オーニングフレームDIY

【オーニングDIY】木製フレームを組んでリゾート気分オーニング?ウッドデッキを快適にDIY!

真夏の日差しは年々厳しいですね。

シェードを張ればOKですが、窓に近いと風が流れません。空間を作れば風は流れますが、いい商品がありません。

そこで、リゾート感?も演出できる木製のフレームを組んで雰囲気を出したいなと思いました。夏が終われば撤収しないと行けないのでボルト固定にして分解できる方が良いですね。

更にある程度、夕立ちにも強いほうが。。色んな要望を叶える様に構想を重ね今回の製作です。

それでは、夏を快適にオシャレに演出するオーニング木製フレームの作り方をご紹介します!

DIYレシピ

オーニング木製フレームの材料

  • 建築資材 赤松角材 30mm×40mm 2000mm 5本
  • オーニング
  • フック金具
  • パラコード・カラビナ

オーニング木製フレーム製作の道具

年々暑くなる夏。

日除けは必須です。

オーニング(シェード)をそのまま張っても良いですが、リゾート感?出したいなぁ。

オーニングフレームDIY01

更にオーニング(シェード)フックは、マグネットタイプや吸盤タイプありますが。。。

風が吹くと直ぐに取れてしまいます。

そこで、今回の木製フレームの製作です。

オーニングフレームDIY02

オーニングとオーニング木製フレームの部材解説

オーニングはAmazonで購入しました。

  • 1.8m×3.2mサイズ
  • 明るい黄色? リゾート感です!
  • 四隅で引っ張るタイプ

オーニングフレームDIY オーニング

オーニングや木製フレームの固定には、キャンプでも使うパラコード自在金具カラビナフック金具を使いました。

これで、夏が終わった後の撤収も楽ですね。

オーニングフレームDIY 部材04

木製フレームは建築資材の赤松角材を使いました。

赤松角材はホームセンターでも購入できて、非常に安価です。表面のペーパー掛けは必要ですが、とてもDIYに向いている素材です。

オーニングフレームDIY 部材05

オーニング木製フレームの構想

Xに木製フレームを組んでオーニングを張ります。

実際に重ねてみて寸法を取ります。

オーニングフレームDIY 構想06

プロトラクターで測って2本の交差角度は75°にします。

オーニングフレームDIY 構想07

今回製作の木製フレームの概略は以下のように。

アバウト過ぎですね。(笑)

実際には、ウッドデッキの奥行きやサッシ幅にも寄るので、大まかこの様な感じになれば良いかなと思います。

オーニングフレームDIY 構想図

木製フレームの採寸と墨付け

木製フレームの長さは2種類です。

今回は1950mm 2本2300mm 2本としました。

フレーム下面の角度を仮角度75°に墨付けして、そこから2種類の長さを測ります。

オーニングフレームDIY 製作08

先に1本を墨付けします。

交差する位置は任意です。交差点にプロトラクターで75°線を引きます。

オーニングフレームDIY 製作09

中心線から左右20mmの位置に75°線を引きます。

これで木製フレーム角材幅40mmになります。

motto
この墨付けは厳密に。

ゆとりが出来ると組み上げた時に左右で高さが変わります。

オーニングフレームDIY 製作10

中心線の中心点をマーキング。

この中心点がボルト穴になります。

オーニングフレームDIY 製作11

木製フレーム下面の仮角度75°をスライド丸のこでカット。

オーニングフレームDIY 製作12

先に墨付けした角材とその他の角材をクランプで固定し墨付け線を写していきます。

motto
角材の長物は多少なり曲がりがあるので、クランプで揃えてから墨付けします。

オーニングフレームDIY 製作13

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

© 2020 DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと DIY Design Studio