【雑貨DIY】2×4材を使って極太ラダーシェルフを作ろう。

2×4ラダーシェルフDIY top

ラダーシェルフはDIYでも大人気のアイテムです。インテリアやディスプレイに大活躍ですね。今回はSPF2×4材を足部に使い極太ラダーシェルフを製作します。特にプロトラクターの使い方を詳しくご紹介して見ました。

2×4ラダーシェルフの材料

  • SPF2×4材 550mm 2本
  • ホワイトウッド材 30mm×60mm 1本
  • コーススレッド 45mm
  • ワトコオイル

2×4ラダーシェルフの道具

  • 差し金
  • メジャー
  • プロトラクター
  • ノミ
  • トリマー
  • 丸ノコ
  • 丸ノコガイド
  • サンドペーパー #100
  • クランプ各種
  • インパクトドライバー
  • 刷毛
  • ステンシルセット

DIYレシピ

部材の採寸

今回は極太ラダーという事で、足部はSPF2×4材を使います。逆に棚部は30mm×60mmのWW材です。実用性よりインテリアですね。

2×4ラダーシェルフDIY 材料

全体の大きさは、SPF材の長さから550mmとしました。

2×4ラダーシェルフDIY 材料2

メジャーで550mmに墨付けをして、差し金で直角線を引きます。

2×4ラダーシェルフDIY 採寸

プロトラクターでの墨付け

角度を付けた墨付けでは、プロトラクターが便利です。

今回は70度の角度を付けたラダーにします。プロトラクターの分度器部分を70度に合わせて550mラインを起点に墨付けます。

2×4ラダーシェルフDIY プロトラクター1

足部は上下とも70度に墨付けします。

2×4ラダーシェルフDIY プロトラクター2

棚部は2段にするので3等分点を起点に墨付けます。70度墨付けライン長さ520mmを3等分します。

2×4ラダーシェルフDIY プロトラクター3

3等分では割り切れませんが。。。

170mmを1段目とします。

2×4ラダーシェルフDIY プロトラクター4

2段目は170mm×2という事で340mm。

2×4ラダーシェルフDIY プロトラクター5

プロトラクターで各起点から70度のラインを墨付けます。

2×4ラダーシェルフDIY プロトラクター6

2×4ラダーシェルフDIY プロトラクター7

棚部は足部にホゾ加工を行い組立ます。WW材のサイズは30×60となっていますが、実測すると29.5mm位。

よくある事ですが、ホゾ組み付けなどの場合は、実測を元に採寸・墨付けします。

2×4ラダーシェルフDIY プロトラクター8

ホゾ加工はキッチリキツめに加工したいので、29.5mmで墨付けます。プロトラクターで70度ラインに合わせて、差し金で29.5mm点を出します。

2×4ラダーシェルフDIY プロトラクター9

29.5mm点に合わせて、プロトラクターで墨付けます。

2×4ラダーシェルフDIY プロトラクター11

棚の位置は現物合わせで位置を決めしました。棚部材の周りをグルッと墨付け。

2×4ラダーシェルフDIY プロトラクター12

墨付け全体はこんな感じです。

2×4ラダーシェルフDIY プロトラクター13

反対側は70度では無く110度です。

足1)90度-20度=70度

足2)90度+20度=110度

2×4ラダーシェルフDIY プロトラクター14

同じ様な手順で110度の墨付けを行います。

2×4ラダーシェルフDIY プロトラクター15

トリマーでのホゾ加工

トリマーでホゾ加工する前に割れ防止の切り込みをノミで軽く入れます。

2×4ラダーシェルフDIY トリマー加工1

ホゾ穴加工(貫通した穴)の場合は電動ドリルノミで行いますが、今回は溝加工なのでトリマーを使います。

2×4ラダーシェルフDIY トリマー加工2

溝の深さは5mmとします。インテリアとしてのラダーシェルフ設定なので。

重量物を乗せる場合は10mm位は欲しいですね。

2×4ラダーシェルフDIY トリマー加工3

ベニア合板をフェンス(トリマー用ガイド)として活用します。

2×4ラダーシェルフDIY トリマー加工4

切削中の画像はご勘弁。手が離せないのです。

同じ深さの溝加工はトリマーが便利ですね。

2×4ラダーシェルフDIY トリマー加工5

4箇所のホゾ穴が完了しました。

2×4ラダーシェルフDIY トリマー加工6

部材カット

足部の上下を角度カットします。丸ノコガイドを70度に合わせて墨線通りに丸ノコでカットします。

2×4ラダーシェルフDIY 部材カット1

反対側の足は110度に合わせてカット。

2×4ラダーシェルフDIY 部材カット2

棚板は350mmを2本切り出します。

2×4ラダーシェルフDIY 部材カット3

切り出しが完了したら、サンドペーパー#100で全体を整えます。

2×4ラダーシェルフDIY 部材カット4

ラダーシェルフ組立

ラダーシェルフの組み立ては最初に木工用ボンドで接着し、ビス留めします。

2×4ラダーシェルフDIY 組立1

ホゾ溝に木工用ボンドを適量付けて。

2×4ラダーシェルフDIY 組立2

棚板組み付け後は、差し金で直角を確認。

2×4ラダーシェルフDIY 組立3

組み付け後に歪みなどを調整してバークランプ900mmで固定し、圧着します。

2×4ラダーシェルフDIY 組立4

木工用ボンドが乾燥したら、インパクトドライバー、皿取りきり、コーススレッド45mmを使い固定します。

2×4ラダーシェルフDIY 組立4

ビス位置を決める時は、差し金などを使い同じ位置に留めていきます。

その一手間で綺麗に見えますよ。

2×4ラダーシェルフDIY 組立6

最初に皿取りきりで下穴を開けます。皿取り深さはコーススレッドの頭の大きさに合わせて。

2×4ラダーシェルフDIY 組立7

インパクトドライバーコーススレッド45mmを留めていきます。

2×4ラダーシェルフDIY 組立8

ワトコオイル塗装

塗装は室内インテリアとして使うので植物性オイルのワトコオイル(ダークウォルナット)で塗装します。

2×4ラダーシェルフDIY 塗装1

刷毛塗装の基本。細かい部分や裏側から塗装。

2×4ラダーシェルフDIY 塗装2

2回塗装を完了し、しっかり乾燥させてウエスで余分なオイル成分を拭き取り磨きます。

2×4ラダーシェルフDIY 塗装3

ステンシル塗装

ステンシルはステンシルシートステンシルスタンプを使って雰囲気を演出します。

2×4ラダーシェルフDIY ステンシル

2×4ラダーシェルフ完成

極太ラダーシェルフが完成しました。無骨な感じの仕上がりです。

2×4ラダーシェルフDIY 完成1

2×4ラダーシェルフDIY 完成2

製作を終えて

今回の製作記事は特にプロトラクターを使った墨付け方法に重点を置いて構成しました。直角以外の加工ができる様になると、DIYの幅もグッと広がります。是非、トライしてみて下さい!

おすすめグッズ

角度がついた加工の時に大活躍するプロトラクター。一度使うと手放せない道具です。


溝加工に便利なトリマー。ワンランク上のDIYに。

合わせて読みたいオススメ記事

小さい時から物作りが大好きで何でも作ってみたくなる困った性格です。そんな経験からtsukuroもっとを始めました。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

tsukuroもっとStudio Blog

PAGE TOP