【テーブルDIY】1800×900の大きなカフェ風ダイニングテーブルを作ろう

1800×900大きなカフェ風ダイニングテーブル

ダイニングテーブルと言うと、長さが1600mmくらいのものが一般的な大きさですが、たくさんの友人と語らうにはちょっと小さいですよね。そこで、ミーティングも出来る1800×900mmの大きなカフェ風ダイニングテーブルをDIYします。

使う材料はSPF1×10材を4枚と、反り防止のSPF1×6材、SPF1×4材そして鉄脚です。SPFで1820mmの材料だと反りや曲がりも大きく修正は大変ですが、天板の材料としては安価に購入できるので頑張りましょう!

材料

  • SPF1×10材:1820mm…4枚
  • SPF1×6材:910mm…2枚
  • SPF1×4材:910mm…5枚
  • 木ダボ6mm
  • 鉄脚4本
  • コーススレッド:32mm

道具

  • 丸ノコ&丸ノコガイド
  • インパクトドライバー&ドリルアタッチメント
  • ダボマーカー6mm
  • メジャー
  • 差し金
  • サンドペーパー#100、#240
  • 木工用ボンド
  • クランプ各種
  • カンナ
  • 塗料1:ワトコオイル(ダークウォルナット)
  • 塗料2:ブライワックス(ジャコビアン)
  • 塗装セット(刷毛、塗装カップ、ウエス)

DIYレシピ

テーブル天板部材の切り出し

今回のテーブル天板用SPF材は「木工ランド」にて購入しました。フシも少なめで、ホームセンターのものより表面の状態も断然良いです。DIYスタジオから近いと言う事もあり、トラックもお借りしました。いつもありがとうございます。感謝です。

カフェ風ダイニングテーブルDIY

SPF材をテーブル天板として使う場合、まずはじめに両端のR加工を取り除きます。残しても良いですが、一枚板のようにしたい場合はR部分をカットします。

1820mmの長さをカバーする丸ノコガイドがない場合は、テーブル天板用部材の一番真っ直ぐな部材を選んで丸ノコのガイドにしましょう。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 丸ノコガイド

≪大工道具DIY≫簡単真っ直ぐ切断!丸ノコガイドを自作しよう!
丸ノコで真っ直ぐ切るために使用する便利道具「丸ノコガイド」。ベニアなど横幅や長さのあるものを真っ直ぐ切り出す時には、その長さに合った丸ノコガイドを用意する必...

R加工部分(約2mm)をカットしたいので、丸ノコの刃から「ベース端の長さ+2mm=92mm」に合わせました。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 丸ノコガイド距離

丸ノコの種類によって長さが違いますので、実測して決めて下さい。

テーブルの天板に使用する部材は幅が1枚800mmなので、計1800mmの大きさに組むため3枚はR加工部分のカットのみにして、残り1枚で幅調整をしたいと思います。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 切り出し完了

天板のダボ接合

テーブル天板の接合はダボを4ヶ所埋めて固定します。テーブル天板でのタボ接合は、接合の強度を高めるよりも板同士の反りや曲がり矯正の意味合いが大きいかなと思います。

1800mmの長さだとダボを6ヶ所くらいは欲しいところですが、ダボマーカーが4個セットなので、後で天板を平面にするため処理を行います。

カフェ風ダイニングテーブルDIY ダボとダボマーカー

ダボ穴の位置は、板の両端から150mmと700mmの4ヶ所にしました。(ダボマーカーが6つあれば、理想は両端100mmと200mm間隔が良いと思います。)

cafeダイニングテーブルDIY ダボ穴の間隔

SPFワンバイの板厚が19mmなので、半分の8.5mmに印を入れます。

カフェ風ダイニングテーブルDIY ダボ穴の印カフェ風ダイニングテーブルDIY ダボ穴の印2

ダボ穴を開ける際は通常電動ドリルを使いますが、今回は20ヶ所程度と多くないのでインパクトドライバーに取り付け可能なアタッチメントに6mmドリルを付けて行います。

カフェ風ダイニングテーブルDIY インパクト用アタッチメント

アタッチメントは様々なサイズのドリルが取り付け可能なので、数の少ない穴あけをする時はとても便利です。

カフェ風ダイニングテーブルDIY インパクト用アタッチメント2

ドリルが真っ直ぐ入るように注意しながら穴あけを行います。

カフェ風ダイニングテーブルDIY ダボ穴あけ

ダボ穴にダボマーカーをセットして、反対側の板に押し付けます。

カフェ風ダイニングテーブルDIY ダボマーカー

板が反っているとダボマーカーの位置もズレます。その際は、板の反りを押さえて再度マーキングをします。(ダボ穴の間隔だけをマーカーで確認して、板厚の半分を差し金で決めても良いです。)

カフェ風ダイニングテーブルDIY ダボマーカー2

ダボ接合する前に、板の順番を間違えないようにマスキングテープなどで順番を記入しておきます。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 板の順番

穴の位置を修正し穴をあけたら、ダボ穴に木工用ボンドを入れてダボを差し込みます。

カフェ風ダイニングテーブルDIY ダボ接合1

ダボを入れ終わったら、反対側のダボ穴位置にズレが無いか再度確認しましょう。

カフェ風ダイニングテーブルDIY ダボ接合2

反対側のダボ穴と板の接合面に木工用ボンドを塗って板を合わせます。

カフェ風ダイニングテーブルDIY ダボ接合3

板を接着したら、900mmクイックレバークランプで3ヶ所締め付けます。さらに、板の両端接合部をクランプで押さえます。両端の板のズレは修正が難しいので必ず固定しましょう。

カフェ風ダイニングテーブルDIY クランプ固定

≪DIYテクニック≫天板製作に◎ダボ接合を簡単に行う方法をご紹介
木材同士の接合方法はたくさんありますが、今回は「ダボ」を使った方法をご紹介します。板を何枚か合わせてテーブルの天板にする時など、ダボを使って接合すると強度が...

天板の修正

天板のボンドが乾燥したら、天板表面のズレを修正します。カンナを使って板同士の段差を取ります。合わせ目のみでなく、周辺も平面になるように削ります。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 天板面の修正

板の継ぎ目に隙間がある場合は、木工用ボンドや木工パテを使って埋めておきます。

大まかな段差修正が終わったら、天板の長さを1800mmにカットします。最初に片側に丸ノコガイドを置き、直角になる位置でカットします。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 天板長さカット

片面のカットが完了しました。しっかり直角になっているか再度確認をしましょう。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 天板長さカット2

カットした側からメジャーで1800mmの位置に印を付けます。両端に印を入れるようにしましょう。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 天板長さカット3

反対側も同様にカットして、長さ1800mmの天板が切り出せました。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 天板の長さカット4

天板の反り防止

テーブル天板の反り防止として、裏面にSPF1×6材(両端:鉄脚取り付け用)と、SPF1×4材(反り防止)を組んでいきます。1×6材を800mmにカットして、両端を45度に斜めカットします。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 反り防止1

真っ直ぐ切るだけでも良いですが、斜めカットをすることでグッとひと手間感が増します。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 反り防止2

カットしたSPF1×6材は、天板の両端から50mmと80mmの位置に取り付けます。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 反り防止3

木工用ボンドを満遍なく塗布して接着し、コーススレッド32mmで固定します。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 反り防止4

コーススレッドを打ち込む際は、後ほど取り付ける鉄脚のビス位置と重ならないように注意しましょう。

SPF1×4材も635mm 2枚、800mm 1枚にカットして、同様にコーススレッドで固定します。(多少のズレが出るので実測して調整して下さい。)

※画像は塗装後の状態です。ご了承下さい。

天板裏面の塗装

天板の裏面で色合いの試験を兼ねて、オイルステンで着色してみました。ウォルナット色を入れてみましたが、赤色が強いかなと言う事で表面の塗装では使いませんでした。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 裏面の塗装

木材は着色してみないと希望の色になるか分かりません。裏面や目立たない所で試してから表面を塗装しましょう。(上の写真がオイルステン着色の色合いです。)

結局、天板の表面はワトコオイル(ダークウォルナット)で塗装しました。

ワトコオイル(ダークウォルナット)

≪自然素材DIY≫子供や木材に優しいワトコオイルの使い方
DIYの木材塗装には様々な種類の塗料が使用されます。その中で安定的に人気が高いのが『WATCO-ワトコオイル-』です。ワトコオイルはイギリス生まれの植物性塗料で、亜...

鉄脚の取り付け

鉄脚を取り付けていきます。(Amazonで購入)鉄脚は68mmのテーブル用で、仕上がりの高さは約720mmになります。取り付け用のビスは、鉄脚に付属してるビスを使います。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 鉄脚取り付け1

取り付け位置は、SPF1×6材の両端から5mmの位置にしました。鉄脚は取り付けると外側に少し斜めの角度が付くため、天板からはみ出ないように少し内側に固定します。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 鉄脚固定位置

※画像は塗装前に脚の位置を確認したものです。

鉄脚の取り付けが完了しました。天板製作時に歪まないように接合できれば、鉄脚を取り付けてもグラつく事はありません。多少のズレは鉄脚下部のゴムが吸収してくれます。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 鉄脚取り付け完了

テーブル表面の修正

テーブル表面を滑らかに仕上げていきます。(鉄脚を取り付けてから行うと、修正がやりやすくなります。)

カンナで段差修正した部分や角面、天板裏面をサンドペーパー#100と、仕上げ用#240で滑らかにします。木工用ボンドの跡や隙間埋めしたパテもここで修正して目立たなくします。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 表面処理

≪DIYにこの番手≫紙やすり(サンドペーパー)の使い方と選び方をご紹介!
紙やすり(サンドペーパー)は木工DIYでは必需品です。木材の切り口を滑らかにしたり、角や表面を滑らかにしたりと、スベスベの木の質感を表現するには欠かせないアイテ...

天板表面の塗装

天板の表面は、ワトコオイル(ダークウォルナット)を1回塗布して、乾燥後にブライワックス(ジャコビアン)で仕上げました。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 塗装1

≪ワトコと比較検証≫アンティーク感を演出するブライワックスの塗り方と特徴をご紹介
無垢材の仕上げに使われる「BRIWAX(ブライワックス)」は、英国王室ご用達の優れた家具用ワックスです。DIYに用いた場合、手軽にアンティーク感を演出できるので人気が...

完成

ブライワックスがある程度乾いたら、きれいなウエスやタオルで表面を磨き上げて完成です。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 完成ショット1

色合いも良い感じです。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 完成ショット2

裏面の斜めカットのひと手間感も良い感じかなと思います。自己満足です。

カフェ風ダイニングテーブルDIY 完成ショット3

製作を終えて

今回の1800mmダイニングテーブルは、板の矯正が一番大変な作業でした。実際には大汗をかきながらカンナで削りました。しかしその甲斐もあって、とても満足のいくテーブルに仕上がったと思います。

サイズが大きい家具などのDIYは、取り回しも大変ですが、完成後の存在感は最高です。

≪DIYテクニック≫天板製作に◎ダボ接合を簡単に行う方法をご紹介
木材同士の接合方法はたくさんありますが、今回は「ダボ」を使った方法をご紹介します。板を何枚か合わせてテーブルの天板にする時など、ダボを使って接合すると強度が...

オススメ商品

テーブル天板製作には900mmクランプは必須です。

5個入りダボマーカーはオススメです。

ちょっとした穴あけがインパクトドライバーで可能になる便利グッズです。

仕上げにも下塗りにも使えるワトコオイル(ダークウォルナット)です。

仕上げはやっぱりブライワックスですね。ジャコビアンはアンティーク風な色合いを演出できます。

鉄脚でダイニングテーブルも引き締まります。

トップへ戻る