ビス穴のあけ直し術

少しだけビス穴を移動したい! 簡単リペア術をご紹介!

ビスで固定して見た後で。

『もう少しズラしたい。。。』

なんて事ありますよね。でも、ビス穴とカブるぐらいの位置だと、思うようにビスが打てません。そんな時は、元の穴を埋めてリセットするほうが上手くビスを打てます。

そこで、ビス位置を少しだけズラしたい時の処理方法をご紹介します。

ビス穴リペアの道具

  • 薄い端材
  • 木工用ボンド
  • カッターナイフ
  • 金槌
  • アサリなしノコギリ

ビス穴簡単リペア

ビス穴を少しだけズラしたい。。

ドアの蝶番を取り付けたのですが、少しだけ位置がズレていました。5mm位なので、見なかった事にしようかなぁ。。

でも、一度気になった事は修正しない限り気分が悪い。。。やっぱり、修正したい。

ビス穴のあけ直し術 少しだけズラしたい。

問題は元のビス穴です。

結論は、元のビス穴を埋める!これで解決です。

埋める木材を切り出す

ビス穴を埋めるには、ビス穴と同じ径の丸棒を打ち込めばいいのです。でも、3〜4mmの丸棒って準備してないし。。。

そんな時は、端材を活用して埋木を製作します!ビス穴より少し太い幅でカット。

ビス穴より少し太くカットする理由は、元のビス穴を押し広げて埋木を打ち隙間を少しでも無くす為です。更に木工用ボンドの水分で木が膨らみ、密着度がアップ。

ビス穴のあけ直し術 ビス穴埋め材

ビス穴を埋める

先に木工用ボンドをビス穴に注入。その後に、製作した埋木を差し込みます。

ビス穴のあけ直し術 埋木を打つ

次に金槌で奥まで打ち込みます。

後は木工用ボンドが完全に乾くまで待ちます。

ビス穴のあけ直し術 埋木を打つ2

次にアサリなしノコギリで余分な部分をカット。

ビス穴のあけ直し術 余分な木材をカット

最後にヤスリノミで表面を整えれば、ビス穴を完全に埋めることが出来ます。

ビス穴のあけ直し術 リペア完了

ここまでの工程で元ビス穴のリペアが完了です。太めの埋木で打ち込んでいるので、隙間もなく強度もバッチリです。

新しいビス穴をあける

リペアが完了したら、新たな位置で蝶番をセット。

センタードリルビットを使って下穴を開け直します。

ビス穴のあけ直し術 新しいビス穴

センタードリルビットが便利

蝶番など、皿取りされた取り付け穴の場合はセンタードリルビットを使った方が希望した位置で固定できます。

ビス穴のあけ直し術 センタードリルビット

センタードリルビットの活用法をご紹介しています。

最後に

DIYをしていると、ビス位置をズラしたい。やり直したいと思うことがたまにあります。しかし、元の穴が邪魔して上手くズラせません。

そんな時は今回ご紹介したリペア法で元の穴を埋める方が、やり直しがスムーズに行なえます。強度的にも問題なく、耐久性も十分。処理法も簡単で材料費も特に掛かりません。

オススメグッズ

蝶板取り付けの穴あけに


部材ギリギリの切り出しにはアサリなしノコギリ