100均木材 キャンピングテーブル

【100均DIY】キャンピングテーブル(スノコタイプ)を100均木材でDIY!

暑い夏が落ち着いてチョット涼しくなると本当のキャンプシーズンかなと思います。
そこでキャンプ用品をDIYしようと思いました。今回はキャンプの必需品、キャンピングテーブルを作ります。
ポイントは軽さ携帯性です。

テーブル天板はスノコ状に組んで、クルクル巻いて携帯できるタイプの予定です。

【SPONSORED LINK】

キャンキングテーブルの材料

  • セリア木材 檜板材 2set
  • セリア木材 角材2P 2.5×1.5 2set
  • セリア木材 角材2P 3.8×0.7 7set
  • 布テープ 2m
  • M6長ネジ 300mm×2
  • M6六角ボルト 40mm×4
  • M6蝶ナット 12個
  • 木ダボ 10mm×4

キャンピングテーブルの道具

  • 丸ノコ、丸ノコガイド
  • 差し金、メジャー
  • 電動ドリル 6mm、10mm
  • ノコギリ 2種
  • 木工用ボンド
  • 布ペーパー #100、#240
  • 100均ステンシルスタンプ
  • ブライワックス(ラステックパイン)
  • タッカー

DIYレシピ

キャンピングテーブル材料の選定

今回のキャンピングテーブルは分解して持ち運べる携帯性を重視します。
そこで選定したのが、100均木材です。サイズ感も軽さも丁度良いですね。
なんと言ってもコストでしょうか。

100均木材 キャンピングテーブル材料

部材を並べてみて、大きさや組み方を考えました。
天板サイズは450mm×400mmくらいで高さは350mmを想定。

100均木材 キャンピングテーブル 構想

テーブル天板部材の製作

テーブル部材は0.7×3.8を14枚を長さ400mmに加工します。
加工後は布ペーパーで角や面を整えておきます。

100均木材 キャンピングテーブル テーブル部材製作1

サイズカットは最初に片面を直角出ししてから採寸し、カットします。

セリア部材に限らず、購入した木材は直角になっていない事が多いですね。

100均木材 キャンピングテーブル テーブル部材製作2

フレーム・脚部材の製作

フレームは檜材35mm×10mm×450mmをそのまま活用。
脚部材は角材25mm×15mm×450mmを長さ370mmに4本加工します。

100均木材 キャンピングテーブル 脚部材製作1

フレームの両端から20mmにM6用の穴を開けます。
この穴はフレーム固定用のM6長ネジを通す穴です。

100均木材 キャンピングテーブル フレーム部材製作1

フレームと繋ぐ脚部の穴は端から12.5mmの位置にM6用の穴を開けます。

100均木材 キャンピングテーブル 脚部材製作2

M6用の穴は木工用6mmドリルで開けます。
なるべく真っ直ぐに。

100均木材 キャンピングテーブル フレーム部材製作2

テーブル高さを350mmとした時の脚固定位置を検討します。
あまり脚を寝かせすぎない位置が負担が少なくて良いかなと。

100均木材 キャンピングテーブル フレーム部材製作3

という事で、フレーム部材の端から70mmの位置に脚固定用のM6穴を開けます。

100均木材 キャンピングテーブル フレーム部材製作4

次に脚の角度を支えるストッパーとして木ダボの位置を検討します。

100均木材 キャンピングテーブル フレーム部材製作5

フレーム部材端から45mm、下面から13mmの位置に木ダボ10mm用の穴を開けます。

100均木材 キャンピングテーブル フレーム部材製作6

全ての固定用の穴あけが完了しました。
脚部材はノコギリを使い、角を丸く加工。
全ての部材を#100、#240布ペーパーで整えます。

100均木材 キャンピングテーブル フレーム部材製作7

脚部の角度固定用ストッパーとして木ダボを今回使いました。
8mm以上の丸棒でも大丈夫です。

100均木材 キャンピングテーブル フレーム部材製作8 木ダボ

フレーム部材の内側に脚部材厚15mm以上出る様に木工用ボンドで接着します。
この時にダボが直角になる様に差し金で確認して乾燥させます。

100均木材 キャンピングテーブル フレーム部材製作9

フレーム外側に飛び出た余分なダボはアサリなしノコギリでカット。

100均木材 キャンピングテーブル フレーム部材製作10

フレームは長ネジと蝶ナットで固定。

100均木材 キャンピングテーブル フレーム部材製作11

脚はM6六角ボルトと蝶ナットで固定。
フレームの加工が完了です。

100均木材 キャンピングテーブル フレーム部材完成

フレームの加工のポイントは、全て同じ正確な位置に穴を開ける事です。
ここの精度が悪いと安定性がないフレームになってしまいます。

【SPONSORED LINK】

100均ステンシルスタンプ

全体の塗装を行う前に、100均スタンプで文字を入れます。
100均スタンプは連結が出来るのでオリジナル文字列をスタンプするのに便利ですね!

100均木材 キャンピングテーブル ステンシルスタンプ1

それらしくなりましたね。
売っている製品みたい!

100均木材 キャンピングテーブル ステンシルスタンプ2

ブライワックス塗装

スタンプが乾燥したら、ブライワックスで全体を塗装します。
スタンプが見える様に薄めのラスティックパイン色にしました。
自然の中で使う事を考えるとこの位の色が良いかなと思います。

100均木材 キャンピングテーブル ブライワックス塗装

塗装が完了。
2時間ほど乾燥させて、余分なワックスを拭き取ります。

100均木材 キャンピングテーブル ブライワックス2

テーブル天板の製作

テーブル天板を布テープで連結させます。
布テープは手芸店で購入しました。

100均木材 キャンピングテーブル テーブル部材組立1

フレームを中心に置いて、布テープでフレームを固定する感じにします。

100均木材 キャンピングテーブル テーブル部材組立2

まず、中心に近い板をタッカーで固定。

100均木材 キャンピングテーブル テーブル部材組立3

板の並びラインに注意しながら、5mm厚ベニアを間隔ガイドとして固定して行きます。

100均木材 キャンピングテーブル テーブル部材組立4

両端の板は布テープで包む様に回して固定。

100均木材 キャンピングテーブル テーブル部材組立5

余分な布テープをカット。
ホツレ防止にライターで炙って溶かします。

100均木材 キャンピングテーブル テーブル部材組立6

布テープの端をタッカーで固定して完了。
(タッカーの針が目立つので、黒色塗料で針を塗装しました。)

100均木材 キャンピングテーブル テーブル部材組立7

キャンピングテーブルの完成

フレームに天板を乗せて完成です。
天板の2枚目でフレームと天板を固定してます。
結構、シッカリと固定できました。

100均木材 キャンピングテーブル 完成1

という事は。。。
天板の枚数、1枚づつ多かったのかな。
まぁ良いか!

100均木材 キャンピングテーブル 完成2

過去に製作した燻製BOXやラダーシェルフを並べて、完成パーティー!

100均木材 キャンピングテーブル 完成3

キャンプ用品の機能として携帯性は欠かせません。
全部分解可能です!

100均木材 キャンピングテーブル 完成4

フレームと脚、ボルトを天板で包めば、コンパクトに!
しかも軽い!

100均木材 キャンピングテーブル 完成5

製作を終えて

今回はキャンプ用品として製作しましたが、一人用のリビングテーブルとしても活用できるかなと思います。部屋の中でキャンプ用品使うのもオシャレですよね!そんなに複雑な加工はありませんが、携帯できる様に分解する方法や使用強度を考えるのは悩みました。結果、良い感じになったかなと思います。(自画自賛)

おすすめ商品

布や簡単な仮止めにも使えるタッカー。


明る目のラステックパインはキャンプ用品に最適な色です。

追記

どうしてもフレームの長さが気になって、相欠き継ぎ加工でフレームを長くしました。
100均木材相欠き継ぎ19
相欠き継ぎ加工でフレームを伸ばした記事はこちらです。

DIY情報サイト『tsukuroもっと』運営管理者
物作りが大好きな事からDIY情報サイト『tsukuroもっと』を2016年からスタート。
DIY歴 20年以上 佐賀県出身 山梨県在住