オーニングフレームDIY

【オーニングDIY】木製フレームを組んでリゾート気分オーニング?ウッドデッキを快適にDIY!

2300mm角材の墨付け

木製フレームの2300mmは長さが足りないので、角材を接合します。

接合する長さは、強度も考えて100mmにしました。

オーニングフレームDIY 製作14

1900mmの長さと600mmの角材を100mmづつ接合して2300mmの長さに。

オーニングフレームDIY 製作15

2種類4本の墨付けが完了したので、墨付け線に合わせて仮組みします。

そこでフレーム下面の角度を実測。

今回は120°と140°の角度に修正。

オーニングフレームDIY 製作16

木製フレームの加工仕上げ

墨線に合わせてフレームの長さをカット。

オーニングフレームDIY 製作17

交差部の片欠き加工する前に1950mm2本にボルト穴をあけます。

今回はM8ボルトで固定します。穴も8mmであけます。

オーニングフレームDIY 製作18

角度が付いた時の丸鋸ガイドはジャスティー2を使います。

オーニングフレームDIY 製作19

交差部の片欠きは、7mmの深さにしました。

2本まとめて加工しました。

motto
木製フレームには縦横から負荷が掛かるので、あまり深くしない方が良いですね。

オーニングフレームDIY 製作20

2300mmフレームの延長部分は角材の厚さ30mmの半分15mmで加工します。

オーニングフレームDIY 製作21

片欠き部分の不要部分をハンマーで叩き除去。

ノミで綺麗に仕上げます。

オーニングフレームDIY 製作22

ピッタリ合います。

オーニングフレームDIY 製作23

交差部分も綺麗に仕上げます。

オーニングフレームDIY 製作24

ボルト穴はフレームを組み合せて、先にあけた穴をガイドにして穴あけします。

オーニングフレームDIY 製作25

フレーム下面の先は鋭角になっているので、先端を少しカットしておきます。

コレで破損に強くなります。

オーニングフレームDIY 製作26

フレームの延長部材接合

2300mmの2つの角材を木工用ボンドで圧着。

クランプで押さえて乾燥させます。

オーニングフレームDIY 製作27

延長した接合部に8mmの穴を2ヶ所あけます。

オーニングフレームDIY 製作28

その穴に木工用ボンドを付けた8mm丸棒を打ち込んで。

オーニングフレームDIY 製作29

シッカリ乾燥したら。

オーニングフレームDIY 製作30

アサリなしノコギリでカット。

コレで、格段に強度が上がります。

オーニングフレームDIY 製作31

全ての加工が完了したので、丁寧にサンドペーパーで仕上げます。

オーニングフレームDIY 製作32

オーニングフレームの塗装

木製フレームを塗装します。

屋外なので屋外用塗料が最適ですが、色味の好みでブライワックス(ジャコビアン)にしました。

オーニングフレームDIY 製作33

オーニングフレームの組立

2種類のフレームを組み合わせてボルトでシッカリ固定。

オーニングフレームDIY 製作34

木製フレームの上端にフック金具を取り付け、オーニングカラビナで取り付けます。

更にパラコードを張り、固定します。

オーニングフレームDIY 製作35

サッシ側はこんな感じで取り付けました。

オーニングフレームDIY 製作36

前面フレーム上端は、パラコードでオーニングを張ります。

更にパラコードでウッドデッキと繋ぎ固定。

オーニングフレームDIY 製作37

オーニングフレームの完成

パラコードの張りを調整して完成です。

このオーニングの空間が良いですね。僕としてはリゾート風です!

オーニングフレームDIY 製作38

日よけとして、空気の流れを作る壁として。

そして目隠しとして。

オーニングフレームDIY 完成39

製作を終えて

サッシ前に空間が開くと、とてもいい風が流れます。

明るい色のオーニングは、リゾート感(笑)も演出する事が出来ます。木製フレームにした理由もその雰囲気を出したいなと思いました。

交差部分の加工が面倒な場合は、ボルト固定のみにして開き止めロープとフックなどで加工しても良いですね。一気に製作が楽になりますよ!

おすすめグッズ

今回使用したオーニングです。

キャンプ用ですが、オーニング押さえにも使えます。

自在金具があれば、パラコードの張りもラクラクです。

関連動画

スポンサーリンク

スポンサーリンク

© 2020 DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと DIY Design Studio