ヒンメリLED照明DIY

ヒンメリ照明をDIY! 真鍮パイプを使ったヒンメリLED照明の作り方をご紹介!

DIYでも人気の『ヒンメリ』ですが、オシャレなLED照明として作りました。
真鍮パイプを使う事でメタル感とアンティーク感を演出。オシャレな『ヒンメリLED照明』の作り方のご紹介です!

【SPONSORED LINK】

ヒンメリLED照明の材料

  • LEDペンダント照明ソケット
  • LED電球 26E 電球色
  • 真鍮パイプ 5mm×1000mm 2本
  • 銅線 0.7mm×6000mm

ヒンメリLED照明の道具

    • パイプカッター
    • ペンチ
    • プラスドライバー

ヒンメリLED照明DIY 材料

DIYレシピ

真鍮パイプのカット

ヒンメリ照明カバーの骨格は真鍮パイプを使います。
最初に大まかなイメージで採寸して横の膨らみを検討しようと思います。

ヒンメリLED照明DIY カット

パイプの肉厚は0.5mmなので、カッターでも切断可能かなと思いますが、出来ればパイプカッターを使った方が安全で綺麗にカット出来ます。
100均でもパイプカッターは販売されています。

ヒンメリLED照明DIY パイプカッター

LED電球とソケットの大きさを考えて膨らみを検討します。
電球の膨らみに合わせた方が綺麗に見えるかなと思いますね。

ヒンメリLED照明DIY 構想

真鍮パイプカット完了

という事で、真鍮パイプの長さを決定しました。
形状は5角形の涙型。
上部 1.5mmの五角形でソケット上部と合わせます。
中間部は125mm 5本と80mm 5本で5角形
下部は60mm 5本×3セットで構成します。

ヒンメリLED照明DIY 部材完了

ヒンメリ縦ラインの組立

最初に縦ラインから組み立てます。
余裕を見て銅線を2.0mにカットして縦ラインの構成順番で通して行きます。

これで2角分が出来ました。

ヒンメリLED照明DIY 縦ライン1

3角目は15mmからスタートして125mm、60mm、60mmを通して最下部で銅線を1回転させて留めます。

ヒンメリLED照明DIY 縦ライン2

4角目は最下部から60mm、60mm、125mm、15mmを通して行きます。

①15mmの5角形が出来るように意識する事。
②銅線はキツ過ぎず、ユル過ぎず。
キツ過ぎると最後の形の微調整が難しくなります。

ヒンメリLED照明DIY 縦ライン3

縦ラインの銅線結束を15mm五角形でやりたいので、5角目が出来たら他の真鍮パイプを通して上部まで持ち上げます。

ヒンメリLED照明DIY 縦ライン4

15mmの五角形が出来たら、2本の銅線を結束してカットします。

ヒンメリLED照明DIY 縦ライン5

通す方向は必ずこの順番でという決まりはないですが、五角形が出来る様に意識する必要があります。
間違えたらやり直し。という感じで。だんだんコツが理解できると思います。
(実際、2回やり直ししました。汗)

【SPONSORED LINK】

続きを読む
1 / 2