バーカウンター

【家具DIY】SPF材の骨組みで作る無骨な天板の男前カフェ風BARカウンター

実際のBARで使われていたカウンターの天板を頂くことができました。その天板を活かして幅2000mm×高さ900mmの本格的な「カフェ風BARカウンター」をDIYしたいと思います。

天板は大人2人がやっと持てるぐらいの重い木材なので、骨組みはしっかりと組む必要があります。SPF2×4材をメインに骨組みをして、その上にシナベニアを張りブラックボードペイント塗装した、カフェ風BARカウンターをイメージして製作していきます。

【SPONSORED LINK】

BARカウンターの材料

  • SPF 2×4材:1820mm…10本
  • SPF 1×10材:2100mm…2本
  • Lアングル金具
  • コーススレッド:65mm、16mm
  • シナベニア:900×900mm(4mm厚)…5枚
  • シナベニア:900×600mm(4mm厚)…2枚
  • ベニア合板:900×900mm(12mm厚)…1枚
  • ベニア合板:900×600mm(12mm厚)…2枚
  • アガチス材:50×900mm(5mm厚)…7枚
  • 桧コーナー材:900mm(5mm厚)…6本

BARカウンターの道具

  • 丸ノコ、丸ノコ定規、丸ノコガイド
  • スライド丸ノコ
  • インパクトドライバー
  • 差し金
  • メジャー
  • サンドペーパー#100
  • 平行定規(大工道具DIYにて製作)
  • 木工用ボンド
  • クランプ各種
  • 金づち
  • マスキングテープ
  • 塗料1:ブライワックス(ジャコビアン)
  • 塗料2:ターナー色彩チョークボードペイント(黒)
  • 塗料3:室内壁塗装用の水性ペイントつや消し黒
  • 塗料4:水性シーラー
  • 塗装セット:塗装ローラー、刷毛

DIYレシピ

天板の修正

天板は「ゴムの木」でできているので、密度がありとても重い木材です。厚さも60mmもあり、かなり分厚い木材です。

裏返してみると、前の取り付け跡の接着剤が付いていました。剥がそうと思いましたが、とても硬く剥ぎ取れなかったので断念しました。仕方がないので、接着部分を避けながら取り付ける位置を決めることにしました。

カフェ風カウンターDIY 天板の修正

過去に制作した平行定規で、SPF材の骨組みと天板を合わせる位置を確認します。

カフェ風カウンターDIY 天板の修正2

天板の角を落として、安全に使えるようにしたいと思います。

天板の角を落とします

丸ノコでカットしていきますが、カットする墨線(角度)に丸ノコ定規を添わせてカットすれば、希望通りの仕上がりになります。

カフェ風カウンターDIY 天板の修正3

カフェ風カウンターDIY 天板の修正5

天板の処理として、古い塗装をサンドペーパー#100で落とします。
根気強く木肌が出るまで磨きます。

今回の作業は、外でカットして室内で組み立てました。室内作業は床に傷が付かないように厚手のシルバーシート#3000等で養生しましょう。

カウンター骨組の製作

重い天板のためしっかりとした骨組が必要なので、カウンターの骨組はSPF2×4材を使います。

カフェ風カウンターDIY 部材

部材のサイズカットはスライド丸ノコを使用しました。

カフェ風カウンターDIY 切り出し

骨組み下部の組み立て

まずは、カウンター骨組の土台となる部分から組んでいきます。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作1

柱はSPF2×4材(802mm)を455mm間隔で組んでいきます。

柱を455mm間隔で取り付けます

骨組の主要部分は、コーススレッド65mmで固定していきます。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作3

カウンターの下部には、床への傷防止とカウンターごと滑らせることができるように、フェルトシートを80×120mmにカットして貼ります。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作4

フェルトシートを貼る位置は、「重量が掛かる柱の下」に貼ります。コーススレッドで固定してからフェルトシートを貼っていきます。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作5

骨組下部の角は、補強のためにSPF2×4材(200mm)で固定します。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作6

骨組下部の組み立てが完了しました。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作7

骨組み側面の加工

カウンター側面は荷重が掛かるので、側面の柱に強度を持たせます。
柱部分をSPF2×4材のサイズ(38×89cm)に欠き取ります。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作8

欠き取った部分にSPF2×4材590mmを横に渡します。骨組みのねじれ防止にもなります。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作9

骨組上部の天板が乗る部分に、SPF2×4材を横にして固定します。(590mm…2本、900mm…2本)

カフェ風カウンターDIY 骨組製作10

カウンター側面下部の強化のために、Lアングル金具を取り付けます。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作11

天板と骨組の接合

大まかな骨組が出来上がったので、天板を乗せて強度の確認をします。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作12

骨組とカウンター天板の位置を平行定規を使って確認します。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作13

平行定規をスライドさせる事で、骨組と天板のズレを確認できます。位置が確定したら、下からコーススレッド65mmで固定します。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作14

中間柱の製作

天板の中間の反りを防止するために、カウンターの中央にSPF2×4材で柱を追加します。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作15

L型に組んだ柱にフェルトシートを2ヶ所貼り付けて、中央に設置します。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作16

固定する際は、コーススレッド65mmを斜めに打ち込みます。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作17

中間柱と天板の固定はLアングル金具で固定しました。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作18

骨組の強化

骨組の歪み防止のため、SPF2×4材を45度にカットして柱を斜めで支えるようにしたいと思います。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作19

留め型スコヤを使用すると、45度が簡単に墨付けできます。

斜めカットは、スライド丸ノコを45度に設定してカットします。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作20

柱に45度面がしっかりと接するようにして、コーススレッド65mmで固定します。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作21

クランプで側面を固定すると横にズレる事なく固定できます。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作22

全部で4ヶ所に斜め材を固定しました。これで縦方向、横方向共に強化することができました。

カフェ風カウンターDIY 骨組製作23

カウンターの骨組みが完成しました。天板がかなりの重量なので頑丈な骨組みになりました。

【SPONSORED LINK】

続きを読む
1 / 2