【電動工具】鉄やレンガを切断するディスクグラインダーの使い方?DIY基礎知識?

ディスクグラインダーの使い方

鉄筋を切ったりレンガを切断する時に便利なのがディスクグラインダーです。硬いものを容易に切断できるグラインダーですが、注意すべき点もあります。屋外の作品、特にガーデニングDIYで大活躍するグラインダーの使い方と注意点などをご紹介します。

ディスクグラインダーの詳細

価格帯

スタンダードタイプは8,000円前後から。ブレーキ付きなどで金額が上がります。

グラインダートップ画像

  • コードタイプ:6,000円〜10,000円前後
  • 充電式タイプ:13,000円〜19,000円前後

上記のグラインダーは、マキタ製のコードタイプです。

ディスクグラインダーの名称

スピンドルロック:ディスク交換時のロックナット緩めるとき、押して回転を止めます。

ディスクカバー:ビスを緩めてカバー位置を変える事が可能です。取り外しての使用は厳禁。

グラインダー名称1

ディスクロックナット:ディスクを固定するナット。専用スパナで緩めます。

グラインダー名称2

スイッチ:電源スイッチです。

グラインダー名称3

ディスクの交換方法

ディスクグラインダーはディスクを交換する事で様々な物を切断できます。今回は鉄工用から石材用に交換してみます。

ディスクグラインダー

?スピンドルロックを押して回転をロックします。(深く押せない場合は、手動でディスクを回すと深く押せるポイントがあります。)

ディスクグラインダー ディスク交換1

?付属の専用スパナでロックナットを緩めます。

ディスクグラインダー ディスク交換2

?緩んだらロックナットを外して、石材用ディスクに交換します。替えのディスクをはめ込んだら、ロックナットを手で締め込みます。

ディスクグラインダー ディスク交換3

?スピンドルロックを押しながら、専用スパナで締め付けます。

ディスクグラインダー ディスク交換4

?ディスクの取り付け時に斜めになっていないか確認して、ロックナットで確実に締め込みます。締め込みが緩いと事故の原因にもなります。確実に締めましょう。

これで石材用ディスクへ交換ができました。

ディスクグラインダー レンガカット

ディスクグラインダーの注意点

ディスクグラインダーは専用ディスクが毎分約1万回転という高速で回転し、切ったり削ったり磨いたりできる多用途ツールです。そのため本体をしっかり持っていないとはじかれて大怪我をする危険性もあります。

ディスクグラインダー 危険

安全に使用するための注意点を3つご紹介します。

注意点?:ディスクの回転方向に気をつけて、切断箇所から目を離さずしっかり本体を持って作業しましょう。

注意点?:保護眼鏡も必ず装着しましょう。

保護眼鏡を必ず装着すること

注意点?:ディスクの回転が止まるまでディスクに物が接触しないように注意しましょう。

材質別の切断方法

高速で回転するディスクは大変危険なので、しっかりと部材を持ちます。保護眼鏡も必ず着用しましょう。

鉄筋の切断

ブロック積みの際使用する鉄筋は、しっかりと保持してグラインダーのディスクを垂直に押し付けます。火花が出るので、溶けたり燃える物を近くに置かない事!

グランダー鉄筋切断1

D10の鉄筋(10mm径)の鉄筋が30秒程で切断できます。切り口は鋭いバリができるので要注意!

グランダー鉄筋切断2

レンガの切断

今回は溶岩レンガをカットしてみます。切断する寸法に墨線を入れます。

ディスクグラインダー レンガカット

切断に使うディスクは石材用です。

ディスクグラインダー レンガカット1

真っ直ぐしっかりとグラインダーを保持して、墨線に合わせて切断していきます。

ディスクグラインダー レンガカット2

横面も同じように切断していきます。

ディスクグラインダー レンガカット3

タガネを切断した溝に差し込み金づちで叩きます。(幅広のレンガ切断用タガネもあります。)

ディスクグラインダー レンガカット4

レンガの切断が完了です。結構簡単に切断できますね。

ディスクグラインダー レンガカット5

まとめ

特にガーデンDIYで大活躍するディスクグラインダーですが、切断道具特有の危険性もあります。危険な道具である事を十分に認識して活用すれば、様々なDIYシーンで大活躍します。

ディスクも様々な種類があり、鉄やアルミ、レンガ、ブロックから木材までの切断ができます。用途によって使い分け、レベルアップしたDIYを楽しみましょう!

おすすめグラインダー

基本性能がシッカリしてリーズナブルなディスクグラインダー。コードタイプです。

合わせて読みたいオススメ記事

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

tsukuroもっとStudio Blog

PAGE TOP