ローテーブル&トレーDIY

ローテーブルを兼ねるトレーをDIY! 片手と両手持ちが選べるトレーの作り方をご紹介!

トレー脚部の細部加工

長手枠と脚は同一面にします。

そこで、ベニア合板と脚材が当たる部分を切削します。

ローテーブル&トレーDIY 製作21

脚材の切削部分を現物合わせで墨付けします。

ローテーブル&トレーDIY 製作22

深さは、シャクリ加工深さと同じ5mmです。

ローテーブル&トレーDIY 製作23

ノコギリで切削部分に大まかな切れ込みを入れます。

そうすると、後のノミ加工が楽になります。

ローテーブル&トレーDIY 製作24

切削ラインにノミで切れ込みを入れ、力を入れすぎずに細かく取り除いて行きます。

motto
一気に行こうとすると、必要な部分も切削してしまいます。

丁寧に細かくです!

ローテーブル&トレーDIY 製作25

切削が完了です。

トレー脚1本あたり10分くらいの加工時間でした。

ローテーブル&トレーDIY 製作26

トレー部材の組立

トレー部材の加工が終わった時点で、細部のズレや誤差が無いか仮組みしてチェック。

ローテーブル&トレーDIY 製作27

問題がなければ、木工用ボンドで接着して行きます。

ローテーブル&トレーDIY 製作28

接着したら、差し金などで直角を確認

これ大事です。

ローテーブル&トレーDIY 製作29

木工用ボンドのはみ出しを水を含んだウエスで丁寧に拭き取り完了です。

ローテーブル&トレーDIY 製作30

乾燥したら、サンドペーパー#100#240を使って丁寧にサンディングします。

ローテーブル&トレーDIY 製作31

取っ手の製作

丸棒はトレーの横幅+20mmでカットします。

ローテーブル&トレーDIY 製作32

ココで、ヒラメイタのが穴が開いた丸棒と紐で片手持ち出来る様にしよう!

でした。

特に加工は無いので、軽くペーパーを当てて完了です。

ローテーブル&トレーDIY 製作33

取っ手丸棒に脱落防止ストッパーを付けます。

枠材の残り材で30mm角を墨付けます。バツの中心点が8mm穴あけ個所です。

先程のドリルガイドを使って8mmの穴を開けます。

ローテーブル&トレーDIY 製作34

穴あけ後、切り分けます。

ローテーブル&トレーDIY 製作35

更に丸くなる様にノコギリで大まかにカット。

ローテーブル&トレーDIY 製作36

サンドペーパーで丸く整形します。

ローテーブル&トレーDIY 製作37

木工用ボンドで接着。

ローテーブル&トレーDIY 製作38

丸棒はトレー脚の8mm穴と同径なので、スムーズに通る様にサンドペーパーで少し細くしておきます。

ローテーブル&トレーDIY 製作39

トレーの塗装

今回の塗装はブライワックス(ジャコビアン)にしました。

こちらも愛用の塗装アイテムです!

ローテーブル&トレーDIY 製作40

塗装も完了。

ローテーブル&トレーDIY 製作41

ローテーブル&トレーの完成

このトレーの使い方は2つです。

両手持ち、または片手持ちでベランダなどに珈琲を運ぶ。パソコンなども持つ場合は片手持ちの方が便利ですね。

motto
紐は何でも大丈夫ですが、左右の長さが同じになる様に調整して下さい!

ローテーブル&トレーDIY 完成1

寛ぐスペースに着いたら、今度はトレーを裏返してローテーブルに。

トレーとしての都合上、高さ8cmですがローテーブルとしての役目は十分に果たせていますね。

ローテーブル&トレーDIY 完成2

製作を終えて

今回の製作は1つの物に2つの役目を持たせる『兼ねる』と言うテーマを持っていました。物を減らす、物を増やさないと言う生き方が今のトレンドになっています。

そんな中で、DIYだからこそ出来る事もあるのかなと思います。

家具としてのデザインと機能性を形にするのは、センス大事だなぁ。。。と思いますが、新しいチャレンジとして今後も作って行きたいなと思います。

オススメグッズ

安定の愛用ドリルガイド。シンプルで使いやすいです。DIYとしての精度は良い方ですね。

SK11(エスケー11)
¥4,433 (2020/09/19 06:21:55時点 Amazon調べ-詳細)

テーブル脚などを製作する時には特に必須アイテム!

シンワ測定(Shinwa Sokutei)
¥909 (2020/09/19 10:39:34時点 Amazon調べ-詳細)

関連動画

スポンサーリンク

スポンサーリンク

© 2020 DIYレシピ情報サイト | tsukuroもっと DIY Design Studio