DIY ビギナーズ

DIYビギナーズの悩み解決!

シンワ社 丸ノコ用平行定規

板材などを希望の幅でカットする時の必需品 丸ノコガイド定規

丸ノコを使って希望の幅でカットする時に使うのが平行定規(丸ノコガイド定規)です。 ウッドデッキの床板で必要な板幅が半端になってしまった場合は必需品の工具です。 丸ノコを買うと付属で付いていますが、もう少し安定した精度でカットしたい時には別購入する平行定規(丸ノコガイド定規)がオススメです。 数ある平行定規の中で、シンプルかつ使いやすいシンワ測定社製の丸ノコガイド定規をご紹介します。 シンワ測定社平行定規の概要 シンワ測定㈱は、曲尺や水平器、DIYでも活躍する測定に係る工具を製造販売するメーカーです。 製品 ...

丸ノコ刃交換72P

丸ノコの切れ味が落ちたら、チップソーは即交換! 刃数の違いの特徴をご紹介!

丸ノコの刃は消耗品なので、切れ味が悪くなる前に交換します。 切れ味が悪くなった刃のまま使っていると真っ直ぐ切れないどころか、事故や怪我の原因にもなります。使用頻度にも寄りますが、んっっ!と思ったら交換する癖を付けましょう。 今回はウッドデッキ材でも硬いアマゾンジャラのカット中に曲がってしまう現象が起きたので交換しました。 motto腕が悪いからではないですよ〜。 特に硬い木材の場合は切れ味の良い刃を使ったほうが事故防止になりますね。 SK11 木工用チップソー 72P 今回交換する為に用意したのが、DIY ...

丸のこガイド エルアングルフィット

安定した丸ノコ直角カットにはエルアングル フィットがオススメ‼

丸ノコはDIYでも必須アイテムです。そして、丸ノコと一緒に使うのが丸ノコガイド定規です。 丸ノコガイド定規は加工する部材や角度に合せて沢山の種類があります。私はDIYを始めた当初から様々な角度でカット出来る丸ノコガイド定規『ジャスティーⅡ』を愛用していましたが、剛性面で不安定になる事も。 motto修行不足は承知の上ですが。。。 腕を道具でカバーです! 一番使う直角カットの安定性を高めたいなと言う事で『シンワ測定社製 エルアングル フィット』を購入しました。 という事で、今回は『直角カットに特化したエルア ...

墨線の引き方

墨線の引き方とカットする時の注意点 DIYで役立つポイントをご紹介!

DIYでも木材を加工する時に最初に行うのは、寸法を測って墨線(切る位置のライン)を引く作業です。同じ寸法で墨線を引いてカットすると。。 あれっ!寸法が微妙に違うっ!なんてことありませんか? 原因は、寸法を測って引いた線の位置とカットする時の位置が微妙にバラバラだからです。墨線を引く時やカットする時には『墨線とカットのルール』を決めておくことが重要です。 そこで、墨線を引く時のルールやポイント、カットのルールの一例をご紹介します。 この方法が絶対ではないですが、寸法違いのトラブルを防げる方法です。 墨線(す ...

鬼目ナット

木にボルトを使いたい!爪付きTナット・オニメナットを解説!

木工製作でボルトを使うケースは折りたたみ式の椅子や電動工具の治具などがあります。 『木と木を固定しながら動かす時』や『固定する位置を頻繁に変える場合』はボルト留めの出番ですね。 『ボルト穴を貫通させて固定する場合』は通常のナットで問題ありませんが、ナットを埋め込む場合は専用のナットを使います。 専用ナットを大きく分けると『爪付きTナット』と『鬼目ナット』の2種類があります。 そこで爪付きTナットと鬼目ナットの特徴と使い分け方を解説します! 木にボルトを付けるナットの道具 爪付きTナットや鬼目ナットを木材に ...

センタードリルビット

蝶番取付ビス穴の中心に穴をあけたい! センタードリルビットをご紹介!

ドアや木箱の製作で一番厄介なのが、蝶番の取り付けですね。 蝶番の取り付け位置を決めて、ビス穴の中心に下穴をあけたつもりがズレてたり。 そのまま、ビスを打つと。ズリっと最後にナナメに。。。。 蝶番のほとんどが、ビスの皿取り加工されているのが原因です。 下穴が中心に無いとズレてしまいます。 でも、正確に下穴を開ける事ができたら。蝶番取り付けを多用したDIYの幅も広がります。 そんな便利グッズ『センタードリルビット』をご紹介します! センタードリルビット 今回ご紹介するセンタードリルビットは『AFUNTA』社製 ...

丸ノコガイドの作り方

丸ノコの直線切り治具 丸ノコガイドの作り方と使い方をご紹介!

丸ノコを使って好みの幅で長く木材をカットする時に使う『丸ノコガイド』はとても手軽で便利な治具です。更に簡単にDIY出来る治具です。 今回は以前に製作した棚板を1×2材幅にカットして再利用する作業を通して『丸ノコガイドの使い方』をご紹介します。 丸ノコガイドは自作も可能! はじめに自作できる丸ノコガイドの製作方法について簡単にご説明します。 丸ノコガイドに適している木材はシナベニア合板です。 利点は以下の通り。 ⑴ベニア合板は正確にカットされた製品なので、直線が既に出ている。 ⑵シナベニアは表面が綺麗で丸ノ ...

カンナの基本

鉋(カンナ)の名称と基本的な使い方&刃の取り外し方法をご紹介!

カンナは木材の表面を薄く削り、木材の表面を滑らかにする道具です。 サンダーやサンドペーパーとは比べものにならないくらい滑らかな面を作り出せます。 しかし、カンナは「大工道具の中でも扱いが難しい」というイメージが強いですね。 でもポイントを押さえれば、とても心強いDIY道具の1つとしてラインナップします。 カンナは作業の種類に応じてたくさんの種類があります。(プロ仕様の高価なカンナなど…。) DIYではそこまで高価な物は扱いきれませんよ。 今回はホームセンターで買えるカンナの基本的な使い方をご紹介します。 ...

ディスクグラインダーの基本

鉄やレンガを切断するディスクグラインダーの使い方をご紹介!

鉄筋を切ったりレンガを切断する時に便利なのがディスクグラインダーです。 硬いものを容易に切断できるグラインダーですが、注意すべき点もあります。 屋外の作品、特にガーデニングDIYで大活躍するグラインダーの使い方と注意点などをご紹介します。 ディスクグラインダーの詳細 ディスクグラインダーの価格帯 スタンダードタイプは8,000円前後から。 ブレーキ付きなどで金額が上がります。 コードタイプ:6,000円〜10,000円前後 充電式タイプ:13,000円〜19,000円前後 上記のグラインダーは、マキタ製の ...

下地探し方法1

棚を設置する時の壁の下地(柱)を見つける方法をご紹介!

部屋の壁に飾り棚を取り付ける際、壁の場所によって棚が「取り付けられる場所」と「取り付けられない場所」があることをご存知ですか? 軽い物を飾る場合は場所を問いませんが、ある程度重さがあるものを固定したい場合は「取り付けられる場所」へ正確にビス打ちしないと棚ごと落下してしまいます。 それでは一体、棚を「取り付けられる場所」とはどこを指すのでしょうか? それは、壁の内側に下地(柱)がある場所の事を指します。 「下地=柱」を確実に探し当て、そこにしっかりビス打ちができれば、安全に棚を固定することができます。 本日 ...

ブライワックス

ビンテージ感を演出するブライワックスの塗り方と特徴をご紹介!

無垢材の仕上げに使われる「BRIWAX(ブライワックス)」は、英国王室ご用達の優れた家具用ワックスです。 DIYに用いた場合、手軽にビンテージ感を演出できるので人気があります。 そんな人気のBRIWAX(ブライワックス)の塗り方と特徴をご紹介します。 さらに、ワトコオイルと塗り比べをして、どちらの色合いが風合い良く仕上がるか比較検証もしてみたいと思います。 BRIWAXの紹介 ブライワックスの開封 ブライワックスは缶に入っており、車の固形ワックス缶と同じように蓋をマイナスドライバーや皮スキで開封します。 ...

ジグソーの使い方

曲線切り&ホゾ穴加工も可能なジグソーの使い方をご紹介!

直線切りには丸ノコやスライド丸ノコが活躍しますが、曲面を切ることはできません。 曲面を切りたい場合は『ジグソー』の登場です! ブレードと呼ばれる刃を交換する事で、曲線切りからほぞ穴加工まで多彩な切り方が可能です。 丸ノコより安全で、女性やDIY初心者でも安心して扱えるので、まず最初に揃えたい工具としてオススメします。 ジグソー 商品名&価格 今回ご紹介するジグソーは『マキタ ジグソー M421』です。価格は8,400円でした。 (一般的に、基本的な機能付きで3,000円〜、フル装備タイプで10,000円前 ...

Copyright© DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと DIY Design Studio , 2019 All Rights Reserved.