨線)を先に欠いて、ズラしながら欠いて行きます。

100均木材相欠き継ぎ6

写真位まで細かく欠いておくと、ノミで整える作業が楽になります。

100均木材相欠き継ぎ7

継ぐ部材も同じ様に欠いて行きます。
(若干横着して、4個とも同時に加工。。)

100均木材相欠き継ぎ8

こちらも、後作業が楽な様に細かく欠いておきます。

100均木材相欠き継ぎ9

丸ノコの欠き作業が終わったら、ノミで接合部を整えます。

100均木材相欠き継ぎ10

整えたら、木工用ボンドを塗って、クランプなどで圧着乾燥させます。

100均木材相欠き継ぎ11

継ぐ際には差し金などで真っ直ぐに継ぐ様に確認しましょう。

100均木材相欠き継ぎ12

相欠き継ぎ接合完成

最後にカンナサンドペーパーで面を整えて完成です。

100均木材相欠き継ぎ13

後は塗装して完成ですが、継いだ部分の幅が取れなかったので一手間加えます。

100均木材相欠き継ぎ14

相欠き加工は道具をたくさん使いますが、DIYでも結構使うテクニックです。
難しい加工ではないので、何度もトライしてマスターしましょう。

【SPONSORED LINK】

爪楊枝も立派なダボ

荷重は掛からないのですが、今回はテーブル下のフレームなのでダボ加工を追加します。
ダボとして使うのは『爪楊枝』です。爪楊枝も丸木材なので、ダボとしても使えますね。

2mmのドリルで穴を開けます。

100均木材相欠き継ぎ15

爪楊枝にタップリと木工用ボンドを付けて、差し込みます。

100均木材相欠き継ぎ15

木工用ボンドの水分で爪楊枝が膨らんで、シッカリと固定されます。

100均木材相欠き継ぎ16

乾燥したら、アサリなしのノコギリで余分な部分をカット。

100均木材相欠き継ぎ17

相欠き継ぎ+ダボ加工完了

最後にサンドペーパーで整えて塗装。
相欠き継ぎ+ダボ加工が完了しました。

100均木材相欠き継ぎ18

テーブルの最後の板でフレーム固定出来る様になりました!

100均木材相欠き継ぎ19

キャンピングテーブル製作記も見てください!

作業を終えて

相欠き継ぎ加工は、強度を出しながら木と木を繋ぐテクニックの1つです。木のつなぎ方は高度な加工法もたくさんありますが、一番使うのが相欠き継ぎだと思います。マスターしておくとDIYでも何かと便利です。是非、トライして見てください。

おすすめ商品

ダボ切り作業には必須アイテム

DIY情報サイト『tsukuroもっと』運営管理者
物作りが大好きな事からDIY情報サイト『tsukuroもっと』を2016年からスタート。
DIY歴 20年以上 佐賀県出身 山梨県在住