製作費12万円で作る高耐久階段付きウッドデッキの製作法をご紹介!

前回の製作で枠板を組みました。

次は床板の土台になる根太を組んでいきます。

根太の設置

今回のウッドデッキは、枠板と床板の高さを同じにします。

根太の取り付け高さは枠板上から床板分25mm下げた位置に。

ウッドデッキ 構造体制作20

根太取り付け位置の墨付けには、コンビネーションスコヤがあると固定した長さで一気に引けて便利です。

ウッドデッキ 根太制作1

根太用部材はSPF2×6材を使います。

ウッドデッキ 根太制作2

構造材は完成後の再塗装が出来ないのでシッカリと塗装。

ウッドデッキ 根太制作3

コンビネーションスコヤで付けた墨線に合せて取り付けます。

注意ポイント

根太を固定する時のビス位置は、床板を留めるビスと重ならない様に!

ウッドデッキ 根太制作4

枠板の時と同じ様に板とクランプで水平を出しながら固定します。

ウッドデッキ 根太制作5

階段がない部分の根太取り付けが完了しました。

ここで、中間の柱を取り付けていきます。

ウッドデッキ 根太制作6

まず、沓石やピンコロの位置を角材などで位置合せ。

ウッドデッキ 根太制作7

沓石とピンコロの位置合せが完了したら、根太までの長さにカットした柱を固定していきます。

デッキ1段目根太の製作

1段目の根太は、SPF2×4材で作ります。

ウッドデッキ 根太制作8

SPF2×4の太さのままでは、高すぎるので沓石とピンコロが当たる部分の切り欠きます。

ウッドデッキ 根太制作10

丸ノコの刃を切り欠く深さに合せて調整。

必要なラインまで細かく溝を切って行きます。

ウッドデッキ 根太制作11

細切りした余分な部分を金槌で叩いて除去。

これで、必要な高さに合せる事が出来ます。

ウッドデッキ 根太制作13

切り欠きした根太を仮置きして高さを確認。

必要であれば再調整して必要な高さに。

ウッドデッキ 根太制作15

塗装を掛けた1段目の根太も水平器を使って高さを合せ組付け。

ウッドデッキ 根太制作17

スポンサーリンク

2段目枠の製作

階段1段目の高さが確定したので、その高さを基準にしながら2段目の枠を組み付け。

全ての枠の製作が完了しました。

ウッドデッキ 根太制作19

細かい所の調整や角の合わせ処理は残っていますが、枠の製作が完了しました。

次回は遂に床板を貼っていきます。

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEW POST

Copyright© DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと DIY Design Studio , 2019 All Rights Reserved.