ノコギリガイド改良版

真っ直ぐに、希望サイズで切れるノコギリガイドDIY 【改良版】

ノコギリで正確に真っ直ぐ切りたい。

そんな希望を叶えてくれるのが『ノコギリガイド』です。

以前に製作したマグネット式ノコギリガイドも有効でしたが、マグネットの力が強いとノコギリを動かすのが重くなります。

今回はマグネットを使わず、挟み込むタイプの小さい力で引けるノコギリガイドです。

製作動画はコチラです!

DIYレシピ

改良版ノコギリガイドの材料

  • シナベニア合板 9mm厚 450mm角程度
  • M6六角ボルト 25mm、35mm、ナット、ワッシャー
  • 角材 25mm角程度

改良版ノコギリガイド製作の道具

  • 丸ノコ、丸ノコガイド等
  • 電動ドリル
  • 6mmドリル
  • 自作ドリルガイド
  • メジャー、差し金、スコヤ
  • ノコギリ、カンナ
  • サンドペーパー
  • 5mm彫刻刀
  • クランプ
  • 木工用ボンド

ノコギリガイド部材解説

各部材のサイズは参考値として下さい。

治具製作でも一番使い勝手が良いシナベニアの9mm厚を使います。

剛性のバランスも一番良いと思います。

ノコギリガイド改良版01

今回の挟み込みパーツの軸となるのがM6ボルトです。

太さと安定性でM6が一番かなと思います。

隙間を作るM6用ワッシャーもベストな隙間です。

ノコギリガイド改良版02

シナベニア130×75にノコギリを置いて、ボルト穴位置を決めます。

挟み込み範囲はノコが十分に動く幅を取ります。

motto
画像ではゼットソー7寸目ノコ刃を目安にしています。

ノコギリガイド改良版03

シナベニア130×75の両角(横20mm、縦13mm)にボルト穴をあけます。

ノコギリガイド改良版04

ドリルガイド(自作)を使い、6mmmボルト穴をあけます。

シナベニア130×75は2枚重ねで。

ノコギリガイド改良版05

130×75にボルト穴があきました。

ノコギリガイド改良版06

130×75の一枚にM6ボルトを指して、ボルト頭を墨付けします。

ノコギリガイド改良版07

墨付けに合わせて、5mm彫刻刀でボルト頭が埋まる深さまで掘ります。

motto
ボルトが回らない状態であればOKです。

半分の深さでボルトを5mm長いタイプでも。

ノコギリガイド改良版08

ボルト頭が埋まる位まで掘れました。

ノコギリガイド改良版09

剛性UP用として直角三角形のパーツを2個用意します。

ノコギリガイド改良版10

直角が出ている板を対角にカットすればOKです。

ノコギリガイド改良版11

全てのパーツが用意出来ました。

ノコギリガイド改良版12

ノコギリガイドの組立て

シナベニア130×90の上にボルト頭を掘ったシナベニア130×75を接着。

スコヤなどで直角を維持して、木工用ボンドが固まるのを待ちます。

ノコギリガイド改良版13

剛性用三角パーツを接着します。

ノコギリガイド改良版14

ノコ側のシナベニア130×75の角をカットします。

motto
ノコ刃の先を見やすくする為の加工です。

ノコギリガイド改良版15

間にM6ワッシャーを挟んで。

ノコギリガイド改良版16

シナベニア130×75を取付け、ナットで固定します。

ノコギリガイド改良版17

サポートバーの取付け

サポート用角材は、使用シミュレーションして位置を決めます。

ノコギリガイド改良版18

ボルトを通して蝶ナットで固定。

ノコギリガイド改良版19

ノコガイドの組立が完了しました。

ノコギリガイド改良版20

改良版ノコギリガイドの完成

実際に墨線に合わせてみて、視認性を確認。

ノコギリガイド改良版21

ノコギリガイドの使い方

捨て板を敷いてカットする部材とガイドをクランプで固定。

隙間にノコを差し入れます。

ノコギリガイド改良版22

後は前後に挽くと墨線通りにカット出来ます。

ノコギリガイド改良版23

製作を終えて

今回は前回製作したマグネット式ノコギリガイドの改良版として製作しました。

治具やガイド類は使用しながらバージョンアップしていく事が重要です。常に疑問を持ち、より良いものを目指す。

コレもDIYの楽しみの一つですね。

おすすめグッズ

ゼットソーのコンパクト柄タイプ

ゼット販売
¥1,193 (2021/11/27 19:33:31時点 Amazon調べ-詳細)

ゼットソー7寸目 精密カットに最適

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オススメ関連記事

© 2021 DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと by motto studio